【ブルファング】

Last-modified: 2023-12-31 (日) 06:00:26

概要

DQ8で初登場したモンスター。
青い体躯と立派なモヒカンが特徴的な、二足歩行の魔獣。
大きな牙を備え、腰周りを保護する胸当てのような防具を身に着けている。
【レッドオーガ】とコンビで行動するモンスターで、鎧の造りもほぼ同じ。
相方のレッドオーガがパワータイプなら、ブルファングはサポートを得意とするタイプである。
本人の体色と相方の名前から「ブル」は「ブルー(青)」から来ているのだろうが、「ブル(雄牛)」とのダブルミーニングかもしれない。よく目立つ牙で目立たないが小さな角が生えている。
英語版での名前はBlue Fang。
 
色違いのモンスターには【モヒカント】【フンガー】がいる。
彼らもこのモンスターと同じように、レッドオーガの色違いのモンスターと組んで登場することが多い。

余談だがDQ8の内部データには、【ズイカク(DQ8)】という名前のブルファングと全く同じ見た目のモンスターが存在しており、これの相方と思われるモンスターに、【ギュウカク】というレッドオーガと同じ見た目のモンスターも同様に内部データで確認できる。
元々ズイカク・ギュウカクという名で考案されていたのか、もしくは最初から全く別々のモンスターとして登場させる予定だったのかは不明。

DQ8

【竜骨の迷宮】にて【ボス級モンスター】として登場。
相棒のレッドオーガと共に、遥か昔からこの迷宮の番人を務めていた。
戦闘時も2体セットでの相手となる。
 
通常攻撃の他に【ベホマラー】【スクルト】【ルカナン】【おたけび】を使用する。
また、レッドオーガと2体揃っている状態では、彼主導でこちらのメンバー1人に対して集中攻撃を仕掛けてくる。
レッドオーガと比べると補助が主体で、攻撃の頻度はさほど高くはなく、危険度もこちらの方が低め。
そのため多少の妨害は覚悟の上でレッドオーガを先に叩き、こちらを後回しにした方が結果的に実害は少なくなる。
もし雄叫びなどが面倒だと感じるのなら、【マジックバリア】で効く確率を抑えたり、レッドオーガを眠らせている隙にそこそこ効く【ルカニ】を併用して逆にこちらから切り崩すのも手。
 
また、【異変後】には【地図にない島】にも約5%の低確率ながら雑魚敵として出現するようになる。
ステータスや行動パターンは竜骨の迷宮での遭遇時と変わらないが、一般モンスターに格下げされた影響か最大HPと経験値、ゴールドは大きく引き下げられている。
とはいえ、HPはそれでも755と非常に高いので注意。
加えて、【おどかす】を使っても必ず襲い掛かる点も変わっていない。
 
落とすアイテムは通常枠で【上どくけし草】(1/16)、レア枠で【かしこさのたね】(1/256)。

DQ10オフライン

Ver.2より通常モンスターとして登場。
【創生の邪洞】、真の【アラハギーロ地方】に生息。
通常ドロップは【ふさふさの毛皮】、レアドロップは【幻獣の皮】
 
真の【アラハギーロ王国】【井戸】にはNPCとして【しびれくらげ先生】の押しかけ弟子であるブルたがいる。

DQ10オンライン

【モンスターバトルロード】では「地獄の美女軍団」の一角として登場する。
詳しくはこちらを参照。

DQウォーク

2023年11月9日よりほこらで登場。同日より始まった「雨の日コンテンツ」にまつわるもので、
天候が雨か雪のときに「天気のほこら」に現れる。晴れかくもりの場合はレッドオーガが代わりに現れる。
討伐推奨レベルは特級職レベル60以上。耐性についてはレッドオーガと同じ。
【キャットバット】【ホタテワラビー】がお供として現れる。
ホタテワラビーは呪い等を与えてくる攻撃が中心。キャットバットはフバーハ、ピオリム、マヒャドを唱える。
こいつ自身はベホマラーやマジックバリアを唱え、ばくれつけんで攻撃、うけながしのかまえを使う事もある。
また、一定ターンで全体に大ダメージを与え、攻撃力1段階アップと限界突破を全員に付与する「怒りのおたけび」を使う。
 
ほこらにおけるエンドコンテンツともいえるような高難度を誇る。まともに戦っていては、たとえ討伐推奨レベルを超えていても勝負にならない。
最初のターンでフバーハ、マジックバリアで固め、ベホマラーで回復もしつつ怒りのおたけびで長期戦を困難にしてくる。
お供もマヒャドを連発するキャットバット、攻撃力が高いホタテワラビーと厄介者揃い。首尾よくブルファングを倒せても油断ならない。
キャットバットには封印、それ以外は幻惑が有効なので魔性の吐息やマホトーンで戦力を奪いながら、ブルファングから倒しにかかろう。
ブルファングがうけながしの構えを取ったら単体物理攻撃は避け、全体攻撃か強化でそのターンを凌ぐこと。
 
こころは青色でコストはコストは155。HPとみのまもりの高い耐久型だが、高コストゆえかそれ以外も青色ではそれなりの水準。
高グレードでは体技ダメージが増加し、悪い状態異常全般に耐性がつく。
また、くもりか悪天候のときは体技ダメージの更なる増加とヒャド系のダメージが増加。
更にレッドオーガのこころS併用時は体技ダメージの更なる増加と会心率増加もつく(レッドオーガ側の効果)。