モンスター/【デバウアー】

Last-modified: 2020-08-25 (火) 15:22:34

Devour(動): むさぼり食う.


FF5

第二世界でグロシアーナ大陸の沼地に生息する巨大なイカ。
陸地で生息でき、雷属性吸収という驚異の進化を遂げているが、地形底なし沼が出れば簡単に倒せる。
得意技は10本足
沼地にしか出現しない。
また、グロシアーナ大陸の沼地にはデバウアーを含むモンスターパーティしか出現しない。
たたかう、10ぽんあし、ねんえきを使用する。

FF6

世界崩壊前のサマサの村周辺(大三角島)に出現。
5のものより小型化し、どちらかといえば『緑の縞模様の白い殻のついた赤色のタコ』のような見た目をしている。
イプルクラップルの色違い。
通常攻撃の他、通常の1.5倍威力の「」とたこあしが得意技。
HPが420と低いが常時プロテス状態なので、弱点の雷属性で攻撃していこう。
因みに、イプルクラップルと違い水属性は吸収しないが、炎属性が弱点になってもいない。
状態異常はカッパ・即死・混乱・死の宣告に耐性あり。

  • 操る」と、通常は使用しない筈のストップが使用可能。
  • 常時プロテスは殻の防御効果の反映だろう。
    イプルクラップルなどと違い、暗闇効果を与えてくる手段を持たないのは意外。

通常枠でハイポーション、レア枠で万能薬が盗めるので、実入りは中々。

FFL