Top > TrueEnd攻略


TrueEnd攻略

Last-modified: 2019-11-21 (木) 21:40:26
 

はじめに Edit

このページでは、プロデュースモードでTrueEndを取得するための攻略について説明しています。
初のTrueEnd狙いから取得の安定化まで、幅広い情報を掲載します。

TrueEndの条件 Edit

TrueEndの条件はW.I.N.G優勝+アイドルランクA以上。すなわちW.I.N.G編で50万人以上のファン獲得が必須となる。
なお、R以下のpアイドルにはTrueEndイベント自体が設定されていないのでうっかり挑まないよう注意。

 

TrueEndを達成するメリット Edit

  • True Endコミュが見られる
  • 無償フェザージュエルが獲得できる(各カード初回のみpSRは3000個、pSSRは6000個)
  • Exスキルの枠を解放できる
  • イベント等での「True Endを達成しよう」ミッションが達成できる
  • 「ボックス」系イベントでの獲得ptが多い

基本的なコツ Edit

TrueEnd攻略に限らないプロデュースのコツはプロデュース,育成の指針に記載されているため、併せて読んでおこう。
普通にWINGを制覇するよりも難易度が高くなるため、まずは自分なりでいいのでWING本戦の勝ちパターンを体得してから挑もう。
通常プレイと比べると終盤で4~8回ほど多くオーディションに勝つ必要があり、その分少なくなる週数でいかにステータスを仕上げられるかが最大の課題となる。
Vo/Da/Viの三属性はオーディション合格で少量伸びるが、特にSPとメンタルが伸ばしづらくなる点に要注意。
またレッスン・お仕事は体力が減っているとトラブルのリスクがあるが、オーディションは体力の影響を受けない。うまく利用しよう。

 

プロデュースアイテム Edit

「流行雑誌」が特におすすめされる。主にWING本戦で使い、WING優勝の確率を上げる。安定してAランクが達成できるようになってきたらぜひ持ち込もう。1極育成の場合は特に有用。
また、体力回復系アイテムも安定して有用。

ファン数の稼ぎ方 Edit

True Endの条件であるファン数50万人の達成方法には、いくつかのプランがある。

いずれの場合でも、

  • シーズン2で1万オーディションを1回
  • シーズン3で4万オーディションを1回

でのファン数5万人の状態までは共通。
その後、

の3つのオーディションを利用することになる。
「THE LEGEND」の難易度が流行に大きく左右されるため、これを何度受けられるかで考えるとよい。
流行の法則を知っておくとプランを立てやすい。
また、週が経過するほどアピール値にかかっている補正があがることも考慮したい。

10万×0回・5万×9回 Edit

難易度の高い10万オーディションを避け、比較的勝ちやすいオーディションで勝利していくプラン。
オーディション回数が多くなるため、ステータスに不安が残りやすい。WING本選で勝つだけのステータスが確保できるかを確認しよう。
また、オーディション回数が多いため不利な流行で戦う週が生まれやすく、見た目よりも厳しい道のりである。
プレイ時間も多くかかってしまうため、できれば10万オーディションで勝っていく下記のプランをおすすめしたい。

10万×2~3回・5万×5~3回 Edit

難易度の高い10万オーディションに、特に勝ちやすい流行週でだけ挑むプラン。残りを5万オーディションで稼ぐ。
ライバルアイドルの詳細な性能やオーディション中の立ち回りは各オーディション個別攻略を参照してほしい。

 
  • Vo特化の場合は流2Vo (最低2回発生)
  • Da特化の場合は流2Da (最低2回発生)
  • Vi特化の場合は流1Vi (最低2回発生)

で10万オーディションに挑むと良い。
2極の場合、上記のどちらで挑んでもいい。例えば、

  • Da,Vi特化の場合は流1Viか流2Da (最低3回発生)

で10万オーディションに挑むと良い。

 

シーズン4の1週目からTHE LEGEND参加資格を満たせるよう、シーズン3のうちにファン10万人は達成しておこう。
また、シーズン3で20万人程度まで稼いでおくと余裕ができやすい。詳しくは後述。

10万×4回・5万×1回 Edit

必要なファン数を全て10万オーディションで稼ぐプラン。5万オーディションは10万オーディションの参加条件を達成するために必要で、シーズン3に合格しておく。
オーディションを受ける回数が最小になる。
THE LEGENDでスピアするライバルと正面から殴り勝てる場合、このプランを取ることができる。得意属性が流1~2の時にTHE LEGENDに挑戦しよう。

その他 Edit

「特別オーディション」が解放されているキャンペーン時は、

を利用してもよい。オーディション回数が最短5回で済む。
運次第では受けられない可能性がある他、ルールが特殊なことには留意したい。

各特化ごとの特徴,方針 Edit

1極の「流行に左右されやすい」、2極の「手札事故が起こる」という課題は通常のプロデュースと共通。
プロデュースアイドルのライブスキルや、手持ちのサポートアイドルも考慮して決めよう。

Vo1極 Edit

Vo一極によるTrueEnd狙いは、戦力がギリギリの場合は難易度が高い。理由はWING準決勝の勝ちにくさ。流行1位スピアでDa,Vi得意のアイドルが存在するため、流行1Voの時以外は流1TAの取得が難しく、安定して勝てるとは言い難い。
慣れない内は他の育成方針を推奨。

 

プロデュースアイドルが強力なVoアピールを持っている場合、それを取らずにDaやViで育成するか、VoDa2極,VoVi2極で育成するかは判断が難しいところ。2極で育てて準決勝,決勝の流1スピアと殴り勝てるようにできるなら2極の方がよいと思われる。

Da1極 Edit

初心者にもおすすめできる方針。
ガシャ恒常sSR【メロウビート・スローダウン】三峰結華の4凸ライブスキルが低デメリット3.5倍と非常に強力かつ手に入りやすいため、このカードの存在を根拠におすすめされやすい方針である。

THE LEGENDを受ける流行は、
戦力がギリギリの場合:流2Da (最低2回)
ある程度育てられる場合:流1Daか流2Da (最低4回)

Vi1極 Edit

初心者にもおすすめできる方針。
戦力がギリギリでもTHE LEGENDの流1狙いができ、ラストアピール取得ミスのリスクが小さい・メンタル死のリスクが下がることが利点。

THE LEGENDを受ける流行は、
戦力がギリギリの場合:流1Vi (最低2回)
ある程度育てられる場合:流1Viか流2Vi (最低4回)

DaVi2極 Edit

初心者にもおすすめできる方針。
WING準決勝でスピアするライバルと殴り勝てる戦力が整っていれば、準決勝での流行負けがほぼなくなるのが利点。決勝でも流1DaViで勝利がほぼ確実となる他、流1Voでも流2&3TAという変則的な勝ち筋がある。

THE LEGENDを受ける流行は、
戦力がギリギリの場合:流1Viか流2Da (最低3回)

2極について Edit

なお、2極では2能力,Me,SPの全てを稼ぎ切るのがギリギリになりがち。
かつ、能力が少し足りなくなると途端にS4オーディションやWING本戦が厳しい勝負になってしまう可能性が高い。特にWING本戦では流1スピアに殴り勝つことができないと一気に勝率が落ちる。
そのため、特に戦力がギリギリな状態では、2極育成をするとサポート編成などによる育成度のわずかな差が難易度に直結しかねないことに留意しておこう。

シーズンごとの立ち回り Edit

 

シーズン1~2 Edit

通常攻略とやることは変わらない。サポートのステータス次第でだいぶ難易度が変わってくるため、具体的な実数値の目安は割愛。メンタルはシーズン2終了時で最低でも200以上程度は欲しいところ。

 

シーズン3 Edit

TrueEndを狙うにはこの辺りからファン数を意識し始める必要がある。
単にシーズン3を抜けるだけならファン5万人でよいのだが、ここで10万人稼いでおくと、シーズン4の1週目から得意流行が来ても10万オーディション「THE LEGEND」に挑めるようになる。
また、ここで20~30万人程度まで稼いでおくとシーズン4に余裕ができる。
具体的にはS3で20万人ファンを稼いでおけばS4は10万*2と5万*2の30万人で済み、流行3位にオーディションをしなくても済むようになる。事故が起きた時も巻き返せるため、どうしてもS4でつまづくのであればここで多めに稼いでおくのが得策。
オーディションの難易度自体もシーズン3の方が低いので、Cランク達成で出現する5万人オーディション「踊っていいとも?増刊号」に積極的に挑むこと。

幸いにもシーズン3の特殊オーディションは流行1スピアするライバルがいないため、特化属性350(できれば400)以上あれば流行関係なしに流行1を殴り続けることで、TA+3割☆の24点をとって2位以上確定で勝てる。Vo以外なら流行2もTAを取りやすい。
オーディションは2位でも抜けられるので、サポートの配置がイマイチならオーディション、くらいの気持ちで稼いでおこう。

 

シーズン4 Edit

本格的なファン稼ぎに入るため、ここでステータスを伸ばすのは難しい。
ここまでのステータスにもよるが、流行に応じて5万オーディション「オールアイドル感謝FESTIVAL」、10万オーディション「THE LEGEND」を使い分けたい。
THE LEGENDで安定して勝ちたい場合、最低でも特化属性が450程度欲しい。上限突破で500以上確保しておけばさらに安心。
繰り返しになるが、オーディションは2位でも抜けられることを忘れないように。

2018/6の修正でBAD調整ができなくなった分、以前有効だった流3LA狙いは難しくなっている。
特化属性が流行3位の週は素直にオーディションを回避し、レッスンや休みに充てる方が安定するだろう。

 
  • 自身がVo特化
    • 流行1
      THE LEGENDの果穂が手ごわい。パーフェクト+excellentで12600程なので、安定して勝つにはこれを上回る火力が必要になる。
      Vo500+2.5倍アピールで12000程度なので、上限突破済みか3倍以上のスキルがあるなら勝てる。
      無理そうなら感謝FESTIVALに行き、Voを殴って+5万を狙おう。
    • 流行2
      THE LEGENDでVoを殴る。
    • 流行3
      THE LEGENDは流行3の霧子が手ごわいうえに流行1スピアが2人いる。
      流行1Vi+流行2Daのパターンならどちらかに集中すれば勝てる可能性はあるが、基礎力が高いので基本は回避推奨。
      育成が仕上がっていれば、感謝FESTIVALで流行無視で流行1スピアしても十分勝てる。休みかレッスンにあてるほうが安全。
  • 自身がDa特化
    • 流行1
      THE LEGENDの真乃が手ごわい。パーフェクト+excellentで12600程なので、安定して勝つにはこれを上回る火力が必要になる。
      Da500+2.5倍アピールで12000程度なので、上限突破済みか3倍以上のスキルがあるなら勝てる。
      無理そうなら感謝FESTIVALに行き、Daを殴って+5万を狙おう。
    • 流行2
      THE LEGENDでDaを殴る。
    • 流行3
      どちらに行っても良い。流行3TA+3割☆+他LAを狙うセオリー通りの戦いをするか、流行1Vior流行2Voのどちらかを集中。
      以前よりBADでLA調整が効かない分、感謝FESTIVALで流行1狙いのほうが勝率は高い。
  • 自身がVi特化
    • 流行1
      THE LEGENDでViを殴る。
    • 流行2
      THE LEGENDの咲耶が手ごわい。パーフェクト+excellentで12600程なので、安定して勝つにはこれを上回る火力が必要になる。
      Vi500+2.5倍アピールで12000程度なので、上限突破済みか3倍以上のスキルがあるなら勝てる。
      無理そうなら感謝FESTIVALに行き、Viを殴って+5万を狙おう。
    • 流行3
      感謝FESTIVALは真乃が流行3でexcellentを出し続けるので辛いが、流行1・流行2ともにスピア型がいないため殴り倒してTAを取りやすい。
      THE LEGENDは流行3TA+3割☆+他LAを狙うセオリー通りの戦いで行くか、咲耶に競り勝つ自信があるなら流行2のTA狙いのどちらか。
      BADでLA圏内調整などは出来ないので、よほどファン数が足りない状況でもない限り感謝FESTIVALの流行1を不一致で叩くか休みにあてるほうが安全。
 

WING準決勝~決勝 Edit

Aランクになったらあとは通常攻略とやることは変わらない。個別攻略を参考に。

 

その他 Edit

育成上のコツなど Edit

TrueEnd攻略に限らない育成のコツは育成の指針に記載されているため、併せて読んでおこう。

  • オーディションを受ける回数が多いため、メンタルはしっかりと確保しておきたい。シーズン4開始時点で300程度あればメンタル切れリタイアのリスクは大きく下げられる。

編成について Edit

編成ハードルはあまり高くない。無凸sSSRや強力な4凸sSRをLv50~60程度まで育てられていれば、十分勝機がある。

TrueEnd攻略に限らない編成のコツは育成の指針に記載されているため、併せて読んでおこう。

おすすめのガシャ恒常sSR Edit

  • その他、2凸バフが高倍率なものや特化マスタリーの高いもの

また、オーディションに割く割合が高いため、「オーディションマスタリー」を持つ【魔法の階段を上って……】風野灯織や、
不足しがちなSPを補える「マスタリ―SP」を持つ【放課後スノーガールズ!】小宮果穂なども有用。

プロデュースアイドルのスキルパネルと方針 Edit

プロデュースアイドルはそれぞれスキルパネルを持っており、状況に応じて活用していきたい。
基本的には無凸ライブスキル,4凸ライブスキルパネル,2凸パッシブスキル辺りに着目するとよい。

  • 無凸ライブスキルは「同名のスキル複数習得不可」制限に引っかからないため、属性ライブスキルの枚数を揃えるのに有用。2倍~2.5倍アピール以上の有用なものであれば活用していきたい。
    特にTrueEndを初めて目指すレベルでは、50SPでライブスキルが1つ多く取れるのは助かることも多いだろう。
  • 4凸ライブスキルパネルはpSRでも性能が優秀なものが多く、サポートアイドルの4凸ライブスキルより強力なことも多い。戦力面で利用できるならぜひ活用していきたい。習得に140SP必要なことには留意しよう。
  • 2凸パッシブスキルは、サポートアイドル同様、有用なものであれば習得できると役立つ。

一方、多くのカードのTrueEndの取得を目指す場合、プロデュースアイドルのスキルパネルに頼るのは難しい場合があり、またプロデュースアイドルごとに編成を組んでいくのも手間になる。
そのため、最終的にはPアイドルのパネルを完全に無視してサポートアイドルのスキルパネルだけで攻略することを目指すことが多い。
多めにSPが必要になり、強力なPアイドルのスキルパネルを使用できないため、ある程度サポートの手持ちが整ってきたら目指すとよいだろう。

 
 

コメント Edit

記事の内容に関する意見は、こちらにお願いします。
個別に相談をしたい場合は、質問掲示板に投稿をお願いします。

コメントはありません。 コメント/TrueEnd攻略?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 

 
©BANDAI NAMCO Entertinment Inc. ©BXD Inc.
当Wiki上で用いるゲーム画像の著作権、及びその他知的財産権は
当該サービスの提供元に帰属します。