Top > 【覇海軍王ジャコラ】


【覇海軍王ジャコラ】

Last-modified: 2019-08-14 (水) 14:28:04

DQ11 Edit

【魔王ウルノーガ】から【レッドオーブ】を授かった【六軍王】の一人であり、大樹崩落後に世界中の海に存在する生命を奪わんとする巨大な海獣。【主人公】が初めて目の当たりにする六軍王でもある(戦闘自体は【屍騎軍王ゾルデ】の後)。
英語版での名前はAlizarin。"Alizarin"(アリザリン)とはセイヨウアカネの根から採れる赤色の染料のこと。
 
初登場は【海底王国ムウレア】【セレン】が張った結界を力ずくで破壊し、【マーマン】の大軍を率いて侵入してくる。
2度目は【バンデルフォン地方】に向かおうとする主人公達の前に現れ、【ロウ】【グランドクロス】をオーブの力で無効化し、【シルビア号】を激しく傾け主人公を海に放り出させる。
3度目は【クレイモラン城下町】近海の【光の柱】付近で現れ、勇者の力を取り戻した主人公にバリアを破られる。
戦闘敗北後はウルノーガに勇者が生きていることを伝えようとしながら消滅。
ちなみに勇者の力を取り戻す前にクレイモラン北の光の柱に近づくとオーブの力を纏って赤く変色したジャコラとの戦闘になる。ダメージは通らず逃走も不可。全滅ルート一直線であるが、5ターンが経過した時点で強制的に戦闘が終了してムービーに移行し、ロウの判断で撤退することになる。
ちなみに、この撤退ムービーは見なくても最終的に【旅のおもいで】には登録されるので、わざと撃破不能状態のジャコラに挑む必要はないのだが、敢えて自力で登録したいという場合は【ユグノア城跡】で、勇者の力を取り戻す前にジャコラ出現ポイントに行く必要がある。必然的に記憶喪失状態の【カミュ】を回収する事になるので、3DS版での【妖魔軍王ブギー】戦など、【全滅】が必要な場面では若干面倒になる点に注意。
 
初登場時には、ムウレアは滅ぼされてしまったと悲しんだプレイヤーも多い。
しかし、後に訪れた時にはムウレアは傷ひとつなく、住民も殆ど無事(海ガメ夫婦の夫など、さすがに犠牲者はゼロではなかったが)。
あれだけの登場をした割に、一体ジャコラは何をしていたのかとよくネタにされる。
あるいは、あの村の住民のように皆自分の身を守れるくらいには強かったのだろうか。
3度目の遭遇で戦闘後にやっと主人公=勇者に気付くあたり意外と抜けているようにもみられる。
 
ジャコラの名誉のために付け加えると、彼は彼で魔王の意思を達成すべく精力的に活動する忠臣である。
実際、ジャコラの姿は海に面した町では恐怖そのものとして語られており、軍王の中でもその恐怖感は随一。
【ロトゼタシア】の全海域という広大な範囲を支配していたことも評価点。
また、過ぎ去りし時を求めた後の【ホメロス】のように破られたオーブの力を再び同じ用途で使用せず、逆に攻撃に転用する戦闘における機転のよさも垣間見える。
勇者を2度も見逃した点については、【四大国会議】のイベントで他の魔物達が「忌々しい勇者の波動を感じる」と言っているので、魔物達は勇者の紋章の有無で勇者かどうかを見極めている可能性が高い。主人公が勇者の紋章を取り戻した3度目はともかく、【魚】になっていた1度目や、勇者の力を失っていた2度目の遭遇時には、主人公を勇者と認識できなかったのかもしれない。
 
後に【サバクくじら】【コーラルモンス】【アメジストワーム】といった所謂【量産型】と、【ネルセンの最終試練】で登場する同じ姿の【憤怒の海獣】、及び【モンス・デミーラ】などの亜種も登場する。
ザコ版はジャコラにあったヒレも額の角も無いが、隆々とした尻尾が、貧相なただの尻尾になってまではいない。よく見られる【ボス級モンスター】との差別化だろうがそれでもかなりごつい尻尾を持っている。

戦闘時 Edit

海上から上半身を出す形で出現。その巨体を活かした戦法をとる。
HPが4800もあり、六軍王の中で最も高い(1つ前の【妖魔軍王ブギー】が3200)。
甲板を激しく揺らしてダメージついでに転ばせたり、海獣らしく【メイルストロム】の大渦攻撃、属性的に正反対な【しゃくねつ火球】を吐いて狙い撃ち、小技にボミオスなどと多彩。
オーブ技は【クリムゾンミスト】。戦闘前は防御に使っていたのを攻撃的に使う、唯一オーブの力を異なる効果で引き出していたりする。
その効果は、全ての攻撃の被ダメージが約1.5倍に増加するというもの。
前述のようにボミオスを持ち合わせているため、大ダメージを受けた時に先手を取れない可能性がある。
個別行動のPS4版なら特に問題ないが、従来方式の3DS版は危険。
持久戦は困難になるため、一気に攻め落とす短期決戦に持ち込んだ方が比較的楽。
実は眠らせることも可能なので狙ってみるのも一考。眠る時はなんか可愛い。
海の魔物らしく【雷属性】が有効なので【バイキルト】を掛けた【マルティナ】【雷神のヤリ】を持たせ【さみだれ突き】【ばくれつきゃく】をさせると一気に大ダメージを与えられる。【ギガスラッシュ】等も効果的。
それどころか【氷属性】【土属性】をやや軽減するくらいでそれ以外の属性はすべて有効。
【ロウ】【闇属性】の呪文を使うのが効果的だろう。

DQMSL Edit

敵専用モンスター。DQ11コラボイベントのボスとして登場する。

DQR Edit

第5弾カードパック「勇気の英雄譚」にて、共通レジェンドレアカードとして登場。

6/5/6 ドラゴン系
におうだち
召喚時:このターン中全てのユニットは受ける戦闘ダメージが2倍になる。

効果はクリムゾンミストを再現したものとなっている。
しかしこの効果と相性のいいデッキや戦略が未だ発見されておらず、ほとんど見かけることはない。
いつか活躍する日は来るのであろうか…。
 
なお、ライバルズでは非常に貴重な横から見た姿を拝むことができる。
やったことのない方も一度は是非見てみよう。

DQSB Edit

新1弾で登場。したが、ライバルズ同様に11ほどデカくない。
当初は敵専用だったが2019年8月9日~9月18日の期間限定ステージで勝利すると起き上がり、チケットに封印できることがある。
☆4のギガレア。レベルは172で、戦士と相性が良い。
HP:2150、ちから:1550、すばやさ:235、かしこさ:660、みのまもり:1170。
技は赤ボタン:きりさく→大伐爪(20、自ちからアップ)→サイクロンパニッシャー(150、敵みのまもり&ブレス耐性ダウン)、青:もえさかる火球→邪悪の豪弾(50)。