Top > プロペラ団
HTML convert time to 0.011 sec.


プロペラ団

Last-modified: 2018-04-12 (木) 13:38:55

 正式名称「プロフェッショナル・ロウヤーズペイメント・レプリゼンタティヴ*1(プロ選手の雇用問題法務協会*2)」。ボスはMr.リッチモンド。日本のプロペラ団のボスは「プロペラ団日本支部長」の役職が与えられ、『1』では本名不明のプロペラ団日本支部長。『1』終盤以降はプロペラ団日本支部長が智美に爆殺され、智美にその地位を奪われ、智美がプロペラ団日本支部長になる。
 略称は「PRO-P・E・L・A」で、飛行機のプロペラとかかっており、「我々は停滞した状況をかき混ぜながら前進するのだ!」がスローガン*3
 アメリカに本部、日本・ヨーロッパ・南米などの世界各地に支部を置き、世界的に有名なスポーツ用品メーカーや広告代理店など、500を超える企業に影響力を持つ。
 『4』でオオガミが登場するまでシリーズ最大の「悪の組織」だった。

目的*4 Edit

 表向きの姿は世界最大のプロモーター(興行を取り仕切る人や組織。この場合の興行とは娯楽スポーツを指す)であるが、その真の目的は、全ての娯楽スポーツを手中に収めることにある。
 具体的な活動内容は、有望な若手選手と事前に契約して囲い込みを行い、プロペラ団を通してプロに送り込むこと。ここでプロペラ団との契約を断った選手や反抗的な選手には、さまざまな工作を行って圧力をかけ、プロへ行けなくしてしまう。
 最終的には新人選手のほとんどをプロペラ団が供給する形になり、どこのチームもプロペラ団に逆らえないようにする、というのがその筋書きである。

 

 プロスポーツ選手の契約金が高くなりすぎているため、経営に苦しんでいるチームも多い現状では、プロペラ団のスポーツ支配が成功すれば選手との契約金を3分の1にまで軽減できるらしく、プロペラ団の成功を望んでいる者も多い。事実、全盛時には、傘下のレシプロ財団と契約しないとプロ野球選手になれなかった。
 日本支部長の「球遊びができるだけのガキに、なぜ何億円も年棒を支払わなければならんのだ」という台詞からも、プロペラ団の思想の一部を垣間見ることができる。

変遷*5 Edit

 設立当時はスポーツの健全化を目指す善良でまっとうな組織だったが、理想論だけでは健全化はなし得ず、あらゆる利権や暴力からスポーツを守るために、さらに強力な「利権を上回る利権」「暴力を上回る暴力」を手に入れる必要があった。
 その結果、脅迫・殺人といった犯罪行為も「スポーツの健全化」という大義名分の為に平然と行う歪んだ悪の集団へと変貌してしまった。

工作員*6 Edit

 プロペラ団に所属する工作員の多くは、普段は別の職業を持ち、命令が来た時だけ活動を行う。スポーツ界の現状に疑問を持ち、プロペラ団によるスポーツの健全化を信じて、ほぼ無償で活動するボランティアである。
 鋼毅曰く「ひとりひとりは善人だが組織の中で自分では考えずに上からの命令に従っていくことで過激で非合法なことも行っていくようになる」とのことで、「それほど悪い連中ではない」らしい。
 工作員はそれぞれナンバーを与えられ、支部名と組み合わせて識別される。また、頭にプロペラを付けた黒装束の衣装で任務に従事する。
 合言葉は「すべてのスポーツを我らに」である。

その他 Edit

 ダイジョーブ博士を拉致し、人体改造手術を強制していたこともある。

パワプロクンポケット Edit

 プロペラ団直営の高校である「大東亜学園」と「聖皇学園」を有しており、日本プロ野球制圧の足がかりとして各地から有望な若者を集めていた。
 プロペラ団と大東亜学園が主人公達の妨害工作を逆手にとって、他のチームへの妨害工作を隠蔽する、スキャンダルをでっち上げて他校を脅迫するなど、この時から手段を選ばない連中として登場していた。

パワプロクンポケット2 Edit

 前作と同じように暗躍し、ドリルトーイの曽根村の依頼を受けて多くの破壊活動に協力している様子が見られる。
 曽根村の計画を利用してドリルコーポレーションの株を6割保有し、経営権を完全掌握し、ドリルモグラーズプロペラモグラーズとしてプロペラ団の傘下に治める。

パワプロクンポケット3 Edit

 前作で目標にしていた日本プロ野球界の制圧を完了しており、国技などにも手を伸ばそうとしていた。また、今作では日本支部以外のプロペラ団関係者(Mr.リッチモンド、イワノフなど)も登場し、その規模を示した。
 日本国内ではフラップ教団を利用して多くの金を巻き上げていた。
 毎年12月にプロペラ島で非公式の野球大会「プロペラ大会」を開催し、組織の重要な資金源として利用している。しかし、『3』の3年目に入ると反プロペラ団活動が活発化し、選手の大規模ストライキや八百長を指示された選手による組織の不正の暴露などで、社会的に追い詰められていった。

 

 そして3年目に行われたプロペラ大会で、ネオプロペラ団の暗躍によりプロペラ島の自爆装置が起動させられてしまい、プロペラ島は崩壊。組織首領のMr.リッチモンドは島の地下金庫で「金と心中」する最期を遂げた。
 その後、世界各地の支部も暴徒の襲撃や警察の強制捜査により機能を失い、プロペラ団は活動を停止。組織は四散してしまう。

組織崩壊後 Edit

 プロペラ団の崩壊後は、プロペラ団アメリカ本部の大幹部であった大神美智男の手によりプロペラ団の組織基盤やサイボーグ技術。多数の非合法工作員が接収され、オオガミはオーバーテクノロジーを利用した世界規模の大企業に成長。敵対する旧支配者アジムを打ち負かし、世界最強の資本勢力「ツナミ・グループ」となった。その強大な経済力と私設軍により全世界を掌握しようとしている。
 『3』の頃までは「全ての娯楽スポーツを支配する」というまだ可愛らしい思想であったのだが…。

 

 プロペラ団消滅後は「プロペラ団レポート」通称Pレポートが物語の伏線に大きく絡んでいる。
 これは当時日本支部長だった四路智美が纏めた物でプロペラ団崩壊後に大神が取った行動や極亜久高校での活動内容等も表記されている。このPレポートを入手してしまった為にオオガミに暗殺されてしまった主人公の仲間が居た。
 Pレポートはネット上にも流出しているが、バラバラにされた上でアダルト画像に偽装されている。これは組織に反発をもった内部関係者が故意に流したらしい。智林昭雄はその内の一部を入手した。

プロペラ団関連選手についての考察 Edit

 主に『1』から『3』までに登場した、プロペラ団に関わる選手の項目。
 個々の経歴に差異があるが、細かく分類するには個々の分量が足りないこと、複数の作品にまたがって登場している選手が多いこと、何より彼らには「プロペラ団に関わった」という共通点を持つためここに一括した。
 個々の該当項目と「モブキャラ」の項目も参照。

大東亜学園 Edit

名前所属解説・備考
大東亜学園→火星オクトパスパワプロ99の冥球島編でも登場。加入メンバー
東条大東亜学園→ブラッドバタフライ1軍冥球島編でも登場。加入メンバー
西崎大東亜学園→ブラッドバタフライ1軍
大東亜学園冥球島編にも登場
大東亜学園冥球島編にも登場
アンソン大東亜学園→(デビルスターズ→)ラッキーフラワーズ(6)冥球島編でも登場。加入メンバー
ドナルド大東亜学園→(デビルスターズ→)ラッキーフラワーズ(6)冥球島編でも登場。加入メンバー

聖皇学園 Edit

名前所属解説・備考
野球マスク聖皇学園→デビルスターズ冥球島編でも登場。加入メンバー
桐田聖皇学園冥球島編でも登場。加入メンバー
金剛聖皇学園冥球島編でも登場。加入メンバー
鬼頭聖皇学園冥球島編でも登場
井綱聖皇学園→ブラッドバタフライ1軍冥球島編でも登場
安国聖皇学園→ブラッドバタフライ1軍冥球島編でも登場
ネロ聖皇学園→火星オクトパス冥球島編でも登場。加入メンバー
利根川聖皇学園→プロペラデストロイヤーズ→デビルスターズ冥球島編でも登場
蛇島聖皇学園→プロペラデストロイヤーズ→デビルスターズ冥球島編でも「へび島」表記で登場。アクメドが不在で彼と同じ能力となっている
アクメド聖皇学園→プロペラデストロイヤーズ→(デビルスターズ→)ブラッドバタフライ1軍

プロペラデストロイヤーズ Edit

名前所属
斗狩プロペラデストロイヤーズ→(デビルスターズ→)ブラッドバタフライ1軍
九頭プロペラデストロイヤーズ→(デビルスターズ→)ブラッドバタフライ1軍
丹羽プロペラデストロイヤーズ→ブラッドバタフライ1軍
岸本プロペラデストロイヤーズ→ブラッドバタフライ1軍
シャオプロペラデストロイヤーズ→デビルスターズ

ブラッドバタフライ1軍 Edit

 各選手の経歴を見ての通り、経緯は不明だがブラッドバタフライ1軍には多くのプロペラ団関連選手が在籍している。

名前出身
東条大東亜学園
西崎大東亜学園
井綱聖皇学園
安国聖皇学園
アクメド聖皇学園→プロペラデストロイヤーズ
斗狩プロペラデストロイヤーズ
丹羽プロペラデストロイヤーズ
九頭プロペラデストロイヤーズ
岸本プロペラデストロイヤーズ

デビルスターズ Edit

 「プロペラデストロイヤーズをベースにした」と言うだけあり、結成時には当項目から9人(野球マスク・蛇嶋・アクメド・利根川・斗刈・九頭・シャオ・アンソン・ドナルド)及びハイパー亀田と、10人ものプロペラ団関連選手が在籍していたものの、度重なる入れ替えから『12』の時点では野球マスク・利根川・アクメド・ハイパー亀田の4人のみとなっている。


※簡単な意見交換にどうぞ。
 雑談・感想目的の書き込みはこのwikiの趣旨に反しますのでご遠慮下さい。
 このページにあまり関係の無い内容の場合、コメントが削除されることがあります。

  • カウル・コーポもプロペラ団の一種? -- 2010-10-02 (土) 22:34:25
  • 野球マスクの経歴に脱字あり。修正完了。また、鋼が言った戦闘員の話のほかに幹部の話を追加してもよいか? -- 2011-01-20 (木) 21:22:10
  • 3年目の2~3月時点で智美がPX001に正式な構成員として1324号を名乗りなさいって言ってるから日本にいるプロペラ団構成員は1000人ぐらい? -- 2011-03-21 (月) 12:15:25
  • カウル・コーポは大全によると野球選手の保険を扱う組織でプロペラ団の傘下 -- 2011-03-31 (木) 15:46:56
  • 3の項目にあるイワン・イワノフはイワノフでいいと思うけど -- 2011-04-03 (日) 15:27:37
  • Pレポートとか結局なんだったんだ、、、 -- 2011-04-30 (土) 13:41:18
  • そもそもPレポート智美が作ったって根拠はなに?1のプロペラ団レポートと名前が似てるだけじゃ。 -- 2011-04-30 (土) 16:15:51
  • BB団にプロペラの選手がいたり量産型たかゆきが作られてるけどプロペラは全部オオガミに吸収されたわけじゃないのか。 -- 2011-05-01 (日) 20:55:22
  • Pレポートは無かったことにされたのだろうか? -- 2011-05-26 (木) 01:51:34
  • カウル・コーポとレジプロ財団は黒野博士が語る、プロペラ団に類似した利権会社 -- 2011-07-14 (木) 15:08:16
  • Pレポートって最後あんまり関係無かったよな? -- 2011-12-15 (木) 01:23:18
  • それは9以降の開発陣が忘れてるからさ!不満があるなら公式に「未回収の伏線をばっちり解決しやがれ!」ってハガキにかいてバンバン送りつけろよ!無視できないぐらいにな!俺はそんな勇気がないけどよ -- 2011-12-22 (木) 09:06:24
  • 旧支配者も利用していたのだろうか。 -- 2012-02-10 (金) 17:07:29
  • 結局プロペラ団は3で崩壊したと思いきや、オオガミと名前を変えて14まで存在していたんだな -- 2015-01-25 (日) 23:52:07
  • そういえば「プロ選手の年俸引き下げ目的」だけど、もしかしたら「年俸自体は下がるが、もし故障しても我々が治療など保証する。(=だからもしもの貯蓄に焦らなくていい)」みたいなこと言って配下の選手は丸め込んでいたのかな? これだと初代でサイボーグ選手の研究やってたのも納得いくんだが。 -- 2016-09-12 (月) 22:18:30
  • パワプロで登場したら神高や東日本アカデミーの上司とかやってそう -- 2017-08-23 (水) 08:30:09
  • 英語の略称と意味合わせたら「Professional player's employ-law association」とかじゃないのか? -- 2017-10-30 (月) 13:21:23
  • カタカナだと「プロ法律家による賃金代表機関」みたいになると思う。どういう分脈でこれが出てきたか知らないんだけど。 -- 2017-10-30 (月) 13:25:25
  • r団? -- 2017-12-16 (土) 22:22:59

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 パワポケ1での智美の説明より。なお本編ではカタカナ表記なので綴りは不明だが、組織の目的などからすると「Professional lower's payment representative」あたりと思われる
*2 パワポケ大全
*3 パワポケ大全
*4 パワポケ大全
*5 パワポケ大全
*6 パワポケ大全