クララベル

Last-modified: 2020-06-28 (日) 01:10:02

「『何とかなるだろう。』って、如何言う事?」
原作番外編のクララベルTV版第12シーズンのクララベルTV版第24シーズンのクララベル

名前クララベル
英名Clarabel
性別
原作
塗装変更前:柿色(車体)+灰色(屋根)+(車輪&バッファービーム)
塗装変更後:柿茶色(車体)+黄色(ライン)+灰色(屋根)+(車輪&バッファービーム)
TV版
塗装変更前:橙茶色(車体)+(字体)+灰色(屋根)+(車輪&バッファービーム)
塗装変更後:オレンジ(車体)+(字体)+灰色(屋根)+(車輪&バッファービーム)+濃茶色焦茶色のペイズリー柄(座席)
第10シーズンでは(ランプ)が追加。
レーシングスタイル:水色(車体)+(ライン)+(ライン&バッファービーム)+(車輪&バッファービーム)
所属鉄道ノース・ウェスタン鉄道
支線トーマスの支線
運用・旅客輸送。
乗客の荷物の運搬。
分類客車
原作初登場巻第2巻『機関車トーマス』第4話『トーマスときゅうえん列車』
※正式と初めて喋ったのは第4巻『がんばれ機関車トーマス』第1話「トーマスと車しょう/おいてけぼりにされた車しょう」
原作初台詞「さあさあ、出発。さあさあ、出発。」
TV版初登場シーズン第1シーズンジェームスのだっせん
※初めて喋ったのは『とりのこされたしゃしょう
※『トーマスとゴードン』で正式初登場前にカメオ出演している。
TV版初台詞「本当にそうよね!」*1
※単独の初台詞は「車掌さんはどこ~?」
「あそこにいるの?」※長編初台詞
「ゆっくり慎重に走ってね!」新シリーズ初台詞
「頑張れ!頑張れ!」※81プロデュースに変更後、後藤沙緒里さん初台詞
「もっとゆっくり、走ってくれない?信号がじゃないの。」CGアニメ?吉岡さくらさんの初台詞
「ゴミの集積場でね。」吉岡さくらさん、CGアニメ?短編初台詞
「わあ!」トーマス来島当時
一人称
二人称あなた
説明トーマス専用のボギー客車*2アニーとは姉妹。
・シリーズ初の双子並びにシリーズ初の客車の女の子。
・仕事ぶりを評価され、ご褒美にトップハム・ハット卿からプレゼントされた。
・基本的に牽引するのはトーマスだが、稀にトーマス以外の機関車が牽引する事もある*3
乗客の他に車掌と荷物も乗せる合造車。この為、アニーと比べると端の窓が一つ少ない。
パーシーが牽引時は最後尾にブレーキ車を連結されていた。
ジェームスが牽引時は2台とも支線客車として使用された。
・忘れられやすいが本来はお婆さんのキャラであり、初登場の回で「とても古い客車と言われている*4。然し、日本版では御侠な娘扱いされている。
・TV版では若い女性の顔だが、原作では品の良い老婆の顔をしている。
メイビスキャロラインレディーエミリーモリーロージーミリーアシマジーナニアナタリーホンメイアンアンレベッカオーブリーアイラタミカエスターブレンダガブリエラダーシーと同様、少女設定の客車だが、声質は第1シーズンから第8シーズン迄は老婆の様な声で第9シーズン以降は若い女の子の様な声になった。
・冷暖房器具は未装着。
・基本、車内が映る時はクララベルの顔(両側に小窓)がある方は映さず、逆方向から車内を映す様になっている。
・原作絵本と人形劇時代は車内が映る事は無かったが、CGアニメ以降は車内が映るようになった。
性格・明るく活発で人懐っこいが頭に血が上り易い。
・全ての機関車に恭しいが、プライドが高くかなり自信過剰な性格。
客車である事に対する誇りとプライドは人一倍強く、デイジーからガラクタ扱いされ、肩身が狭い思いをした事がある。
ゴードンを尊敬しており、トーマスに失礼な事を言った場合、厳しく注意する*5
ヘンリエッタメイビスロージーマージベルミリージュディアシマジーナニアホンメイレベッカと同様、男性への礼儀を心得ている*6*7
第1シーズンではアニー共々、クリスマスが好きではないと言う設定もあった。
不機嫌な乗客と同様、よく子供達が車内で暴れ回る様で、余り子供は好きではない模様*8
アニーいたずら貨車達同様、歌う事が好きらしい*9
ゴードンに牽引された際に嫌そうな顔をしたケイトリンに連結された際に迷惑そうな顔をしたりと、あまり早く走らされるのが嫌い*10
・根に持ちやすい*11
デイジーポンコツ呼ばわりする等、やや陰湿な面もある。
お化け?幽霊が大の苦手*12
・反面、エミリーと同様、リアリストな一面がある*13
気まずい雰囲気にさせてしまう事がある*14
アニーとは常に息が合ってるが、稀にアニーと口論を行う時がある*15
・優男を好んでいるようで、トレバー子供達お世話をする姿にうっとりしたり、ダック牽引された際にアニー共々ハイテンションになっていた。
・美男・美少年が大好きなようで、トーマス対面して早々に『小さくて可愛らしい』と言ってを気に入り、マードック対面した時にの爽やかなルックスにうっとりしていた*16
「他人の不幸は蜜の味」がモットー*17
・座右の銘は「鳴くよりも鳴かぬが身を焦がす」*18
「口は災いの元」が何なのかよく知らない*19
「金蘭之契」を心得ている*20
・聴力がとても良い。
パーシーエミリーウィフロージーパクストンアニー標準軌のスレート貨車ゴードンの機関士と同様、不正行為を嫌っており、相手がゴードンでも容赦無し*21
・競争が大好きなトーマスパーシーとは正反対で、競争はあまり好きではないらしい*22*23
ダックドナルドに比べ若干控えめだが、観察能力があり、ゴードントビークランキーロッキーに比べ若干控えめだが、教育者に適している*24
・彼女曰く、「バスの事はよく知らない。」らしい。
・『速さ』より『安全』を優先するタイプ*25
トーマスの支線と同じくらい、エドワードの支線を気に入ってるらしい*26
原作での経歴・原作第41巻ではアニーヘンリエッタ共々、ビクトリアと友達になった。
・原作第11巻では床板を叩き割られた事がある。
・番外編ではデイジーのボディから零れ落ちたが原因で滑った。
TV版での経歴・全シーズン登場。原作に比べると可也長さが短くなっており、ボギー車から2軸車に変更されていた。
第2シーズンではトーマスを通じてダックトレバーと仲良くなり、アニー共々、ダックの几帳面さとトレバーの面倒見の良さにした。
第5シーズンでは橙茶色からオレンジに塗り替えられ、バッファーの部分がになる*27
第9シーズンではヘンリーに怖い顔で睨まれた
第3シーズン第10シーズン第12シーズンから第16シーズンまでは一言も喋らなかった*28
第18シーズンチャーリーうっかりが原因で、アニー共々散々な目に遭った。
第19シーズンではパーシー貨車に穴が開いているのに気づかず走っていたので、が逃げ出してしまい、アニーが途中で見つけたを乗せたので、アニー乗客達は彼女に乗り換える羽目になった。
第20シーズンでは石切場で仕事をする事になったトーマスの代わりに来たデイジーの頑固な態度に激昂し、デイジーポンコツ呼ばわりしたが、アニー共々駅に放置され、トップハム・ハット卿から説教を受けた。そしてその後、元の支線に戻ったデイジーに代わりディーゼルに裁かれる羽目になってしまった。
第21シーズンでは石炭切れで動けなくなったトーマスディーゼルが石炭を届けた時にディーゼルを『ヒーロー』と称えた。
第22シーズンではニアと一緒に仕事をする事になったが、事故を起こしたニアを見て、ニアが数字が読めない事を悟り、ニアに数字を教えてあげた。その後、エドワードを騙そうとしたが、失敗に終わり、恥ずかしい思いをしたビルベンエドワードと一緒に笑った。
長編作品での経歴長編第7作ではウィンストンと仲良くなった。
長編第10作によると、ジュディジェロームとはトーマス来島前から親交があり、彼女はトーマスジュディジェロームを紹介した。また、トーマスを『小さくて可愛らしい』と言って褒めていた。そして、トーマス支線を任される前はジェームス専属の客車だったらしい。
長編第11作ではハーウィック線の建設によってトーマスの支線が閉鎖されるのではないかと不安を覚える。
長編第12作ではグレート・レイルウェイ・ショーの事で頭がいっぱいのトーマスに振り回されている。また、トーマスの妄想内でアニーもろとも青色になる描写がある。
長編第13作ではメインランドに行ったトーマスに代わってジェームスに牽引され、早く自分の仕事に戻りたいに散々振り回された。
他キャラクターとの関係アニーとは姉妹。
トーマス局長から支線を任された事をきっかけにトーマスと知り合い、と良き仕事仲間となる。
ヘンリエッタとは女の子同士、客車同士仲が良い*29
トビーとはヘンリエッタを通じて親しくなり、トビートーマスの代理で彼女を牽引するエピソードが度々登場している。
デイジーとは対面時は険悪ムードだったが、原作では次第に和解していき、最終的に円満な友情を築く事ができた。然し、TV版では未だに険悪ムードだったらしく、第20シーズンではアニーと共に自分達に頑固な態度を執ったデイジーポンコツ呼ばわりした。
パーシーにはトーマス以上に大切にされているが、一度だけ、からかった事がある。そして原作のみ、ボイラーの火が消えそうになったパーシーの為に床板を提供した事がある。
・体調不良で修理工場に行く事になったトーマスに代わってダックに牽引された際、ダックの几帳面さに感激した。
トーマスが連れて来た子供達のお世話をするトレバーの姿を見て、トレバーの面倒見の良さに感激した。
ヘンリードナルドダグラスオリバーレベッカに牽引される場面は存在しないが、オリバーはなぜか彼女がトーマス専用の客車である事を知っていた。また、理由は不明だが、ヘンリーから怨まれており、鬼の形相で睨まれた事がある。
エドワードとはトーマスを通じて知り合い、エドワードトーマスゴードンの傲慢な態度に悩んでいる事を打ち明ける様子を憐れな目で見ていた。
トーマス支線を受け持つ以前はジェームスに牽引されていた。
・原作絵本と人形劇時代はゴードンを尊敬していたが、CGアニメ以降はゴードンを尊敬しなくなった。尚、サムソンが無断でゴードン急行客車持って行った時にゴードンに牽引された事も有るが、アニーと同様に高速に怖がっていた。
エミリーネビルケイトリンアシマ勝手牽引された事がある*30
ソルティーロージースタンリーライアンヒロニアレベッカとはトーマスを通じて親しくなり、誤ってケイトリンに繋がれた後にヒロトーマス元へ連れ戻してくれたり、数字も読めないニアの為に数字を教えてあげたり、ビルベンに冷やかされたのが原因でトーマスロージーと仲たがいした時にロージーを気遣う発言をしていた事がある。
ディーゼルの事が好きでない様で、に引かれる事になった際に嫌な思いをしていた*31
スティーブンとも仲が良いした。
トードとはトーマスを通じて親しくなり、ハーウィック線開通式に共に出席した。
テレンスとは雪に埋もれたトーマスを助けたのがで親しくなった。
バーティーハロルドハーヴィーとはトーマスパーシーを通じて親しくなった。
ボコキャロラインエリザベスピーター・サムラスティーダンカンマイクレックスバートステップニーファーガスモリークランキーロッキーレッジキャプテンジェレミーとは会話は無いが、面識はある模様。
ジュディジェロームとは以前から親交があった模様。
マードックの爽やかなルックスに見惚れた*32のがきっかけで、マードックに興味を持つようになったらしい。
ビルベンとはトーマスパーシーを通じて知り合ったらしい。
ビクトリアとはトーマスを通じて親しくなった。
・理由は不明だが、フライング・スコッツマンに少し苦手意識があるらしい*33
チャーリーポーターとはトーマスを通じて知り合ったが、チャーリー悪ふざけが原因で酷い目に遭った事がある。
ウィンストンロッキーとはトーマスを通じて仲良くなり、ウィンストンの柔らかな物腰に関心した事がある。
サムソンアンアンインロンとは面識は無いが、サムソンの所為で不幸な目に遭い、アンアンインロンは彼女とアニーに関する作り話を聞かされた事がある。
バルジーとはトーマスエミリーを通じて知り合った。
ブレンダとは一緒に居る場面は無いが、面識はあるようで、彼女妄想内に登場した事がある。
人間関係トップハム・ハット卿のお母さんとはトーマスを通じて知り合った。
ハット卿夫人エミリーの機関士アリシアさんに失礼な言葉*34を言われた事がある。余談だが、エミリーの機関士からすれば、彼女とアニーエミリーに相応しい客車ではないらしい。
トップハム・ハット卿の付き人ジェム・コールファーマー・フィニーキンドリー夫人ローハム・ハット卿ウェルズワーズ屑鉄置き場の作業員洗濯屋の女性とは会話は無いが、面識はある模様。
ジェニー・パッカードボックスフォード公爵夫不機嫌な乗客ソドー・ユナイテッドの選手達初老の男性は彼女のお世話なった事がある。
ノランビー伯爵とはトーマスを通じて親しくなった模様。
ソドーブラスバンドの楽団員達お世話になった事がある。
シリルとはトーマストップハム・ハット卿を通じて知り合ったらしい。
大きな帽子を被った女性と会話はないが、面識はあり、アニーの車内が羊だらけになった時には嫌々乗せてあげた。
モデル原作:ノン・コリダー・コンパートメント客車
TV版:ロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道2輪客車
その他・彼女たちのモデルになった客車は以前、トーマスが働いていた鉄道客車*35
玩具プラレール(通常/レーシングスタイル*36)/トラックマスター
カプセルプラレール(通常/レーシングスタイル)
木製レールシリーズ/ウッド?
トーマスエンジンコレクションシリーズ
トーマスとなかまたち/新トーマスとなかまたち
アーテル
Take Along/テイクンプレイ/アドベンチャーズ
英米版CVシェリー・エリザベス・スキナー長編第1作
テレサ・ギャラガー長編第7作-)
日本版CV中島千里第1シーズン-第2シーズン第4シーズン-長編第1作第7シーズン-第8シーズン
後藤沙緒里第9シーズン第11シーズン
吉岡さくら長編第7作-)
代役
中友子第5シーズントップハムハットきょうのきゅうか』)
参照画像・参照はクララベル/画像?
アニー
ヘンリエッタ

*1 アニーと同時に喋った。
*2 TV版だと2軸車。
*3 現時点では本編でトーマス以外で彼女を牽引したのはエドワードゴードンジェームスパーシートビーダックエミリーソルティーネビルスタンリーヒロケイトリンライアンデイジーディーゼルアシママーリンニアである。
*4 実際、英米版でもお婆さんのような喋り方をしている。
*5 だが、CGアニメ移行後はその設定が抹消されてしまい、トーマスから罵倒されたゴードンを冷たい目で見つめた
*6 然し一度だけパーシー歌のネタにして、笑い者にした事がある。
*7 実際感謝しないゴードンに悩んでいるエドワードを哀れに思っていたり、速過ぎたり遅過ぎたりするトーマスに文句を言った後はに謝っている。そしてロッドを壊したコナーがもう速く走れなくなる事を心配していた。
*8 但し、赤ちゃんに対しては優しい。
*9 第19シーズンのみ音痴と言う設定で、中々、泣き止まない赤ちゃんを子守唄で寝かし付けようとしたが、逆効果だった。
*10 だが、エミリーに牽引された際、彼女雪の日の線路を猛スピードで走った時にはアニー共々ハイテンションになっていた。
*11 実際、デイジーの頑固な態度に激昂して彼女ポンコツ呼ばわりした。
*12 実際、水車の橋から怪しい音が聞こえた時にお化け?だと思い込み、怯えていた。
*13 実際、恐ろしい妖怪の正体がマッコールさんだと発覚した時に大笑いした。
*14 「パーシーを歌で揶揄った」「ヘンリーから睨まれた」「ゴードンを尊敬しなくなる」等。
*15 余談だが、第18シーズンはやすぎよ おそすぎよ』では彼女とアニーとで、速度の好みが違う事が判明した。
*16 但し、マードックに関しては、未公開シーンでの出来事である。
*17 実際ゴードン立ち往生した時、デイジーの車体から怪しい音が聞こえた時にを嘲笑っている。
*18 実際、エドワードゴードンの傲慢な態度に悩んでいた時にはクララベルと共に、ゴードンに呆れていた。
*19 デイジーポンコツ呼ばわりした罰が当たり、アニー共々ディーゼルに連結にされ、デイジーの制裁を受けた。
*20 実際、ディーゼルビルベンの所為で気まずい思いをしたトーマスに、ロージー失礼な態度を執ったのかと気遣っていた。
*21 実際、ゴードンの傲慢な態度に悩んでいたエドワードの為にトーマスアニートーマスの機関士機関助手と共にゴードンを懲らしめた。
*22 実際、トーマスバルジーを競争に誘う姿に呆れていた
*23 でも、トーマスバーティーと競争する事になった時は「頑張れ!頑張れ!」と言って、トーマスを応援し、コナーいつもより遅すぎるのを見て、トーマス共々、コナーの一時的な速度恐怖症を克服させようとした。
*24 実際、ニアに牽引された時に彼女失敗を繰り返して中がパニック陥ったのを目の当たりにし、ニアが数字も読めない事を悟った。そして、ニアに数字を教えた
*25 実際、速く走るトーマスに呆れたり、ゴードンケイトリン牽かれた時は怖がった。
*26 実際、発明家のルースの家探しを手伝った時に彼女エドワードの支線に住む事を勧めた事がある。
*27 但し、長編第10作では最初からオレンジでの登場だった。
*28 第12シーズンではアーサークランキーと同様、CG顔で登場する場面はなかった。
*29 但し、初めて会話したのはヘンリエッタに顔が付いてからである。
*30 尚、エミリーに初めて牽引された際は嫌な顔をしたが、エミリーに再び牽引された際はフレンドリーだった。
*31 だが、原作番外編にディーゼルに助けられる描写が存在する。
*32 未公開シーンの出来事のみ。
*33 実際、トーマスフライング・スコッツマンみたいに早く走れるわけないじゃない!!」?と言って忠告していた。
*34 ハット卿夫人には「古くて乗り心地が悪い」の家にしたらどう?」エミリーの機関士には「君(エミリー)には相応しくない」アリシアさんにはだらけの客車」
*35 つまり、現実世界では元から同じ鉄道にいた事になる。
*36 流線型のトーマスに付属。