Infinite Nova Sorc

Last-modified: 2020-03-14 (土) 21:38:22

かつてVer1.09時代に隆盛を誇ったNovaを主力とするビルド。
Ver1.10でシナジーボーナス享受スキルが皆無という冷遇を受け、一度は絶滅したかに思われた。
しかし、追加された幾つかのルーンワードの力を得て遂に復活!

構想

至近距離からのNova超高速連打により敵を葬り去る。
Ver1.09当時との違いはマナ確保の仕方、必須の装備構成とそのコンセプト(スキルブースト優先→敵のレジ下げ、スキル威力向上ボーナス優先)など。

戦い方

 まずAct2傭兵にRW Insightを持たせてマナ供給源とします。
 ソーサレス自身は裏装備RW Call to ArmsBattle Ordersでライフ・マナを増強後、Telekinesisのフルシナジーを効かせたEnergy Shieldを展開。その後は武器を自ら装備したRW Infinityに切り替え、敵の懐に飛び込んでStatic Fieldを軽く混ぜつつNovaを連射し一気に葬り去ります。
 RW InfinityのLv12 Convictionのみならず、装備者の攻撃に限り有効な50%前後もの- Enemy Lightning Resistance効果が、表記上は頼りないNovaの威力を格段に危険なものにします。
 RW InsightRW Call to Armsの両者でマナの最大値と回復ペースを極端に増やしたためマナ切れの心配がほぼ不要、さらにEnergy Shieldによる防御が効いている限りはライフ回復もほぼ不要。無限(Infinite)にNovaを放出し続けられるようになり、回復作業、Pot拾い作業が不要となるため、事実上の殲滅速度は全ビルド中でもトップクラスです。

パーティプレイ

 Battle Ordersのレベル競合に注意すること以外は、ソロプレイでの立ち回りに準じます。
 RW InfinityConviction、傭兵に持たせたRW InsightMeditationのダブルオーラがパーティにもたらす恩恵は絶大です。

良い点

  • Novaのシナジーが無いためスキルポイントにはかなりの余裕があり、ハイブリッドからPvP向け雷完全特化までサブスキルの選択肢が非常に多い。
  • ほとんどのLIはConvictionにより剥がすことが可能。苦手な場所がほとんどない。
  • Griffon's Eye等の別途レジ下げ装備が必須ではない。RW Infinity自体にConvictionとは別に-45~55%もの雷レジ下げが備わっており、これだけでも十分な殺傷力を得られる。*1もちろん雷レジを下げればそれだけ与ダメが伸びるのでさらに楽になる。
  • 抜群の安定感。Lightning系スキルとは思えないほどNovaのダメージのばらつきが少なく、一度のけぞりが発生すれば吼え馬場並に一方的なハメ殺しが可能。
  • シナジー全開のEnergy Shieldと莫大なライフ・マナにより、毒以外の属性レジは軽視してもさほど危険ではない。

欠点

  • 遭遇確率は低いながらもLIを剥がせない敵からは逃げるしかないのは他の単属性ソサと同じ。
  • 必須装備が高価。少なくともRW Infinity(※Sorceress用の特注版)と、盾無しで接近戦をする&Nova高速連打に耐えられるようにするためRW Call to Armsが必須。
  • Mana Burnは最大の天敵。対策は敵のMODを確認するぐらいしかないため、常に即死の危険がつきまとう。
  • Venom Lord系のInferno、SoulsのLightningなどの強力な属性ダメージはEnergy Shieldを簡単に剥がすのでやはり即死の危険が。しかしレジストを稼ぐのは大変。
  • 毒とOpen WoundsにはEnergy Shieldは効果が無い。
  • 多pplで敵のライフが増えてNovaでのけぞらなくなってしまうと四方八方から殴られるので、とたんに戦いづらくなる。
  • FHRが稼ぎづらい。

スキル配分

20必須はNovaLightning MasteryTelekinesis(Energy Shieldへのシナジースキル)の3種のみとコンパクトです。

Lightning Spells

Fire Spells

Cold Spells



PvP仕様

Lightning Spells

Fire Spells

Cold Spells
え・・?冗談だろ?w

スキルオプション

PvP主体か、PvM主体かによって余剰スキルポイントの行き先は当然異なります。
PvPならば、Energy ShieldThunder Stormが候補となるでしょう。

PvM主体ならばFrozen Orbに20振り、残りをCold Masteryに注ぎ込むことで雷+氷のハイブリッド構成になるため、苦手エリアがほぼ無くなります。
Cold Masteryのレジ下げには、Lv12 Convictionの-85%が加算される前提で配分ポイントを調節してみるといい
でしょう。


PvP仕様
よくFrozen ArmorShiver Armorにポイントを割く人がいますが、もともとソサのdefなんて大したことありません。振ったところで、Chargerなどmelee系ビルドの20k超のARに太刀打ちできるわけがないです。
振っても確実に攻撃が命中します。
そんなところに振るくらいならmanaの回復量をあげたほうがいいでしょう。fhrが86%,ESが95%でmanaが3.5k超ならまず死にません。

ステータス配分

 ソーサレス自らが持つRW Infinityは殴りには使いません。そのため装備要求の緩やかなNormal Gradeで作り、STR・DEXへのポイント配分は少しでも抑えたいところ。
 両手武器の特性上ブロックは不可能で、またDef自体もさほど高くないため、攻撃をそれなりに食らうことを前提とした高ライフ、およびNova高速連打+Energy Shieldによるダメージ肩代わりを受け持てるだけの高マナは必須と言えます。ただし、「ライフ<マナ」の状態ではBlood Curseが飛んできて危険なので、最大値・実数ともに「ライフ>マナ」の水準は常にキープするように気をつけましょう。

  • Str: 装備の要求値(参考:Ormus' Robes…77、Upgraded Skin of the Vipermagi…84)
  • Dex: 装備の要求値(ベース武器がVoulgeかPoleaxeなら初期値でOK)
  • Vit: 残り全部(Battle Orders後にライフ>マナとなるように注意。2000前後確保できれば安定する)
  • Ene: 最終装備でBattle Orders後にマナ1300~1500位をキープできるまで



PvP仕様

  • Str: 装備の要求値 Sandstorm Trek合せ
  • Dex: イラネ
  • Vit: イラネ。ライフは装備で稼ぐもの。それでもどうしても欲しければBO込で1000の値まで。
  • Ene: 全部 目指すは大魔導士。

装備

重要なのはスキルブースト、詠唱速度、雷レジ下げ&雷スキル威力向上、十分なライフ・マナブーストの4点。
Energy Shield常時展開を基本とすることもあり、ESで軽減できない毒を除き、レジストは捨てても大差なかったりします。
FCRは最低でも9フレの63%、最終目標は8フレの105%。

装備例



PvP仕様装備
FCRが105、FHRが86をキープ出来る範囲内で!←超重要

装備オプション

Griffon's EyeOrmus' Robesには迷うことなく雷Rainbow Facetを。チャームはSor Torch、雷GCのLife付きをできるだけ。
残りはライフ・マナブーストに。


RW Call to ArmsBattle Ordersを前提にすると、ライフやマナの増強に役立つ各種ボーナスの中でも、BO後に受けられる恩恵に結構な差が付いてきます。
最も重視すべきは

+X to Life/Mana

で、これにはBOの増幅パーセンテージがそのまま掛かります。それらで基本値を十分に確保した上で

+X% Maximum Life/Mana

を稼ぐようにすると効果的です。逆に

+X to Vitality/Energy
+X to Life/Mana (Based on Character Level)

などは全ブースト計算が終了してから最後に上乗せされているようで、さほどに伸びが期待できません。

Energy ShieldはLv40の95% Absorbが限界ですが、通常ここまで伸ばすのはかなり厳しいものがあります。
ただ、これに焦点を合わせてES+3の杖でRW Memoryを発動すると、1本で+9もの膨大なブーストが得られるため、比較的容易に到達可能です。Enchantressが事前にEnchantブースト専用装備を着込む要領で使ってみると良いかもしれません。


PvP仕様
とにかくFHRが稼ぎづらい。ファセットよりShael Runeのほうがよかったりする。
レジはESが全てを吸収してくれるから切っても全く問題ないです。実感するでしょう。
装備の優先順位はmana>life>str>skill>resの順で。
目指すラインは、FCRが105、FHRが86、このラインが最低キープラインで、
マナは3kあると幸せです。目指すは4k。lifeも1200~1500あると全く仰け反らなくなります。
チャームなどで稼いでください。

片手武器の場合

Infinite nova sorc からは若干外れますが、更なる安定性を求めて、思い切ってRW Infinityを装備から外し、片手武器+盾(+兄貴にRW Infinity)という組み合わせを模索してみました。
武器はRW Crescent Moon、盾はお馴染みRW SpiritRW Crescent Moonで雷レジ下げ(-35 enemy lightning resistance)を、RW Spiritでskillブースト、FCR、多量のFHR、高マナブースト、レジ確保が狙えます。
一撃あたりの破壊力は自らInfinityを装備した場合に負けますが、安定性はなかなかいいです。
8PPLバールランのテレポ役、引率役でもまず死にません。
なお装備の柔軟性もこちらの方が優れているかと思います(Infinity装備だとFCR確保に結構気を使う…)。

その他

育成

まともに育て、且つ無駄のないステータス配分を目指すなら+5STR/DEX LCの大量確保が必要になります。
Lv65まではRW SpiritLidless Wallなどの軽量&スキルブースト装備で凌ぎましょう。
また、Frozen Orb付きレアオーブでも持っていれば、少なくともNightmareではそこそこ戦えます。
Arachnid Meshの装備できるLv80が真の覚醒の時と言えるでしょう。

傭兵

何はともあれAct2傭兵RW Insight、この組み合わせがなくては始まりません。
オーラは、常に最前線に立つという特性上、Prayerとの相性が抜群に優れています。
敵からの被弾を減らすため、Confuse投射兜*2を装備させたり、RW GloomDim Visionに期待してみると良い結果につながると思います。

注意点

DEXをチャームによるブーストに頼っての装備では、ReqDEX付きのポールアームは他人から見えません。*3
Voulge/Poleaxe以外の形状のポールアームを持ち、個性を主張してみたい人はその点にも留意してみてください。

参考:ポールアームの種類別 装備外観

また、このビルドは最前線で敵の攻撃をかなりの量浴びながら戦うというスタイルであるため、防具の耐久度消耗が他のビルドに比べ格段に激しく、RW Chains of HonorSuperiorのベースで作ると修理代が洒落になりません。*4ご注意下さい。

参考

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 手数の多い属性攻撃が計算の穴突いてるってのは間違いですよね。 -- 2011-06-23 (木) 15:52:19
  • PVP仕様追記 -- キャサリン? 2011-09-06 (火) 00:35:35
  • ハルバード持ちはなぜかキャラ選択場面でバウルジ持ってるようになってしまう。 -- 2016-01-30 (土) 01:26:36
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 仮に雷レジ低減率が最低の-45%であっても、ぎりぎり剥がせるLIである雷レジ115%の敵相手ならば、Infinity単独で115-17-45=53%まで低下させられるため。
*2 RW Delirium, RW Dream
*3 RingAmuletなど直接装備するアイテムでのブーストならばOK
*4 Durabilityを数pt消耗すると、費用が簡単に10万Goldを越えてしまう。