Top > 【預言者】


【預言者】

Last-modified: 2018-11-07 (水) 22:01:35




DQ11 Edit

【ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて】の登場人物。
PS4版のまめちしきによるによると、昔から【ロトゼタシア】の各地で目撃されているが、その正体や目的は不明とのこと。
容姿が決まっておらず、自身の頭部を叩くと様々な姿に変身する。見る者が抱くイメージによって姿かたちが変わる。【主人公】は預言者を知らないため姿が定まらないと言及されるが、最終的には青髪の女性のイメージで固定する。
作中では何度か変身を披露した後、青い髪の女性の姿で登場して本題を語るというパターンが多い。ただし2DモードではDQ3の女魔法使いの姿になるため、髪色はオレンジ色となる。この女性のモデルが何者であるかについては作中では一切明かされない。
 
物語開始前、【カミュ】に「【オーブ】を集め、いつか地の底で出会う【勇者】に力を貸せばお前の贖罪も果たされる」という預言を与えた。実際にそれが作中で現実のものとなる。カミュ曰く、その時は爺さんの姿だったと言うが、それが本来の姿であるかは不明。

世界に異変が起きた後  Edit

【覇海軍王ジャコラ】に襲撃され海に落ちた主人公の前に現れる。場所は美しい川原にある小屋で、地名は「????」。余談だが、この場所は発売前のPVにちらっと映っている。
主人公に釣りをするように促し、「まだ釣れないか」と話す。これは【天空のフルート】の伏線になっている。
実際には溺れかけていた主人公が救出された後、「勇気を胸に いかずちを手に」というメッセージを送る。ジャコラを倒すためのヒントとなった。 

過ぎ去りし時を求めた後 Edit

【邪神ニズゼルファ】復活直後に主人公一行の前に現れ、【ケトス】を呼び出して【神の民】の力を借りるよう助言する。この際は最初に【魔道士ウルノーガ】の姿で現れたため一行を仰天させた。
 
一行が3本の聖なる苗木に残された先代勇者【ローシュ】達の記憶を見た後に再び現れる。
【ベロニカ】【セーニャ】を導きの木に変え、ローシュ一行とニズゼルファ、【魔王ウルノーガ】に関する真実を伝える。
預言者の正体はウルノーガとなった【ウラノス】に僅かに残った善の心が分離したものだった。
最後の預言として「神の民の力を借り、彼の地を目指せ」と言い、長き因縁に終止符を打ってくれと頼み昇天する。
 
作中で主人公達を導いたのは、裏切ってしまったかつての仲間達に対するせめてもの償いだと一部の仲間達は推測している。

予言と預言 Edit

似た言葉であり、どちらも人知を超えた力であるが意味合いは異なるとされる事が多い。
予言は未来を予知し言い当てること、預言は神から預かった言葉であり神託とも呼ばれる。
作中予言を行っているのは夢見の力を持つ【ファナード】であろう。

なお「預」は「予」の旧字体「豫」の略字であり、「予言」と「預言」は本来同じ意味である。
因みに英語版の呼び名であるSeerは上述でいうところの「予言者」の方に当たる。