あかとあおのたいけつ

Last-modified: 2019-02-08 (金) 20:58:21

「ボールを返してもらえるかい!?」

日本版タイトルあかとあおのたいけつ
英語版タイトルReds vs. Blues
脚本デイビー・ムーア?
放送日・2015年12月6日(日本)
・2016年6月28日(カナダ)
・2016年7月13日(英国)
・2016年8月3日(ハンガリー/チェコ/スロバキア)
・2016年10月6日(ドイツ)
・2016年10月19日(米国:PBS Kids版)
・2017年2月7日(ノルウェー)
・2017年3月29日(オーストラリア)
・2017年6月3日(ニュージーランド)
・2017年8月31日(韓国)
・2018年3月22日(米国:Nick Jr版)
話数451
この話の主役トーマスジェームス
登場キャラクターAトーマスジェームスパーシーアニークララベル
登場キャラクターBエドワード
登場キャラクターCディーゼルソルティー
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿ノランビー伯爵ティッドマス貨物駅の作業員ソドー・ユナイテッドの選手達不機嫌な乗客バローのサポーター?バローのサッカー選手達ソドー・ユナイテッドのファンの男性クリーム色の服と黒いスカートの女性?子供達怒鳴った男性
登場人物Bケルスソープ駅長ドライオー駅長ドライオー駅の作業員白髪の男性審査員口笛を提案した男性茶色いハンチング帽の男性?眼鏡をかけた学生服の男の子ブロンド髪の男の子ジンジャー髪の男の子ブロンド髪の女の子眼鏡をかけた学生服の女の子眼鏡をかけた黒人男性紅色の帽子を被った女性?赤いブラウスの女性灰色のベストを着た男の子灰色のベストを着た女性?灰色のベストを着た女の子マドレーヌピンク色の服を着た黒人の女の子?黄土色の服の女性学生服の黒人の少年双眼鏡を持った男性
登場人物Cソドー島の市長トップハム・ハット卿のお母さんトップハム・ハット卿のお母さんの友人学生服の女の子花柄の服を着た黒人の少女緑色の服の少年先生野鳥観察者山高帽を被った黒人男性ブレンダム港の作業員トップハム・ハット卿のお母さんの友人薄緑色の服の女性偉大な作曲家アルバートベレー帽の女性
登場人物D無し
登場スポットドライオーサッカー場
ケルスソープ駅
ブレンダム港
ティッドマス機関庫
ティッドマス操車場
ドライオー駅
メインランド(言及のみ)
バロー・イン・ファーネス(言及のみ)
あらすじ・ソドー島でバローの赤チームとソドー・ユナイテッドの青チームサッカーの試合が行われる事になった。
各々の選手やサポーター、審判役のトップハム・ハット卿を運ぶ事になったジェームストーマスは協力して働くよう言われたにも関わらず、勝手に試合会場までの競争を始めてしまう。
メモトーマスジェームスの主役回。
バロー・イン・ファーネスは言及のみ。
・サッカーボールをトップハム・ハット卿にぶつけたティッドマス貨物駅の作業員達。
・登場人物の台詞が多いエピソード。
・サッカーの審判をするトップハム・ハット卿*1
・硝子が割れるのは今回で3度となる。
トップハム・ハット卿が蹴ったボールで窓硝子が割れたと同時に逃げるティッドマス貨物駅の作業員達と自宅の窓硝子を割られ怒鳴る男性
トーマスジェームスが競走するのは長編第3作以来となる。
エドワードは台詞無し。
イエローカードレッドカードトーマスジェームスに見せるトップハム・ハット卿
ノランビー伯爵の声は宗矢樹頼さんが代役として担当している。
・『Trackmaster』から、このエピソードを基に作られた『Red vs. Blue Thomas』と言う製品が発売された。
・機関車の中で、ソドー・ユナイテッドチームのファンであるエミリーが登場していない。
ヘンリーゴードントビーが登場しない。
ディーゼルソルティーはカメオ出演での登場。
・正式登場前にカメオ出演するアルバート
ジェームス第18シーズンみずにつかったダック』に続いて見切り発車する。
あの時のトーマスエドワードゴードン続いて、車掌を放置するジェームス*2
坂口候一さんの不機嫌な乗客の声は第21シーズンこわれたスピーカー』迄お預けとなる。
第10シーズントーマスとかぜ』以来、煙突から蒸気を吐いて、物を返すトーマス*3
・どちらのチームが勝ったのか明かされなかった。
坂口候一さんは3役。宗矢樹頼さんは其々4役担当している。
台詞ナレータージェームスは自分が大好きな蒸気機関車だ。楽しそうな音を立ててソドー島を走りピッカピカの赤いボディを見せびらかすのが好きだった。だが、ソドー島のサッカーチーム、ソドーユナイテッドのユニフォームをだ。その為、試合の日にはトーマスは彼方此方で、沢山のサポーターから声援を送られた。」
ソドー・ユナイテッドのファンの男性トーマスが来たぞ!行け行け!青いトーマス!!」
ナレータートーマスのボディが青いからだ。同じく青いボディのエドワードにも多くのサポーターが声援を送る。でも、赤いボディのジェームスには誰にも声援を送らなかった。」
ジェームス「うん?はぁ…。」
ナレーター「或る朝早く、ジェームストーマストップハム・ハット卿に呼び出された。」
トップハム・ハット卿「やあトーマス、おはようジェームス。」
トーマス/ジェームス「おはようございます!」
トップハム・ハット卿「今日はソドーユナイデットVSバローの大事な試合がある。」
ティッドマス貨物駅の作業員「空いているぞ前!遅いよ!こっちだよ!ほらこっちこっち!」
トップハム・ハット卿「そしてその試合の審判はこの私だ。おっと!おっー!」
ティッドマス貨物駅の作業員「あぁ…。」
トップハム・ハット卿「今日は、何時もより、沢山のお客さんが試合にやって来るだろう。其処で君達には確りと力を合わせてお客さんの送り迎えをして貰うぞ。」
トーマス「分かりました。力を合わせます。」
ジェームス「僕達にお任せて下さい。」
ティッドマス貨物駅の作業員「こっちです!」
トップハム・ハット卿「ほら、行くぞ!」
ティッドマス貨物駅の作業員「あっ…!」(ガチャーン)
怒鳴った男性「ボールを蹴ったのは誰だ!!!!」
トップハム・ハット卿「おっと…あっ…えぇーっと今日は可也忙しい日になるだろう。だから、もう出発した前。」
トーマス「分かりました。」
ジェームス「直ぐに出発します。」
ナレーター「ソドーユナイデットのサポーターはトーマスを見ると何時もの様に大きな声援を送った。ジェームスメインランドからフェリーでやって来たバローのサポーターを迎えに行った。」
ジェームス「ん?皆赤いものを身に着けてるぞ。」
クリーム色の服と黒いスカートの女性?「ねぇ見て。真っ赤な機関車よ。きっとバローのサポーターに違い無いわ。」
ジェームス「えぇそうなんです。その通り!」
バローのサポーター?は凄い!は凄い!は凄い!」
ジェームス「さあ行くぞ。チーム!」
バローのサポーター?は凄い!は凄い!は凄い…!」
トーマス「おぉー!バローのサポーターは赤い物を身に着けているのか。」
ジェームス「あぁーそうなんだトーマス。今日はの対決だね。」
トーマス「どっちが勝つかな。チームか?それとも僕らチームか?」
ジェームス「よーし!其れならどちらが勝つのか確かめてみよう!」
アニー「まあ、貴方達。」
クララベル「力を合わせて仕事をするんじゃなかったの?」
アニー/クララベル「あぁーー!」
ナレータートーマスジェームスはお互いに相手より速く乗客を迎えに行こうと必死になって走った。」
バローのサポーター?「イェーイ!!」
・(サポーターを迎え中)
ジェームス「おっ!」
ナレーター「ドライオーのサッカー場に着くと、トーマスジェームス乗客が全員降りるのをワクワクしながら待っていた。どちらが勝つのか、証明したかったのだ。か?それともか?」
ジェームス「ハッハハハ!チームがまたリードだねトーマス。」
トーマス「でもジェームス、僕…あぁー。」
ナレーター「もうすぐ試合が始まると言う頃、ジェームスはもう一度乗客を迎えに行った。」
ジェームス「急いでよ!そんなにのんびりしちゃって!チームに勝ってほしくないの!?」
ナレータージェームストーマスより先にドライオー駅に戻りたかったがので、乗客を待たずに出発する事にした。」
ジェームスの車掌「おい!!止まれ!!」
ナレーター「だが、そこで問題が起きた。のんびりしたのはただの乗客ではなくサッカーチームのバローの選手だったのだ。彼等が居なくてはサッカーの試合が出来ない。」
バローのサッカー選手A「行ってしまったぞ。」
バローのサッカー選手B「ふざけた奴だ!大事な試合なんだぞ!!」
バローのサッカー選手C「このままじゃ間に合わない。」
ナレーター「その頃、トーマスジェームスより先にドライオー駅に到着しようと焦り過ぎて、ケルスソープ駅をそのまま通過してしまった。其処には審判を務めるトップハム・ハット卿が待っていたのに…。」
トップハム・ハット卿「あっおい!トーマストーマス!止まれ~!!」
ナレーター「審判が居なくてはサッカーの試合が出来ない。トーマスジェームスは自分達が失敗した事に、また気づいていなかった。」
ノランビー伯爵/不機嫌な乗客が勝つ!が勝つ!が勝つ!フゥーーーー!!が勝つ!が勝つ…!」
トーマス「フフフッ僕らの勝ちだね!」
・バローのサポーター「は凄い!は凄い!は凄い!は凄い…!」
・(競争中)
ジェームス「ハッハハハ!今日の試合はチームの勝ちだろうね。」
トーマス「そんな事ないよ!」
ジェームスが勝つんだ!」
トーマス「いや!が勝つって!」
ジェームスだよ!」
トーマス「どっちが勝つのか確かめよう!」
ジェームスは凄い!は凄い!は凄い!は凄い!は凄い!は凄い…!」
トーマスジェームス?ジェームス!」
ジェームス「何だい?」
トーマス「もう試合が始まって良い頃だよね?」
ソドー・ユナイテッドの選手A「バローの選手は?」
ソドー・ユナイテッドの選手B「恐くなったんじゃないか?」
ジェームス「どうしちゃったの!?さっさと試合してよぉ!!」
トーマス「でも、ソドー・ユナイテッドしか居ないみたい。」
ジェームス「なんだって?あ、ホントだ。それに審判は何処?」
トーマス「あぁ・・・。」
トーマス/ジェームス「まずいぞ・・・!」(汽笛
パーシー「問題が起きたみたいだね・・・!」
バローのサッカー選手達「急げ!急げ!!ほら、行くぞ!ほら、早く!早く、ほら・・・!!」
トーマス/ジェームス「本当にまずい・・・!」
トップハム・ハット卿トーマスジェームス、君達はどちらもイエローカードだ!!」
トーマスイエローカード?それってどう言う事ですか?」
トップハム・ハット卿警告を受けたんだよ。力を合わせるように言ったのに君達はお互い勝手に競争を始めた。もう一度問題を起こしたら、君達にレッドカードを出すからな!サッカーの試合では退場を意味するカードだ。もう役に立つ事は出来ない。」
トーマス「えっそんなの嫌です!もう役に立つ事なんて出来ないなんて!」
トップハム・ハット卿「そうだろうな。試合終了後は協力してお客さんを送るんだぞ。でもでも、どちらのサポーターかは関係無くだ。」
パーシーでもね!フハハハハッ!」
・観客「イェーイ!頑張れ!」
ジェームス「ねぇトーマス、さっきまでかで対決したけど。」
トーマス「う~ん…。本当にごめんよジェームス、力を合わせなきゃいけなかった。」
ジェームス「そう!同じ目標に向かって頑張る方がいいって事!おっ!」
トーマス「いぃうわぁ!」
ソドー・ユナイテッドの選手達「ボールを返して貰えるかい?」
トーマス「あっははは!」
・観客「おぉ~!イェーイ!」
英国CVナレーターマーク・モラガン
トーマスジョン・ハスラー
ジェームス/トップハム・ハット卿/不機嫌な乗客/ティッドマス貨物駅の作業員/ジェームスの車掌/ソドー・ユナイテッドの選手1/バローのサッカー選手達/ソドー・ユナイテッドのファンの男性1/怒鳴った男性キース・ウィッカム
パーシーナイジェル・ピルキントン
アニークララベル/クリーム色の服と黒いスカートの女性?テレサ・ギャラガー
ノランビー伯爵マイク・グレイディ*4
ソドー・ユナイテッドの選手2/ソドー・ユナイテッドのファンの男性2ロブ・ラックストロー
米国CVナレーターマーク・モラガン
トーマスジョセフ・メイ
ジェームス/ソドー・ユナイテッドの選手2/ソドー・ユナイテッドのファンの男性2ロブ・ラックストロー
パーシークリストファー・ラグランド
アニークララベル/クリーム色の服と黒いスカートの女性?テレサ・ギャラガー
トップハム・ハット卿/不機嫌な乗客/ティッドマス貨物駅の作業員/ジェームスの車掌/ソドー・ユナイテッドの選手1/バローのサッカー選手達/ソドー・ユナイテッドのファンの男性1/怒鳴った男性キース・ウィッカム
ノランビー伯爵マイク・グレイディ*5
日本CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
ジェームス江原正士
パーシー神代知衣
アニークララベル吉岡さくら
トップハム・ハット卿田中完
ティッドマス貨物駅の作業員/不機嫌な乗客/ソドー・ユナイテッドの選手A坂口候一
ジェームスの車掌/ソドー・ユナイテッドの選手B樫井笙人
ティッドマス貨物駅の作業員酒巻光宏
怒鳴った男性/ノランビー伯爵*6/バローのサッカー選手C,D宗矢樹頼
バローのサッカー選手A,B金光宣明
ソドー・ユナイテッドのファンの男性河本邦弘
クリーム色の服と黒いスカートの女性?山崎依里奈
シリーズ前回しゃりんはいくつ
シリーズ次回エミリーとケイトリン

*1 同時に、サッカーの審判の免許や資格を取得している事が判明した。
*2 トーマスの場合はヘンリーが遅延した影響で、列車の遅れを気にして焦った事(1回目)とブレーキの故障(2回目)が原因、エドワードの場合は牛に貨車の連結を外されたのが原因、ゴードンの場合は当時の新米の機関助手の失敗が原因、ジェームスドライオー駅に戻る時間を気にしたのが原因。
*3 前回はトップハム・ハット卿シルクハット、今回はサッカーボールをコートへ戻す。
*4 ノンクレジット
*5 ノンクレジット
*6 ノンクレジット