【からくりパーツ】

Last-modified: 2022-06-27 (月) 19:35:53

DQ7

重要アイテムの一種。【からくり兵】の重要なパーツ。
高度な技術の結集によるものだが、作ったのは古代のからくり技師らしい。
現代の【フォロッド地方】でのイベントで、動けなくなった【エリー】を修理するために必要となる。
【フォーリッシュ】のとあるタルの下に隠されており、詳しい場所は【アルマン】の孫娘が教えてくれる。
「古代」というのが具体的にいつなのかは語られていない。
実際、過去フォロッドを襲ったからくり兵もフォロッド領内にあった【からくり兵団拠点】で生産されていた訳ではなかったらしく、いつどこで作られたものなのか不明。
いずれにせよ、からくり兵襲撃の時代のものであったにしても数百年単位の昔なので、そこまで古いパーツが現代でもちゃんと動くというのだから、古代のからくり技師とやらの技術力の高さは相当なものだったのだろう。

DQB

3章に登場する素材アイテム。
【超げきとつマシン】を作るのに必要な【マシンパーツ】の材料となる。

敵からのドロップやクラフトでは入手できず、旅のとびら・赤をくぐった先にある魔物の城において、敵を全滅させることで入手できる。
城自体は旅のとびらを手に入れた直後から訪れることができるが、出現する敵は【メタルハンター】【キラーマシン】が複数体とかなり手強い。
順当にストーリーを進めれば最終盤で【アメルダ】から入手を依頼されるため、焦らず装備や仲間が整ってからの攻略がおすすめ。

強い武器・防具を装備して直接乗り込むのもいいし、城の壁は【大砲】【まほうの大砲】で破壊できるため、これらを使い城の外から距離をとって戦うのもひとつの手。
また、旅のとびら・赤を入手した時点で【火をふく石像】を入手できるので、キラーマシンがブロックを破壊できないことを利用して、壁を作りつつ火をふく石像でじわじわダメージを与えれば、時間はかかるが装備が整っていなくても攻略できる。
スマホ版に至っては、遠隔設置できる関係で、敵に気付かれないまま火をふく石像を設置して倒すことすらできてしまう。
まさにビルダーらしい戦い方と言えるだろう。
……もっともそこまでしても、ストーリーで出番が来るまでは倉庫のこやしになるだけだが。

【フリービルドモード】では、三の島の氷河地帯にいる【アイスハンド】を倒せば入手できる。