【竜眼】

Last-modified: 2020-01-22 (水) 14:03:07

概要 Edit

DQ10より登場した、【キングリザード】系統のモンスターが使う特技。
左手に持っている宝玉をかざして、一定時間「呪文完全ガード」または「打撃完全ガード」を得る。
呪文完全ガード状態では文字通り呪文によるダメージや状態異常を無効化し、打撃完全ガード状態では呪文以外のほとんどの攻撃(通常攻撃および一部例外を除いた特技)を無効化する。
呪文完全ガードの時は【ゴールドフィンガー】および【零の洗礼】で無効化できるが、打撃完全ガードの時は零の洗礼でしか打ち消せない。
 
DQ10で【冥獣王ネルゲル】が左(呪文)右(打撃)の腕で完全ガードをさせていたものがオリジナルである。
なお、DQMシリーズの【大地の竜バウギア】がアタックカンタや黒い霧関連の特性を持つのは、打撃呪文両方へ対抗手段を持っていることをDQMのシステム内で再現したものと思われる。

ちなみに呪文か物理、どっちが出るかはランダムのように見えるが、実際は出す時点で固定になっている。
10の場合宝珠から出る光から見分け可能。
「物理完全ガードの竜眼」と「呪文完全ガードの竜眼」という名前は同じだが効果の違う技を持っている、といえばわかりやすいか。

DQ10 Edit

本作ではキングリザードは使用せず、パラディンの職業クエストで登場したバウギアが初の使用者。
その後はコインボスの【ドラゴンガイア】が使用し、以降キングリザード系の定番の技となった。
また、ドラゴンガイアの強バージョンは打撃・呪文完全ガードに加え、攻撃手段を問わずダメージ全てに対応した「ダメージ完全ガード」の効果がある竜眼も使う(ただし状態異常系などダメージを伴わないものは有効)。
詳しくはこちらを参照。

DQ11 Edit

本作ではキングリザードも竜眼を使用するようになった。もちろん色違いモンスターたちも使用する。
また、キングリザードと同色の【終焉竜エンドラゴン】(3DS版のみ登場)が使う特技「ファイナル・ドラゴニック・アイズ」の中身もこの竜眼である。
DQ10に比べると無効化対象が少なくなっており、打撃完全ガード中でも【ギガスラッシュ】【ピンクタイフーン】等のダメージは通る。