【モノクル】

Last-modified: 2019-05-19 (日) 06:13:04

概要

片方の眼に付けるレンズの矯正器具。
片眼鏡(かためがね)とも呼ばれ、その名の通り片目用の眼鏡である。
西洋風の紳士や執事がちょくちょく付けてるアレ。
19世紀のヨーロッパの上流階級で流行し、日本でも明治時代にちょっと流行した。
 
主に眼窩に嵌め込むタイプと紐やチェーンで吊るすタイプの二種類があるが、前者は彫りの深い顔立ちの西洋人が着ける前提の造りであり、顔に凹凸の少ない東洋人が使用するには向かない。
【シルクハット】【きぬのタキシード】と一緒に身に着ければ貴方も立派な英国紳士。
 
また、かの怪盗紳士アルセーヌ・ルパンのトレードマークとして有名になって以来、「怪盗キャラ」のイメージ付けにもよく使われる

DQ10

呪文暴走率が上がる顔アクセ。
詳しくはこちらを参照。

DQH2

初期効果呪文暴走率+7%

 
【なげきの亡霊】のドロップの他、ちいさなメダル20枚と交換できる。
呪文暴走率が最大15%アップするので、攻撃呪文を主体とするキャラには相性がいい・・・のだが。
肝心の呪文を主体として戦うキャラが非常に少なく、転職した主人公達か【ゼシカ】位しかいない。
攻撃呪文を覚える他のキャラは【ツェザール】【クリフト】【マーニャ】【ミネア】【マリベル】
しかしミネア以外のキャラは特技での戦闘が主力になる為【ちからのゆびわ】を装備して、バイキルトを掛けて貰う方が良い。
クリフトはザラキ系が暴走する事で、成功率が飛躍的に上がりはするのだが、その為だけに付ける必要性があるかと言われると・・・。クリフトが大好きならば一考の価値はあるかもしれない。
唯一ミネアは純粋に恩恵を受けられるが、回復や補助でMPを使う事、【塔のカード】という強力な攻撃手段がある事、そして肝心の【バギクロス】はモーションが長い、発生が遅い、硬直が長いの三重苦で使い辛い。パーティコンボならば素早く出せるがMP消費は前のキャラな上、キャラチェンジが必須になるので、その為に付けるには利点が薄い。
効果自体は強力なだけに勿体無い不遇アクセサリーである。