【スタンド・バイ】有栖川夏葉

Last-modified: 2019-12-20 (金) 20:15:56

【スタンド・バイ】有栖川夏葉

実装日
2019/09/20

サポートイベント Edit

イベント名VoDaViメンタルSP
仲良しの笑顔+10+10+10+10+15
みんな同じ+10+10+10+10+15

ステータス Edit

LvVoDaViメンタル
155504550
50(☆0)138125112125
55(☆1)146132119132
60(☆2)155140126140
65(☆3)163148133148
70(☆4)172156140156

スキルパネル Edit

SP☆の数は解放に必要な特訓回数、E〇は〇番目のサポートイベントで解放、灰色はライブスキル
20Vocal5%UP
[条件:夏葉]
[確率:10%]
[最大:1回]
30Vocal5%UPボーカルアピールIII
[条件:メンタル74%以下]
[確率:20%]
[最大:1回]
Vocal2倍アピール
40Vocal40%UP/
メンタルダメージ40%UP(☆2)
Visual5%UP(E2)Vocal15%UP(☆1)
[条件:4ターン以降]
[確率:30%]
[最大:1回]
[条件:夏葉]
[確率:30%]
[最大:2回]
[条件:Vocal担当]
[確率:30%]
[最大:1回]
50スタンド・バイ(☆4)Vocal上限UP(☆3)
Vocal3倍アピール/
興味50%UP[1ターン]
Vocal上限+50

所持スキル Edit

ライブスキル Edit

スキル名効果取得Lv
ボーカルアピールIIIVocal2.0倍アピール初期

サポートスキル Edit

スキル名スキル効果取得Lv/スキルLv
15102030405055606570
アイドルの絆プロデュース開始時に絆+<Lv*5>1247
ラジオマスタリーSP一緒にラジオへ出演するとSP+<Lv*1>1359
約束リカバー「約束」を守れなかった場合に<Lv*5>%の確率でテンションが下がらない13
おやすみブースト「休む」を選択時に<Lv*3>%の確率で体力回復量+101
トラブルガードレッスンかお仕事を選択する時に<Lv*3>%の確率でトラブル率-1013

アイデア Edit

ダンス

特徴 Edit

Vo型のsSR夏葉。もちもちほっぺ。

 

サポートスキルの性能的には【月刊CLIMAX】有栖川夏葉の下位版といった趣。
トラブルガードや約束リカバーのLvなどはこちらの方が強いが誤差の範囲だろう。

 

しかし金枠バフスキルの発動タイミングが大きく異なっており、序盤にバフを行う月間CLIMAXとは対を成す終盤の火力補佐としての魅力が光る。
金枠バフの性能は、4ターン以降/Vo40%UPというsSRにしては高めの倍率であり後半の思い出アピールなどに備える場合は優秀なスキルとなる。

 

恒常sSRであることから入手が容易で4凸も無理なく狙えるというのも特徴であり、
これまで夏葉をVoサポとして編成する場合は月間CLIMAXと【遊びも本気で】有栖川夏葉しか選択肢が無かった。
前者は強いがSSRで特訓が難しく、後者は今から入手ができない。

 

放クラは元々Vo編成に強みがあり、ユニットマスタリーの導入も進む中
実用的な性能で組み込めるユニットメンバーはそれだけでも強みに繋がる。

 

メインとなるスキルはラジオマスタリーSP。ラジオをこなしつつSPを稼げる。
ただしお仕事は体力消費が大きいので回数をこなしにくい。
SP不足を補うために導入するとやや力不足に感じる面もあるが、
後々トークショーの回数を減らせる、くらいの感覚で意識すると付き合いやすい。

 
各特訓段階ごとの解説
 

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 月刊CLIMAXとこのカードは金バフのタイミングで明確に差別化されてるから、下位互換と言い切るのはどうなんだろう -- 2019-10-07 (月) 16:36:01
    • そうよな。現状は良く調べてないけど、以前ふらここVo編成作ったときに5人リンクに乗せられるVoパッシブ探したら、花めととーりゃんせしか無かった記憶がある。 -- 2019-10-07 (月) 17:14:27
    • 私も下位互換というのは少し言葉が強すぎると感じたので元内容の意向を踏みつつ修正し、金バフスキルについての記載を加えてみました。 -- 2019-10-07 (月) 17:36:31
    • カードの強みが簡潔に説明されており、すごく良いと思います。単純な優劣だけではなく、どう活かせるのかも大事だと思うので。 -- 2019-10-07 (月) 18:53:23
    • 「サポートスキルの性能的には~」って書いてるから間違っては無いと思う。アピールの数値もバフの数値も月刊の方が高いから下位版って一言で表現してくれたら一瞬で理解できるから分かりやすいといえば分かりやすい。差別ポイントは別途記載すればいいんじゃないかな。 -- 2019-10-07 (月) 21:26:14
      • 元々「サポートスキルの」という部分がなかったので修正した箇所です。あまり下位というイメージばかり初めに語るとそのイメージが先行する可能性があるので現状のバランスが良いのではないかと思うのですがどうでしょう。バフはタイミングがこれだけ違うと別物レベルだと思いますし。 -- 2019-10-07 (月) 23:54:35
    • こういうのって「~~のSR版」じゃダメなんでしょうか。入手難度も含めて性質を説明できるし、下位や弱体などの直接的な表現よりもマイナスイメージを緩和できるのではと思います -- 2019-10-08 (火) 04:50:20
    • 某TCGwikiの編集積極的にやってた人間だけど、基本的に別のカードで有る時点で下位互換、上位互換という言葉は相応しくない場合がほとんど。だからまずそのカード単独だけでの使い勝手を記入し、後に比較という形の方が相応しい。これで言えばまずこのカードの性能レビューして、後半に同じ夏葉のカードにリンク付けて差異を記入する方が相応しいと思う。あとどうしても言葉として便利だから使いたい場合下位互換の方が嫌いな人が多いから、比較対象先を上げる表現の上位互換の方を使った方が良い -- 2019-10-08 (火) 05:26:16
    • 互換性ってあるかないかしかないのにちょっと似てるくらいですぐ使いたがるから完全上位互換とか頭が頭痛みたいな表現うまれてしまうのだ -- 2019-10-09 (水) 12:21:26
      • ほんとそれ。「○○互換」ってスラングの中では一番の古株の「上位互換」からして「上位といい切ってるのに、本当にそれ"お互い交換できる"の?」って感じだからな -- 2019-10-10 (木) 05:48:30
      • 上位互換の意味を間違えてるやつおるみたいだけど、下位を基本に考えて上位のものでも同じ働きをするってことだぞ。同等って意味では断じてない -- 2019-10-10 (木) 10:48:32
  • わりと新し目のサポートだったんだね。最近始めたからボーカルtrue狙いでお世話になってる -- 2019-12-20 (金) 20:15:56
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 

 
©BANDAI NAMCO Entertinment Inc. ©BXD Inc.
当Wiki上で用いるゲーム画像の著作権、及びその他知的財産権は
当該サービスの提供元に帰属します。