Top > マスター作成:TYPEⅢ


マスター作成:TYPEⅢ

Last-modified: 2017-12-05 (火) 19:27:32
 

マスターとは

聖杯戦争に(理由はどうあれ)参加することになった、サーヴァントを従える資格を有した参加者のこと。基本的に魔術師であることが多いが、それ以外の場合もある。
サーヴァントはマスターから魔力を供給されることで存続できる。
ここではそのマスターを作成する手順を示す。

用語説明
◆マスターの宝具
マスターは宝具を発動する際、宝具カウンターを消費せずに宝具を発動できる。ただし、その代わりにマスターは宝具の使用回数に制限がある。
合計宝具カウンターが4以下の宝具は1シーンに1回、合計宝具カウンターが5以上の宝具は1シナリオ1回だけしか使用できない。
宝具カウンタースキルを取得し、自身の宝具の合計宝具カウンターを消費できる場合のみ、シーン2回、シナリオ2回以上使用しても良い。その場合、シーン2回目、シナリオ2回目の使用以降からカウンターを消費すること。
 
◆ステータス看破
マスターは遭遇したサーヴァントの真名とスキル以外のステータスを看破できる。
マスターに視認(GM判断)されたサーヴァントは、【クラス】、【属性】、【英霊属性】、【性別】、【最大HP】と現在の【HP】、【ラック】、【ラック発動力】、【魔力の器】、現在チャージされている【宝具カウンター】、【能力値】の情報を開示すること。
◆遭遇フェイズの参照
マスターは全ての遭遇フェイズを参照、観戦することが出来る。方法は魔術的な使い魔やカメラなど、様々な手段を用いる事が出来るため問わない。また、GMはこの参照についてはTYPEⅠの使い魔の様に自由に改変しても良い。

マスター作成の手順

マスター作成の手順は、次の番号の通りとなる。

 
  1. マスタースキル、宝具スキルの決定
  2. 最大HPの決定
  3. ラック・ラック発動力の決定
  4. 属性の決定
  5. 願い事の作成
  6. オープニング・バッドエンド・グッドエンドの作成
  7. プロフィールの決定
 

以下に詳しい手順を記述する。

 
マスター作成手順の詳細

マスターテンプレート

  • マスター
  • マスター基本能力:15
    【筋力】D(3)
    【耐久】E(2)
    【敏捷】D(3)
    【魔力】D(3)
    【幸運】D(4)
  • マスタースキル
    【個性】 … 任意のステータスに+1するか、クリティカルとファンブルの修正点数に+1のボーナスを得る。
    【秩序】 … あなたの性格属性が【秩序】の場合のみ効果が発揮される。【混沌】属性を持たないあなたのサーヴァントの【耐久】【幸運】以外の任意の【能力値】ひとつを+1する。
    【混沌】 … あなたの性格属性が【混沌】の場合のみ効果を発揮される。【秩序】属性を持たないあなたのサーヴァントの【魔力の器】+4。
  • 保有スキルスロット:20

Ex:マスターキャラシート

【名前】
【性別】
【属性】
【願い事】
【容姿】
【最大HP】(耐久×5+筋力+魔力+敏捷)
【ラック】
【ラック発動力】
【魔力の器】(魔力×2)
【令呪】3/3
【現在地】
【筋力】D(3)
【耐久】E(2)
【敏捷】D(3)
【魔力】D(3)
【幸運】D(4)

【スキルスロット】
【宝具スキルスロット】

  • マスタースキル

【スキル名】…(スキルの解説)

  • 宝具

【複数所持】(取得数)/(合計スロット)
【宝具】(宝具の系統)
(宝具名)/(合計カウンター)
【宝具スキル】… (スキル説明)

【プロフィール】

【オープニング】

【バッドエンド】

【グッドエンド】

▼サンプルマスター

全てEVERNOTE
それぞれのマスターに固有の設定がついているが、これは『この様に記述する例』として記述されているだけなので、データに準拠する必要は無い。

▼オリジナル
https://www.evernote.com/shard/s392/sh/d24c431e-d9e7-41ac-b9e4-3cfb065ab34f/bddfdafd9a89addc54df34767fab47ed

▼第五次(stay night)
https://www.evernote.com/shard/s392/sh/aa443de2-ccdf-4352-857a-32f9bbb82de1/a3973571981e28cff42e62ab7c113629