【メルキドガーデン】

Last-modified: 2020-03-01 (日) 12:36:07

DQB Edit

かつて【メルキド】にあったとされる、水の流れる室内庭園。部屋レシピの一種。恐らく、DQ1や3本編で街の中心にあったあの庭園の事だろう。
必要な素材は【ベンチ】【花】10個、【草】5個、【水ブロック】8個、【ブナの木】【かがり火】
スコアは3,000点と非常に高く、時間ごとのHP回復量が2上がる。
 
1章では「メルキドガーデン」を完成させるというチャレンジ項目がある。
住人からヒントは貰えるものの、1章では【水わく青石】が無いので遠くの水場から町まで水を引いてこなければいけないので、自力で思いつくのは難度が高い。
さらに、1章の拠点は標高が高く、拠点内に作るには地下庭園のようなかたちにしなければならない。
しかし、拠点内に作成することにこだわらなければ、近くにブナの木が生えている水辺に必要な物を置けば多少難度は低くなる。
ちなみに原作同様に街の中心に作ろうとするときぼうのはたのある台が非常に邪魔になる上、水場の確保が更に困難。
 
「メルキド」ガーデンという名前ではあるが、2章のリムルダールや終章のラダトームのほうがはるかに作りやすい。
なお、3章はブナの木が存在しないためこの部屋の作成は不可能。
水場の確保と素材さえ知っていればHP回復量が2上がる部屋では一番作りやすい。
回復量アップは一見地味なようだが、探索中は意外と馬鹿にならない効果になるのでスコア稼ぎのためにも素材が揃ったら作っておきたい。
1章と終章では回復アイテムの効果も上がる【森の庭園】との兼ね合いが悩ましい。いっそ多層構造にして場所を確保するなどして両方作ってしまえば済む話ではあるが。
2章では【薬局】【超薬研究所】)の存在がある為、これ一部屋で済む。ただし、かがり火は作れないので、どこかから調達してくる必要がある。

DQB2 Edit

本作でも部屋レシピの1つとして登場するが、必要なレシピが大きく変わっている。
必要なものは高級ベンチ1個、【しんぴの花】5個、【花咲くしげみ】3個、【桜の木】1個、きれいな水8個、【木のはし】1個である。

庭園の一種であり、ビルダーハンマーは必須とは言わないが花咲くしげみが必要なのであった方が良い。

前作では水源の高さが決まっていたことから拠点に作ろうとすると苦労させられたが、本作では水源の高さについては自由に決められるので場所は自由に選べる。

自力発見するのはかなり難しいと思われる部屋レシピだが、アップデート以降は【からっぽ島】【ドルトン】と会話することでこの部屋レシピを教えてもらうことが出来る。古代の書物を読んでこの部屋レシピを知ったそうだが、やはり前作の【ロロンド】との関係性故だろうか。もっとも、花咲くしげみが必要となるため、作成難易度はかなり高い方。