【ペガサスもどき】

Last-modified: 2020-02-11 (火) 17:56:51

DQ11(3DS版) Edit

冒険の書の世界のクエスト【天馬の塔の魔物】のボスモンスターで、【天馬の塔】の管理をしているじいさんの愛馬(喋るウマ)が【天馬】の肉体と合体させられた姿。
外見は【黒竜丸】である。
成り行きとはいえクエスト依頼者と戦闘するというのは珍しい。
 
2回行動で【ジゴスパーク】【いななき】やみの炎【悪夢の吐息】などを使用。
ジゴスパークの麻痺の追加効果が強烈なので、【パピヨンマスク】の準備をしておこう。
【ペガサスじいさん】より頻度は低いが、やはり苦しんで何もしてこないこともある。
元の個体がダジャレ好きゆえか、その時の台詞は「ウー マいったな ウマだけに」。……まだ余裕があるんじゃないか。
じいさんの苦しむ様と比べると攻撃することが躊躇われるようなことはない。むしろより殴りたくなった人もいるのではないか。
【討伐モンスターリスト】での記述も案の定ダジャレである。
 
なおこいつのステータスは本編ボスで言うと【妖魔軍王ブギー】と同程度。
【ペガサスじいさん】との連戦であることもブギーに似ているが、攻撃はこちらの方がずっと強力で、素早さもかなり高い。
ただしそもそも天馬の塔のザコモンスターがブギー戦の時期の敵よりもずっと強いので、
無理なくここに辿り着けたパーティーなら「攻撃が強い割に意外とあっさり倒せた」という印象になるかもしれない。