アズカバンの囚人/10章

Last-modified: 2021-05-20 (木) 07:14:30
 

それもそのはずだ

■日本語版 10章 p.239
吸魂鬼は恐ろしいとみんなが言う。しかし、吸魂鬼に近寄るたびに気を失ったりするのはハリーだけだ……両親の死ぬ間際の声が頭の中で鳴り響くのはハリーだけだ。
それもそのはずだ。ハリーにはもう、あの叫び声が誰のものなのかがわかっていた。

■UK版 p.137-138
Everyone said the Dementors were horrible,
but no one else collapsed every time they went near one ...
no one else heard echoes in their head of their dying parents.
For Harry knew who that screaming voice belonged to now.
※原文は改行なし。

■試訳
吸魂鬼は恐ろしいと皆が言う。
しかし他のみんなは吸魂鬼が近づくたびに意識を無くしたりはしない…両親の最期の声が頭の中でこだまするようなこともない。
そう、あの叫び声の主はだれなのか、ハリーにはもう、わかっていたのだ。

■備考

  • 吸魂鬼のせいでニンバスから落ちてしまったハリーの心境をつづるところ。
    原文を読むと邦訳で2回繰り返されている「~のはハリーだけだ」が無神経な意訳であることがわかる。
    「それもそのはずだ」に当たる言葉もない。
    【議論詳細】


ガボガボ

■日本語版 10章 p.241
「おいでおいで妖精(ピンキーパンク)」はガラスにぶつかってガボガボと音をたてた。

■UK版 p.139
The Hinkypunk made a horrible squelching noise against the glass.

■備考

  • ルビはヒンキーパンクが正しい。(携帯版で修正済み)
  • horrible の訳が抜けてる。
  • a horrible squelching noise against the glass.
    ってのは要するに水槽のガラスのそばで嫌な水音を出したんだと思う。
    ガボガボでもビシャビシャでも(擬音使わなくても)いいけど
    「不快な水音をガラスに響かせた」とかそんなふうにすればだいぶ違う。
  • ヒンキーパンクは水槽のガラスに張り付いて、こっちを見てる感じなんだと思うよ。
    ちゃんと辞書にも
    「寄りかかって、接触して」
    という訳がある。


ルーピンが吸魂鬼防衛術を~

■日本語版 10章 p.245
ルーピンが吸魂鬼防衛術を教えてくれる約束をしてくれたので、
二度と母親の最後の声を聞かずにすむかもしれないと思い、さらに十一月の終わりに、
クィディッチでレイブンクローがハッフルパフをペシャンコに負かしたこともあり、
ハリーの気持は着実に明るくなってきた。
※原文は改行なし。

■UK版 p.141
What with the promise of Anti-Dementor lessons from Lupin,
the thought that he might never have to hear his mother's death again,
and the fact that Ravenclaw flattened Hufflepuff in their Quidditch match at the end of November,
Harry's mood took a definite upturn.
※原文は改行なし。

■試訳
ルーピンがディメンター対抗術の練習を約束してくれたので、もう二度と母親の最後の声を
聞かずに済むかもしれないという望みが出てきた。その上、十一月末にはクイディッチの試合で
レイブンクローがハッフルパフに完勝したので、ハリーの気持ちは着実に明るくなってきた。

■備考

  • 代表的な悪文
  • これだけの長文を一文にしてしまうと読み辛いので、andの箇所で一旦区切るべき。
  • 「ペシャンコ」は地の文にふさわしくない。


■日本語版 10章 p.252
もう一度地図を見ると、自分の小さな影からかわいらしい小さな泡のようなものが吹き出し、その中に言葉が現われた。

■UK版 p.145
The tiniest speech bubble had appeared next to his figure.

■試訳
自分を表す人型の横に極小のフキダシが出現した

■備考

  • speech bubble というのは(漫画などの)フキダシのことです!
  • tiny=かわいらしいとは訳せない


唐傘

■日本語版 10章 p.261
「アイスさくらんぼシロップソーダ、唐傘飾りつき――」

■UK版 p.150
‘A cherry syrup and soda with ice and umbrella -’

■備考

  • 「パラソルの飾り」でいいんじゃないかな。
  • 日本語じゃパラソルピックっていうことが多いみたい>カクテルの飾りのumbrella




コメント欄

・情報提供、検証、議論、誤字脱字の指摘など様々な用途にお使いください。
・コメントの先頭にあるラジオボタンを選択すると、そのコメントにぶら下がる形で返信できます。
・スパムや荒らしコメントが投稿された際は、削除にご協力ください(「編集」から削除できます)。
・任意ですが、書き込みの際はできるだけお名前(HN)を入力してください。