Top > 【ゆうれいせんちょう】


【ゆうれいせんちょう】

Last-modified: 2019-03-17 (日) 14:57:46

概要 Edit

海上に出没するモンスター。【キャプテンクック】の下位種。
名前からすると幽霊となった海賊の船長なのだが、
その割に身体のほとんどが機械化されており、本当に幽霊なのか怪しい。
というか、初出のSFC版DQ5の公式ガイドブックには「魔族に魂を売った海の男」と書かれていたり、【ドラゴンクエスト モンスターズ】では、海賊の船長が自分の影武者として作らせた機械人形とされ、ゾンビ系ではなく【メガボーグ】と同じサイボーグの頁で紹介されているなど、設定が一定しない。
さらに、モンスターズシリーズでは普通にゾンビ系として登場する。
彼をゾンビ系とする資料では、その名のとおり大海賊が幽霊となった姿とされる。
まあ、この手の設定のブレはシリーズではよくあることなので気にしないでおこう。
 
また、【蒼天のソウラ】 ではジャングという幽霊海賊船長が登場する。ゾンビ化の術が切れかけており、機械化でそれを補っている。

DQ5 Edit

青年期前半の海にのみ登場する。
戦闘では通常攻撃のほかに、手下である【シードッグ】どもを呼びつけることがある。
ただでさえ出現数の多いシードックを更に増やされると鬱陶しいので、出現したら優先的に倒すようにしよう。
ちなみに、【デッドエンペラー】などと同様にプライドが高いらしく、
SFC版とPS2版では同種での2匹以上のグループは組まない。
DS版では仕様が変更され同種でもグループを組むようになったので、グループ攻撃で倒しやすくなった。
また、「幽霊」というわりにニフラムは効かず、更にゾンビ系でもない。本当に幽霊なんだろうか。
上述の通り、公式ガイドブックには幽霊とは一言も書かれていない。
なお、出現するのは青年期前半のみなので、【モンスターボックス】のコンプリートを目指す人は倒すのを忘れないようにしよう。
出現率自体はそこそこ高いが、時期限定であることからレア12種などと呼ぶプレイヤーもいる。
落とすアイテムは【シルクハット】

DQM2 Edit

ゾンビ系のモンスターとして登場。
海の世界の幽霊船のボスであり、【ボーンプリズナー】2体をお供に登場する。
通常攻撃とすいりゅうぎりを使ううえお供のイオが鬱陶しいが、スクルトとベホイミさえあれば負けないだろう。
勝つとお宝・月の石を遺して消滅する。
なおPS版ではお供を連れていない。なのでスクルトを使用しつつ適当にやくそうを使っていけば、苦戦することはないだろう。
配合ではボーンプリズナー×水系の他、【ナイトウイプス】×【おおうつぼ】なる配合で生まれたりもする。
原理はよく分からないが、配合先が少ないのに山ほど出てくる大うつぼの使い道があるのはありがたい。
育ててみるとかなり鈍足。義足が合っていないのだろうか?

DQMJ2,DQMJ2P Edit

ゾンビ系のBランクとして登場。常に全身をブラブラさせている。
なんとなく似たような存在の【キャプテン・クロウ】絡みのイベントで登場する。
仲間としては、野生では登場しないものの、【エビルスピリッツ】に適当な低ランクモンスターを配合すれば簡単に生み出せる。
【じごく】のスキルを持つため、マダンテをぶっぱなすことも可能。
ひん死で会心、ダウンブレイク、麻痺攻撃の特性を持つ。

テリワン3D Edit

野生では出現しないが、前作と同様、普通に位階配合で作れる。
また、【ゆうれい船】のモーションでもこいつが出てくる。
 
特性は【スタンダードボディ】【ひんしでかいしん】【パラメータブレイク】
+25で【ギャンブルカウンター】、+50で【プレッシャー】
スキルは「じごく」。

イルルカ Edit

引き続きゾンビ系Bランク。地味にレア度が上がり配合では生まれなくなってしまったが、金、銀のタマゴ孵化、錬金カギの世界or【すれちがい通信】でスカウトのいずれかで入手可能。

【新生配合】【根に持つタイプ】【メガボディ】化で【AI1~3回行動】【ギガボディ】化で【ドルマ系のコツ】を習得。
 
水の世界のボスのコイツはAI2回行動と全ガードブレイクの特性を持つ。
その特性を生かして属性剣技で弱点を突きまくってくるのだからたまらない。
メラミなどでさっさと火葬してあげよう。