【マグマハンド】

Last-modified: 2017-04-24 (月) 20:49:21

DQB Edit

3章、および【フリービルドモード】の三の島に出現するモンスター。
巨大な腕の形をしたマグマの塊。出現地点が【マドハンド】の生息域に近いので
一見マドハンド系にも見えるが、その正体は【ようがんまじん】の手である。
 
出現地点に近づくと地中から突き出し、同時にBGMが【戦闘(曲名)】に変わる。
移動能力は無く、近距離の標的をなぎ払うか、巨大な溶岩塊を放り投げて遠くを攻撃する。
特になぎ払いはコイツ自身のデカさから攻撃範囲が非常に広く、当たると大きく吹っ飛ばされるので鬱陶しい。
物理系の攻撃に耐性があり、魔法属性の武器や【超げきとつマシン】でないとダメージを与えられない。
 
3章では、旅のとびら・青で行けるエリアに出現。
旅のとびらのそばに出現地点があり、割と遠くを通っても出現してくるが、
初めてこのエリアに入る時点ではダメージを与える手段がないので無視しよう。
ストーリー後半に【アメルダ】からのクエストで戦うことになるが、
この頃には【まほうの大砲】が作れるようになっているので、
その場から動けないことを逆手にとり、マグマハンドを正面に捉える位置に大砲を置き、
投げ飛ばしてくる溶岩塊を避けながら撃っていれば近づく必要すらない。
というか、接近戦を挑むと上述のなぎ払いでいちいちマグマの中に落とされるので、まほうの大砲はほぼ必須。
倒すと必ず【いのちのきのみ】を落とす。
 
フリービルドモード・三の島でも状況はほぼ同じ。
倒すと解禁される宝箱からは【レンガ】50個が手に入る。
また、バトルチケットの腕試しEでも3体登場。倒すと大量の【黒よう岩】を落とす。