【邪悪な箱】

Last-modified: 2020-10-08 (木) 07:59:12

トルネコ2

本作の【ラスボス】
血管の様な模様が表面にある一つ目の箱という容姿をしている。
一くくりに「ラスボス」と言っても、後に数々のダンジョンが控えているので、こいつを倒してからが本番と言って良い様なものだが。
攻略本によると分類は「特殊系」。現在の【????系】だろうか?
 
【しあわせの箱】と対を成す存在で、数々の災厄を生み出す迷惑な箱。立ち位置が【パンドラボックス】に似ている。
「しあわせの箱が生まれた事」は同時に「邪悪な箱も生まれた事」を意味しており、
半年前に【トルネコ】がしあわせの箱を【不思議のダンジョン】から取ってきてから、その半年後に活動が活発化して、各地を【ダンジョン】化させてきた。
【デスタムーア】【冥王ネルゲル】同様、パッケージイラストにその姿が描かれているラスボスでもある。
 
【不思議のダンジョン】27Fにて【戦闘】になる。
邪悪な箱の厄介な点は「ダメージを受けると新たにモンスターをその場に3匹生み出して自身はワープする」という特性。
中でも【ドラゴン】【おおめだま】【爆弾岩】は邪悪な箱討伐の3大障害とも言えるモンスターで、
【聖域の巻物】の上でもお構い無しに炎を吐く混乱させる自爆すると迷惑極まりない。
数が多い事も相俟って、邪悪な箱本体よりもよっぽど手強いだろう。
 
また邪悪な箱自身も倍速1回攻撃な上に、ドラゴンの2倍以上の攻撃力を持っているので非常に手強い。
更に【地雷】【火薬壺】・ドラゴンの炎・【火炎草】等の【炎系】の攻撃を受けると、ボスのくせに分裂する。
更に邪悪な箱には【杖】が一切効かないので、【モノカの杖】による一撃必殺も狙えず、真正面から正攻法で戦うしか手が存在しない。
但し巻物と草は無効にされないので、【はりつけの巻物】【ルカナンの巻物】等の【巻物】も有効。
【聖域の巻物】に乗っていれば邪悪な箱は攻撃してこなくなるので、爆弾岩の自爆やドラゴンの炎にさえ注意すれば安全に戦える。
邪悪な箱を分裂させてしまっても、複数いる邪悪な箱のどれか1体を倒せば他のモンスターが消滅するので諦めない様に。
 
【公式ガイドブック】の攻略法は「【混乱よけの指輪】でおおめだまのにらみつけを防ぎながら【はりつけの巻物】で動きを止めて正々堂々と戦う」となっている。
ご尤もと言えばご尤もだろう。
その中で注意点として最後の方に「盾に絶対に【やいばの盾】を合成しない事」とも書かれている。
これは「邪悪な箱の攻撃 → 跳ね返りで微妙な小ダメージ → 新たにモンスターを4匹生み出してワープして逃げる」という最悪な【無限ループ】が発生するのを防ぐ為である。
鍛えた武器で一気に大ダメージを与えて倒すのが得策。装備の鍛え方がそのまま勝敗に関わってくると言える戦いだろう。
 
なお、【試練の館】16~20Fにはこいつが普通に出現する。
かなり手強いが、こちらが強ければ通路で叩いて経験値稼ぎにも使える。
試練の館で出現する個体は稀にラスボス時と同じく距離を取る事がある。
ちなみにダメージを受けると流血してグロい。
 
後作のラスボス【ヘルジャスティス】同様、未だ他作品での出演は無い。
少年ヤンガスの【インヘーラー】はモンスターズに何度か再登場しているのだが……。