Top > モンスター > 【アサルトドアー】


モンスター/【アサルトドアー】

Last-modified: 2018-07-25 (水) 22:19:19

FF4 Edit

封印の洞窟にて登場、ドアを調べると襲い掛かってくるドア型の罠モンスター。
ちなみに封印の洞窟の大半のドアが罠である。
1ターン目にターゲッティングで狙いをつけ、次のターンで9ディメンジョンを使ってくる。
ある程度HPが減ると、ドアの中からそこそこ強力なモンスターを呼びだし消える。
9ディメンジョンを食らうと問答無用で即死するが、この技はリフレクで反射できるので、
それを用いることでアサルトドアーを瞬殺できる。

  • リフレクが間に合った試しが無いんだけど…
  • 基本的に即死攻撃はボスフラグによって遮断される。
    だが9ディメンジョンは「ボスフラグ貫通の即死攻撃」なので
    ボスフラグでは防げず、普通の即死耐性があれば防げるのだが、
    「ボスフラグあり・普通の即死耐性なし」なので、有効というわけである。
  • アサルトドアーからモンスターが出てくるのアサルトドアーのHPが700未満になった時にターンが回ってきた時の行動。ドアの中からモンスターを出されたくない時は、HPが減ってきたら一気に強力な攻撃をぶち込んでゴリ押すなどした方がよい。
  • セシル、カイン、エッジ(約lv29)で6、7回攻撃→リディア(約lv.29)のタイタン召喚で倒せる。

呼び出すモンスターよりもアサルトドアーの方が経験値が高いので、なるべくならそのまま倒したい。
ターゲッティングを受けたのがカインだと、ジャンプで回避できてちょっと得した気分。

  • と思ったら、真ん中にいたセシルがとばっちりを受けましたとさ。
  • 隠れても同じよ。バイバイリディア。
  • カインにターゲッティングされて、直後にジャンプしたら9ディメンション誰にも当たらなかったよ(E4版GBA)。

こいつのせいでダンジョンのドアを開けるのが異常に怖くなる。

  • しかも必死こいて進んで最後に出てくるのはである。
    仮に奴を突破しても、出口付近でアレ。こいつを必死で突破した意味はに楽をさせただけである。
  • 「死体」特性を持つらしく、ラグナロクならカンストダメージで秒殺できる。
    マップが分っているのなら扉を開けるのは最小限にして、アイテム回収などは上記入手後に改めて潜れば楽。

SFC版のアサルトドアーはかなり素早く、リフレクを使うより先に9ディメンジョンが飛んでくる。
こいつ自身はダメージ攻撃を行わないため、フェニックスの尾を使うと割り切れば特に脅威ではない。
(HPの回復にMPやアイテムを使わされるが)
幸い、FF4のフェニックスの尾は100ギルと激安。
倒しきれなかった場合に召喚されるイエロードラゴンキマイラブレインにはストップが効く。

  • アクティブ、バトルスピード3でやったら間に合ったよ。
  • イエロードラゴンを召喚するのは、クリスタルルームに入るところにでてくるやつ。それ以外はキマイラブレインを召喚する。
  • イージータイプでは、初手を回避するのは難しいが、3ターン目には何もしないため、その合間に対策ができるようになった。
    また、経験値は、アサルトドアーよりキマイラブレインの方が多くもらえる。
  • ターゲッティングされたキャラクターが9ディメンジョンで死亡するタイミングを見計らって
    行動可能なキャラにフェニックスの尾を使わせるようにすると、果断なくキャラが死んでいくのを防げる。
    その分、回復に時間を取られて長期戦になり易いが、根気よくやっていけリフレクを覚えていなくても倒せる。

セシル一人旅をしている場合、5000のHPを短時間で削りきるか、
奥義の書でバハムートを呼ぶかしないといけないので最大の障壁となる。

  • むしろ光のカーテンで瞬殺するのが順当。ラミアマザーラミアが落とす。確率も奥義の書より高い。
    「奥義の書」戦法は、某有名やり込みプレイヤーの発案「してしまった」涙無くては語れない戦法である。
    1/1092のレアアイテムを……三つも。
    • SFC版ですが、Lv99+アヴェンジャーで簡単に倒せました。
      • そこまでレベルを上げたら縛りプレイにならないのでは……。

なお、ダンジョンの造りが似ている磁力の洞窟に出現したと言う報告例がある。
当然出るはずはないのだが、何らかのバグかもしれない。

  • SFC版初期ロットにはこのバグがある(初期ロットに限らないかも知れないが)。
    発生はアイテムドロップ最凶確率の1/1092以下なのは確実で、検証してみようという方は頑張って下さい。(一度これがあり、為す術なく全滅→以降まったく出現せずでした)
  • 実際に本当にバグとしてあるのかもしれないが、少なくとも現在に至るまで信用に値するソースが確認できない。
    勝手な推測だが、その磁力の洞窟とマップの作りが似ているので、記憶がごっちゃになっている可能性もあるだろう。

モデルのイラストは、いくつもの武器が刺さっている。

  • グラフィックも眉間に槍が刺さったようなデザイン。
    ドアに擬態している時は、刺さった槍も隠しているのか。
    • 槍を突き立てられ本性を現したという解釈はいかがだろう。
    • 槍が刺さったままドアに擬態してても何の問題もないのでは…。
      バックアタックするわけでもないし、映画やTRPGなら何の変哲もないドアに不自然に武器が刺さってたり周囲の壁に比べドアだけが異様に傷ついてるのを見せて存在を予感させたりしそう。

講談社の児童誌「コミックボンボン」が募集していた、某カードゲームのモンスターデザインコンテストに、
そのままズバリ「アサルトドアー」というキャラが投稿されていたことがあった。
外見も完全にこいつ。つまり完璧パクリ。
カード化はされなかったが、「惜しかったで賞」みたいな感じで掲載されていたので、
編集側は気付けなかったのだろう…

  • 実はそのカードゲームのデザインコンテスト、他にもFFのモンスターがいくつか投稿されていた。
    • ボンボンなら年齢層的にも「好きなゲームのモンスターを描きました」な投稿があってもおかしくなさそうだから、FF以外にもありそう。

SFC版での64階層バグでヤンをつれ回してもかなりきついため闇のクリスタルバグで飛ばしたいところだ。

  • というか、ヤンがいてもひたすら殴る以外の仕事がない(スピード勝負になるので「ためる」は相性が悪い)ため、むしろ素早さの高いエッジ・アヴェンジャーを扱えるカインの方がこいつ相手には有用である。

ステータス画面を開閉した時と、通常敵とのエンカウント時及び戦闘終了時に、
こいつの擬態した扉が一瞬だけ開いて閉じるという演出が入る。

FF4(DS版) Edit

普通に進めると、ローザがリフレクを覚えるのはバブイルの塔を脱出したあたり。
ゲームバランスにぴったり。(ゲーム上、こっちが正規ルートなので。先に幻界へ行くと寄り道を指摘される)
キマイラブレインにはブレイクも効く。
DS版ではリフレクが余裕で間に合うので楽勝。DS版で弱体化した数少ないモンスターである。

  • DS版では幻獣の街で光のカーテンが買えるので、リフレクを覚えてなかったり1人旅だったりする場合は活用したい。
    • オーディンも有効だが、発動が遅いのがネック。使うならはやくちも併用で。
      尚、デスでは碌に命中しないので不向き。

DS版では9ディメンジョンは即死耐性のある防具で無効化可能。
イージスの盾を装備したセシルに「ひきつける」を付けておけば何もしてこないも同然。
後は他のモンスターを呼ばれる前に煮るなり焼くなり好きにすれば良い。

  • パラディン最弱の「光の盾」にも即死耐性がある。
    イージスの盾はまだ持っていない可能性もあるので、その場合はこっち。

DS版では行動が遅くなった分HPが高め。召喚するのも遅いのでそのまま倒せることがしばしば。
カインがターゲッティングされた後ジャンプすると他のキャラに9ディメンションを使う。ずるいぞ。
イエロードラゴンを召喚されると全滅の危険があるので絶対に召喚されないように。


DS版で唯一「デス」が有効で「ブレイク」が無効のモンスター。


召喚した場合は本体が消えてしまい、「倒す」ことができなくなる(図鑑に記録されない)。
たくさんいるので倒し損ねる事は無いとは思うが、討伐数にこだわるなら注意。ちなみに15匹いる。

  • 私のプレイでは、なぜか一度も召喚しなかった。

FF4(携帯版) Edit

クリスタルルームへの扉が何故かアサルトドアーではなくなっている。
携帯版の低レベルプレイの経験値配分における、
重要な変更点の一つ。

Interlude Edit

ポロムがいるのだが、リフレクを覚えていないので毎度誰かが戦闘不能になってしまう。

  • 一応ポロムのレベルを44まで上げることでちゃんとリフレクを習得でき、反射戦法で葬れる。
    最も、そこまで上げるためには味方を間引いてもそこそこ時間がかかるのだが。
    そしてそんなことするなら普通に攻略した方が早い。

こいつが呼び出すキマイラブレイン、ブラックプリン、イエロードラゴンはいずれもこの時しか戦うことができない。
そのため、何も考えずにこいつを一気に倒してしまうとモンスター図鑑の完成に支障が出る。
こいつそのものも一度敵を召喚させる前に倒す必要があるのだが。

FF4TA Edit

続編でも封印の洞窟に登場。
リディア編では前作よりも貧弱なパーティーで相手をするため、こいつとの戦闘はとても大変。
白魔法使いがいないので、リフレク作戦が使えないのも厳しい。
フェニックスの尾の買い溜めは必須である。
 
ただし実は、呼び出すモンスターが非常に弱くなっている。
無理にドアのまま倒そうとはしないほうが無難かもしれない。

  • リディア編チャレンジダンジョンにも出現する。奥に進むのに何体か倒す必要があるので面倒くさい。
    が、リディアがバイオを使えれば、バイオ+ルカのたたかうで瞬殺できるのでさほど苦労はしないだろう。
  • チャレンジダンジョンの最奥に行くまで、最低8体倒さなければならない。
    楽に倒せる分マシだが、凄まじく鬱陶しく感じるようになる。
  • ストップも有効。リディアにも鞭を装備させてひたすら殴れ。
    一階ごとにセーブポイントがあるのでMP消費もそこまで気にしないでいい。
  • レベルが上がり、ルカが大地のハンマーを手に入れてる状態だと、もはやハンマーと鞭を振るうだけで最後まで辿り着ける。特に下弦の月の場合はリディアの魔法ゼロでも楽勝。

理由はよくわからないが、9ディメンジョンが普通にミスしたりする。

  • 今回は前作と違ってリディア編という序盤のシナリオで来る事になるから
    それなりにアサルトドアーも弱体化してあるんだろう。
    • 天使の洋服を装備していないか?
      即死耐性がある。
    • 単純に少しレベル上げるだけでルカですら余裕で回避できることを考えると、弱体化で間違いないと思う。

ストップが効いたり、出てくるゴブリンキャップの方が経験値が高かったり、かなり弱まっている。

FFT Edit

儲け話に登場。
扉に乗り移るという性質があり、ミニマム伯爵の家の豪華な扉に乗り移っていた。


似たようなモンスターに、洞窟の入り口に乗り移るアサルトケイブというのもいる。