○○ンゴ

Last-modified: 2021-04-18 (日) 00:25:42

投手が打たれたときに書きこまれるワード。元ネタはドミンゴ・グスマン(元横浜→中日→楽天→四国IL高知)の名前と楽天所属時の投球内容から。

現在ではなんJ内外を問わず、語尾として使われる事も多い。

概要

楽天時代の2008年にチーム事情からクローザーを任されたドミンゴは、ソフトバンクとの開幕戦(3月20日)に9回裏・2点リードの状況から登板。
しかし多村仁松中信彦に連打を許すと、続く柴原洋にサヨナラ3ランホームランを浴び、たった7球で1アウトも取れないまま逆転サヨナラ負け(所謂「ドミンゴの7球」)を喫し先発・岩隈久志の勝ち星も消した。
そのあまりにも衝撃的な負け方に、野球chを始めとする実況板は「ドミンゴwwwww」の書き込みで埋め尽くされた。ちなみにドミンゴは(真偽は不明だが)試合後に「キャッチャー*1から全部聞け」と発言したとされ、ネタ度がさらにアップした。
さらに翌戦の3月22日には、チームメイトの小倉恒がドミンゴ同様に1アウトも取れずに打者1人のみで降板。小倉が降板した瞬間に実況板は「オグンゴwwwww」の大合唱となった。このランナーを後に登板したドミンゴに返されてしまい、勝利まであと1アウトのところで同点に追いつかれ、今度は田中将大の勝ち星を消しチームは延長でサヨナラ負けを喫した。

オグンゴwwwwwwwwwwwwwwww
http://live24.2ch.net/test/read.cgi/livebase/1206170397/

5 :どうですか解説の名無しさん:2008/03/22(土) 16:20:29.34 ID:xqO+PPkp
  オグンゴwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
6 :どうですか解説の名無しさん:2008/03/22(土) 16:20:34.94 ID:RPI0O468
  ヨシンゴ*2wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
15 :どうですか解説の名無しさん:2008/03/22(土) 16:21:20.44 ID:9G3Sz8Ju
  ノムンゴ*3の継投策失敗wwwwwwwwwww
17 :どうですか解説の名無しさん:2008/03/22(土) 16:21:21.31 ID:jVSX9hmE
  オグンゴ→ヨシンゴ→ドミンゴ

  最強の3兄弟や!

この一連の事件により「○○ンゴ」が独立した言葉となり、これまで炎上した救援型投手に対し使われていた「○○スコ」に取って代わったのである。ただし○○スコは「○川○児」のようにほとんど救援型投手限定で使われていたのに対して○○ンゴは先発型投手*4にも使われたりするなど用法としては「○○者(俺達)」に近い。

なお、スレタイには元ネタに準じて草(=「w」)を生やして使われる。

ちなみに田中は北京オリンピック選出などもあって9勝止まりと二桁勝利を逃すこととなった。もしドミンゴが3月22日の試合をしっかり抑えていれば田中はルーキーイヤーの2007年からMLB移籍した後の2019年まで13年連続二桁勝利を挙げていたことになっていた。*5

その後

主に実況スレを中心に使用されていた言葉だったものの、まとめブログの発展で猛虎弁が板内に大きく波及したこと、加えて絶許狙いスレだった「ンゴりまくった結果wwwww」などの効果により、野球関連スレや板に限らない多くの板やスレで定着。それがTwitterなどのSNS、YouTubeやニコニコ動画などの動画共有サイトに輸出され、さらにテレビや雑誌などメディアで取り上げられたことで広く知られるようになった。

 

現在では「やらかした」「爆死」「痛恨のミス」などの意味合いで解釈されて使われるとともに、その語感の良さから「特に意味もなく語尾に付ける言葉」として使われることが多い。

 

またなんJ発祥の言葉としては珍しく女子高生の間で謎の流行を見せ、マイナビティーンズによる「2017年ティーンが選ぶトレンドランキング」の「2017年 流行ったコトバ」部門にて堂々の3位ランクインを果たしている。

 

一連の事件以降、ドミンゴは1セーブも挙げられないまま抑えの座を失い先発に再転向*6。その先発では層の薄い楽天投手陣において比較的安定した成績を残していたものの、打線の援護に全く恵まれなかったことから新たな用語を誕生させることになる。最終的には2勝7敗という成績で2008年限りで楽天を戦力外となった。

 

更に2018年には中日からヤクルトに移籍してきたジョーダン・ノルベルトがミドルネームの「アルメンゴ」で登録され、同投手の(ネタ方面も含めて)一層の活躍が期待されたが、コンディション不良により帰国。一軍登板の無いまま同年6月20日に契約解除される*7ンゴっぷりを披露してしまい、そのせいで一時期、ヤクルトの選手に対する蔑称として「○○メンゴ」が流行った。

 

野球の神様

ドミンゴはまた、以下のコピペでも知られている*8。死期の近い野球関係者、優勝候補ではなかったにもかかわらず優勝しそうなほど勢いの良いチームなどに使われたりするが、最後にドミンゴが唐突に出てくるのは改変されないことが多い。

田中「監督!やりました日本一です!」

野村「ああ……」

岩隈「監督!?どうしたんですか!?」

野村「幸せだ…こんないい日は無い…」

山崎「監督!!!」

野村「……」

一場「早くドクターを呼んでこい!」

医者「……亡くなってます。それも…1時間前に」

「1時間前!?そんなはずない!」

青山「9回、守備に入る前にもゲキをくれたんですよ!」

医者「しかし…間違いない…」

永井「どういうことだ…」

ドミンゴ「くれたのさ。野球の神様が。そう、人生の延長戦をね」

このコピペが誕生した5年後の2013年に楽天は球団史上初のリーグ優勝と日本一に輝いたが、その際の監督は星野仙一*9である。
コピペ内に登場する選手は2013年時点では田中・嶋・青山・永井が楽天に在籍しており、岩隈がMLBマリナーズ、山﨑が中日、一場は前年限りでヤクルトから戦力外、そしてドミンゴは2009年に四国IL高知を退団後消息不明となっていた。
なお、コピペの元ネタではすでに亡くなっていた野村だったが現実の世界では2020年2月11日に84歳で逝去した。

関連項目



Tag: 楽天 ヤクルト 西武 なんJ コピペ


*1 元近鉄→楽天→阪神の藤井彰人。この件で藤井も叩かれている。
*2 小倉の後続で登板した吉崎勝のこと。小倉が出したランナーを返さず、2アウトを取ってドミンゴへ繋いだ。
*3 監督の野村克也。
*4 例としてダルンゴ(ダルビッシュ有
*5 2020年シーズンはアメリカ全土でコロナウイルスが蔓延したことと、それに伴うMLBと選手会の間でのトラブルによってシーズンが60試合に短縮されたことにより、MLBではシーズン二桁勝利達成者はいなかった。田中自身は開幕前に側頭部に打球を受ける事故もあって3勝に留まる。そしてオフに楽天への復帰が決まった。
*6 なおドミンゴは抑えでの炎上のイメージが強いが横浜~中日時代は先発起用が主。横浜時代はボロボロの投手陣の中にあってチームトップの8勝(12敗)を挙げ、中日時代の2004年には10勝(5敗)を挙げ中日の優勝に貢献した。
*7 帰国後、TwitterやInstagramなどで前所属球団である中日ドラゴンズ愛を見せていたため、球団から厳重注意を受けていた。
*8 野村監督時代の2008年頃に流布されたもの。
*9 2018年に膵臓癌のため逝去。