BGM/生命ある者へ

Last-modified: 2020-07-12 (日) 04:56:53

生命ある者へ

使用作品
MH3、MH3G
収録
モンスターハンター3(トライ) オリジナルサウンドトラック
  • MH3、MH3Gのメインテーマ。
    読みは「いのちあるものへ」。
  • 果てしなく広がる大自然と、生きとし生けるものすべてを包み込むような、
    雄大で温かな印象をもたらす楽曲。
    最初から最後までヴァイオリンなど弦楽器がメロディを担当している。
  • トライシリーズの主要な舞台である孤島の汎用BGMや、
    食物連鎖の頂点に立ち、他者を喰らい続けるイビルジョーの戦闘曲
    MH3のモンスターの中でも際立って歪な容姿と能力を持つアルバトリオンのテーマ
    そして不死の心臓を持つMH3Gのラスボス、グラン・ミラオス戦など、
    この曲のフレーズが使われている楽曲もあるが、それぞれに違った意味合いを感じられる。
    しかし、原曲のフルバージョンはやはりエンディングでしか聴けない。
    エンディング到達の達成感と、曲の壮大さもあいまって、
    自然に涙したプレイヤーも多いのだとか。
    • MHW(MHW:I)ではイビルジョー、アルバトリオンのテーマがそれぞれアレンジされているが、
      いずれも『生命ある者へ』のフレーズが存続し、特にアルバトリオン戦については印象的。
      旧作のものより該当部分のフレーズが際立つようにアレンジされている他、
      クエストクリアBGMも『生命ある者へ』のフレーズを含むMH3当時の曲が使用されるなど、
      「MH3から出演したモンスターである」ことが際立つ特別仕様で実装されている。
      このような「旧作に登場したクリアBGMの使用」は(固有のBGMを有するアマツマガツチを除くと)
      MHFの遷悠種にて先例があり、旧作を大きく意識した仕様であるといえる。
      なお、同じくMH3から登場しているボルボロス・ウラガンキン・イビルジョー・ベリオロスについては、
      クリアBGMはMHW(MHW:I)のものが用いられている。
  • 任天堂社長が訊くMH3G篇でこの楽曲についていくつか明らかになっている。
    • MH3のテーマは「母寄り」となっていたらしく、この楽曲もそれを反映している。
      ちなみに、おなじみ英雄の証は「父寄り」らしい。

関連項目

シリーズ/モンスターハンター3
シリーズ/モンスターハンター3G
BGM/英雄の証 - シリーズ全体のメインテーマ
BGM/シェンガオレン戦闘BGM - MH2のメインテーマ「大敵への挑戦」
BGM/旅立ちの風 - MH4シリーズのメインテーマ
BGM/星に駆られて - MHWorldのメインテーマ
BGM/継がれる光 - MHW:Iのメインテーマ。本曲の作曲者が手掛けている。