【腹が減っては遊びはできぬ】芹沢あさひ

Last-modified: 2021-02-19 (金) 06:03:37

実装日
2019/08/21

サポートイベント

イベント名VoDaViメンタルSP
面白さのみで選ぶは……+20+10+15
波待ちの水面にて+10+30+10+15

ステータス

LvVoDaViメンタル
140704050
50(☆0)100175100125
55(☆1)106185106132
60(☆2)112196112140
65(☆3)118207118148
70(☆4)125218125156

スキルパネル

SP☆の数は解放に必要な特訓回数、E〇は〇番目のサポートイベントで解放、灰色はライブスキル
20Dance5%UP
[条件:あさひ]
[確率:10%]
[最大:1回]
30Dance5%UPダンスアピールⅢ
[条件:メンタル75%以上]
[確率:20%]
[最大:1回]
Dance2倍アピール
40Dance30%UP(☆2)Dance5%UP(E2)Dance15%UP(☆1)
[条件:DanceUPが付与されている場合]
[確率:30%]
[最大:1回]
[条件:あさひ]
[確率:30%]
[最大:2回]
[条件:Dance担当]
[確率:30%]
[最大:1回]
50腹が減っては遊びはできぬ(☆4)Dance上限UP(☆3)
Dance2.5倍アピール/
Dance7%UP[5ターン]/
Dance3%UP[10ターン]
Dance上限+50

所持スキル

ライブスキル

スキル名効果取得Lv
ダンスアピールⅢDance2倍アピール初期

サポートスキル

スキル名スキル効果取得Lv/スキルLv
15102030405055606570
アイドルの絆プロデュース開始時に絆+<Lv*5>1247
ダンスマスタリーDa一緒にダンスレッスンをするとDance+<Lv*1>1359
約束リカバー「約束」を守れなかった場合に<Lv*5>%の確率でテンションが下がらない13
おやすみブースト「休む」を選択時に<Lv*3>%の確率で体力回復量+101
体力サポートレッスンかお仕事を選択する時に<Lv*3>%の確率で体力消費量-30%13

アイデア

トーク

特徴

ストレイライトのガシャ産サポートの1枚目。

今までのどのタイプとも異なるストレイライトの独自さが見える固有アピールと金バフが特徴。サポートスキルはLv9と高水準なダンスマスタリーDaに、恒常sSRでは3人となる体力サポートとなかなかに優秀。
ただしsSRの体力サポートの効果は、sSSRに比べて低いことに注意。

 

その独自さが目立つ固有アピールは、低倍率の同属性バフを2つかけるという変則的なもの。これによって、バフを消して大火力を得るというストレイライトの欠点であった「初動の遅さ」を解消する役割が期待できる。金バフはDaバフが条件のため、能動的に抽選が狙えるのも美味しいところ。
継続の長いバフは他のアピールとも組み合わせやすい。WING攻略では思い出や他アイドルの2.5倍アピールと安定して合わせられるだろう。

 

総じてストレイライトのためにあると言っても過言ではない1枚であり、あまり使いやすいとは言い難かったストレイライトの特色を生かす活躍が期待できる。

ただし現在は同じあさひでDa特化のsSSRとして【あめ、ゆき、はれ】が恒常ガシャに登場しているため、細かい性能や入手難易度などの差はあれど、優先順位はsSR相応に落ち着いたと言える。

とはいえ、単純にDa特化のsSRとしても比較的使い勝手のいいカードではあるため、メロビ三峰などと合わせて、sSR主体でのTrueEnd狙いなどで十分採用の余地はあるだろう。

その他/小ネタ

背景になっているプールは、福島県のスパリゾートハワイアンズのウォーターパーク。

 

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 追加されたのが遅いからあんまり言われてないけど、初心者ミッションで4凸できるし体力サポートある分サンセット樹里にも負けてないと思う。金バフとる場合は条件満たせるかがネックだけど -- 2020-10-13 (火) 20:04:06
  • メロビとサンセットとこれがあれば誰でもTRUEいける -- 2021-02-19 (金) 06:03:37
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 

 
©BANDAI NAMCO Entertinment Inc. ©BXD Inc.
当Wiki上で用いるゲーム画像の著作権、及びその他知的財産権は
当該サービスの提供元に帰属します。