BGM/継がれる光

Last-modified: 2020-09-04 (金) 10:02:19

継がれる光

使用作品
MHW:I
収録
モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック ミニアルバム
  • MHW:Iのメインテーマとなる曲。
    作曲はMH3シリーズのメインテーマ「生命ある者へ」を手掛けた小見山優子氏。
    メインシリーズで複数のテーマ曲を手掛けた作曲家としては、
    無印とMH2のメインテーマを手掛けた甲田雅人氏に続いて2例目なった。
  • MHWのメインテーマ「星に駆られて」はハンター達の勇ましさを表現したような曲であったが、
    こちらはピアノを主旋律に置き、全体として透き通った氷のような美しさ、そして儚さを感じさせる曲想となっている。
  • イントロは静かなピアノソロから始まり、その後徐々に音を増やしながら落ち着いたメロディを奏でていく。
    そして終盤に差し掛かる辺りで、一転して壮大で力強いパートで一気に盛り上げ、最後は再び静かなピアノの音色で締める。
  • 「星に駆られて」と同様、本曲のフレーズはアイスボーンの様々な場面で使用されている。
    新拠点セリエナのBGMを始めとし、渡りの凍て地のクエスト開始時BGMと戦闘BGM、
    そしてイヴェルカーナやラスボスの戦闘曲から、一部の狩猟笛の音色などにも用いられている。
  • PS4のテーマに「ダイナミックテーマ『イヴェルカーナ』」を適用していると、
    この曲がホーム画面で流れる。

否!栄冠は我にあり

使用作品
MHW:I
収録
モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック
  • 簡潔に言えば、「継がれる光」版の「名もなき狩人の矜恃」といった曲。
    継がれる光を戦闘用にアレンジしており、原曲から一転して管楽器の力強い音が特徴的な曲。
    また、途中には星に駆られての旋律が挟まれている。
  • 曲名に感嘆符が使われることはあまり多くなく、しかも末尾でないというのは非常に稀有な事例。
  • 使用場面は名もなき狩人の矜恃とほぼ同様で、発売直前の第5弾PVで初披露されたのち、
    狩王決定戦、決勝大会の決勝クエスト「MHWイベント:力と技と」において使用されている。
    しかし、クエスト自体は配信されたが、肝心の狩王決定戦の決勝大会は2020年のコロナ禍の影響により中止
    また、正月クエスト等でも使用されていなかったのでゲーム中で聞いたことのない人も多いだろう。
    その後はデベロッパーズダイアリーFinalのラストの、MHW:Iのアップデート振り返りでも使用された。

関連項目

シリーズ/モンスターハンターワールド:アイスボーン
BGM/英雄の証 - シリーズ全体のメインテーマ
BGM/シェンガオレン戦闘BGM - MH2のメインテーマ「大敵への挑戦」
BGM/生命ある者へ - MH3シリーズのメインテーマ
BGM/旅立ちの風 - MH4シリーズのメインテーマ
BGM/星に駆られて - 前作にあたる、MHWのメインテーマ
BGM/トラベルナ - MHXの実質的なメインテーマ