トーマスとバーティー

Last-modified: 2021-04-07 (水) 14:34:17

「勿論そうするわ。さあ帽子を押さえて貴方もいらっしゃい。」

日本版タイトルトーマスバーティー
英語版タイトルStop that Bus!
脚本シャロン・ミラー
放送日・2011年3月17日(英国)
・2011年4月21日(米国)
・2011年11月23日(ドイツ)
・2011年12月3日(オーストラリア)
・2012年3月30日(ハンガリー)
・2012年6月23日(ノルウェー)
・2012年10月14日(日本)
・2016年4月28日(韓国:KBS版)
日本話数第363話
第15話(シーズン内)
英国話数第361話
第13話(シーズン内)
この話の主役トーマスバーティー
シーズン第15シーズン
登場キャラクターAトーマスバッシュダッシュファーディナンドバーティーハロルド
登場キャラクターBビクタークランキー
登場キャラクターCパーシーデンダートケビンオールド・ウィージーヒーホー
登場人物Aトップハム・ハット卿トップハム・ハット卿のお母さん
登場キャラクターD無し
登場人物Bトップハム・ハット卿のお母さんの友人
登場人物Cバーティーの運転手
登場人物D無し
登場スポットソドー島
踏切
バラフー駅
ミスティアイランド
ミスティアイランドのトンネル
ぐらぐら橋
材木の集積所
丸太の浮かぶ貯水池
ソドーレスキューセンター
ソドー整備工場
ブレンダム港
ソドー運送会社
ゴードンの丘
ブラフズ・コーブ駅(言及のみ)
あらすじバーティーを元気づけようと島の名所を回るトーマス。然し、バーティーには大切な仕事があったが、トーマスは聞こうとしない。
メモバーティー第3シーズントーマスとバーティーのてだすけ』以来の主役回。
トップハム・ハット卿のお母さんの友人が登場する。
トーマスソドー整備工場からバーティーを連れて行こうとするシーンで、バーティーの運転手が慌てて走って来ている。
・原作第4巻に同名のエピソードが存在するが、内容は異なる。
第14シーズントーマスとジョビのき』と『パーシーはパーシー』の使い回し映像が有り。
あの時のエドワードと同様、ぐらぐら橋で立ち往生するバーティー
酒巻光宏さんは2役担当。
台詞ナレーターソドー島に暮らすトーマスには沢山の友達がいる。機関車の友達は線路を走り、ハロルドは空を飛び、そしてバスのバーティーは道路を走っていた。その日のトーマスはとても忙しかった。彼は踏切の所にやって来ると、丁度ゲートが開き始めた。其処にバーティーが居た。」
トーマス「やあバーティー!」
ナレーターバーティートーマスに笑顔で答えた。」
バーティー「やあトーマス!」
トーマス「今日は忙しいんだなよ。だからもう行くね!」
ナレーターブレンダムの港に着くと、トーマスソドー整備工場に運ぶ荷物を受け取った。」
トーマス「有り難うクランキー!急がなくちゃ。」汽笛
ナレータートーマスが戻るとバーティーはまだ踏切に居た。」
トーマス「やあバーティー!じゃあね!」
ナレーターバーティーは静かにほほ笑んだ。トップハム・ハット卿のお母さんと友達を待っていたのだ。待っている間彼はとても暇だった。トーマスソドー整備工場まで荷物を届けた。」
トーマス「じゃあねビクター!今日は忙しかったよ。」
ナレーター「仕事を終わらせ外へ出ると其処にバーティーが居たのでトーマスは驚いた。」
トーマス「此処で何をしてるんだい?」
バーティー「君が何をしているか見に来たんだ。君はとても何時も大忙しで島中を走り回ってるからね。僕が見た事の無い物を見て、僕がした事の無い事をしてる。僕はいつも同じ場所を往復するだけだ。」
ナレータートーマスは汽笛を鳴らした。いいアイデアを思いついたのだ。」
トーマス「じゃあ今日の仕事は終わったから、ソドー島のお薦めスポットに君を案内してあげるよ。」
バーティー「でも、トップハム・ハット卿のお母さんとお友達を迎えに行くんだ。入り江まで連れて行く予定だから、案内して貰う時間は無いよ。」
トーマス「時間ならたっぷりあるから大丈夫。行こうバーティー!」
ナレータートーマスは元気にピストンを動かして出発した。まずバーティーを沼地のフェン・ランドに連れてきた。其処でトーマスは体を休ませ、のんびりし始めた。バーティーは嬉しかった。」
バーティー「ほら見てトーマス、鴨達が遊びに来たよ。」
トーマス「息抜きするのも楽しいでしょう?次はゴードンの丘の頂上に行くよ。」
バーティー「あっ…大変だ!お母さんが来てるぞ。早く着いて僕を待ってるんだ。トーマス!今すぐ降ろしてくれる?」
ナレーター「でも、バーティーの声が聞こえなかったトーマスはスピードを落とさずゴードンの丘へ向かった。そしてソドー島の美しい景色を感動していた。」
トーマス「凄く綺麗でしょバーティー!」
ナレーター「でも、バーティーは景色を見ずにトップハム・ハット卿のお母さんの事を考えていた。」
バーティー「素敵な眺めだねトーマス。でも、もう戻らないと。お母さんが待ってるんだ。」
トーマス「時間はまだたっぷりあるよバーティー。其れじゃ、次はミスティアイランドだ!」
ナレーター踏切ではお母さんとその友達が待っていた。バーティーはお母さんに目を向けた。お母さんもバーティーに気が付いた。」
トップハム・ハット卿のお母さんバーティー!貴方何をしているの?」
ナレーター「処がトーマスはお母さんに気が付かなかった。走る音で声が聞こえなかったのだ。トップハム・ハット卿のお母さんは怒っていた。バーティーは心配でたまらなくなってきた。暫くしてトーマスバーティーはトンネルを抜け、ミスティアイランド材木の集積所にやってきた。バッシュダッシュファーディナンドトーマス達に会えて喜んだ。」
トーマス「やあ皆!友達のバスのバーティーだよ!ソドー島のお薦めスポットを案内してるんだ。」
ダッシュ「やあバーティー。ようこそ…」
バッシュミスティアイランドへ。」
ファーディナンド「その通り!」
ナレーターバーティーは少し笑顔になった。」
バーティー「悪いんだけど、もう戻らないと…。」
ナレーターバッシュダッシュファーディナンドは吃驚した。」
ダッシュ「もう帰るの?」
バッシュ「今、来たばっかりなのに?」
ファーディナンド「まだ帰っちゃ駄目だってば!
トーマスぐらぐら橋を渡ってからじゃないとね!」
バッシュダッシュファーディナンド「その通り!」
ナレーター「こうして、トーマスバーティーを乗せて、ぐらぐら橋にやって来た。その時、問題が起きた。橋の上でグラグラと貨車が大きく揺れたので、バーティーが転がり落ちてしまったのだ。トーマスは気付いていなかった。」
トーマス「楽しかったでしょバーティー?えっ…。あっ!バーティーの上で揺れてるぞ!如何しよう大変だ!」
ナレーター「其処へ、トップハム・ハット卿が現れた。とても怒っていた。」
トップハム・ハット卿トーマス!バーティーを待っているんだぞ!君達はが声を掛けたのに、止まらなかったらしいな!一体何をやっているんだね!?」
ナレータートーマスは吃驚して慌てた。」
トーマス「すみませんでした。バーティーソドー島のお薦めスポットを案内したくて…でも、時間を掛け過ぎてしまいました。バーティーがちゃんと仕事をしていないのは僕の所為です!」
ナレータートーマスはションボリした。バーティーの上でゆらゆら揺れている。その時いいアイデアが浮かんだ。」
トーマス「僕はバーティーから降ろせないけど、ハロルドなら出来ます!大急ぎでソドーレスキューセンター迄行って来ます!」
トップハム・ハット卿「急いでくれよ。は待たされるのが好きじゃないんだ。」
ナレータートーマスがレスキューセンターに着くと、ハロルドが救助を引き受けてくれた。トーマスは風の様に早く走り、お母さん達の前を通り過ぎて停まった。」
トップハム・ハット卿のお母さんトーマス!バーティーは一体何処に居るの?」
トーマスミスティアイランドです。お母様。」
トップハム・ハット卿のお母さん「まあ~、私もミスティアイランドに行きたいわ。」
ナレーター「その時、トーマスは更にいいアイデアを思いついた。」
トーマス「其れじゃバーティーの所へお連れします!彼も喜ぶはずです!」
ナレーターお母さんは考えた。そして笑顔になった。」
トップハム・ハット卿のお母さん「そうね。お願いするわ!何かとっても楽しくなりそう。」
ナレータートップハム・ハット卿のお母さんと友達はトーマスの運転室に乗り込んだ。そしてトーマスは勢い良く走り出し、ミスティアイランド材木集積所へと向かった。其処へハロルドが飛んできた。トップハム・ハット卿のお母さんは帽子を押さえた。彼女の顔は輝いていた。」
トップハム・ハット卿のお母さん「ねえちょっと聞いて!本当に楽しかったわ。バーティー!直ぐに助けてもらえるわよ。」
ナレーター「そう言われ、バーティーは顔を赤くした。」
バーティー「有り難うございます。」
ナレータートーマスが汽笛を鳴り響かせた。」
トーマスハロルド準備はいい?」
ハロルド「準備オーケーだよトーマス!」
トーマスお母様。お友達とバーティーに乗ってみませんか?」
ナレーターお母さんは笑顔になった。」
トップハム・ハット卿のお母さん「勿論そうするわ。さあ帽子を押さえて貴方もいらっしゃい。」
トーマス「出発進行!」
ナレータートーマスバーティーは日差しの中を走った。そこに居た皆が最後まで笑顔で楽しんでいた。」
トップハム・ハット卿のお母さん「有り難うトーマス。有り難うバーティー。ワクワクドキドキしてオホホホ・・・最高だったわ。」
ナレーター「嬉しくなってトーマスは汽笛を鳴らしバーティーはクラクションを鳴らした。」
バーティー「有り難うトーマス。」
ナレータートップハム・ハット卿も嬉しそうに笑顔を浮かべていた。」
英国版CVナレーターマイケル・アンジェリス
トーマス/ファーディナンドベン・スモール
バッシュマット・ウィルキンソン
ダッシュ/ハロルド/トップハム・ハット卿/トップハム・ハット卿のお母さんキース・ウィッカム
バーティールパート・ディガス
米国版CVナレーターマイケル・ブランドン
トーマスマーティン・シャーマン
バッシュ/ハロルド/トップハム・ハット卿ケリー・シェイル
ダッシュウィリアム・ホープ
ファーディナンドグレン・ウレッジ
バーティールパート・ディガス
トップハム・ハット卿のお母さんキース・ウィッカム
日本版CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
バッシュ佐々木啓夫
ダッシュ/バーティー酒巻光宏
ファーディナンド坂口候一
ハロルド羽多野渉
トップハム・ハット卿納谷六朗
トップハム・ハット卿のお母さん根本圭子
シリーズ前回スペンサーとふかいきり
シリーズ次回くっついたトーマス