地名・地形/【海底洞窟】

Last-modified: 2020-10-02 (金) 10:52:03

FF3

地上世界の南東に位置する小さな島の海底ある洞窟。BGMは海底神殿
この洞窟の存在は、「三角の形をした島の海底に、宝がどっさりある洞窟がある」
というレプリトに住む老人の言葉から知る事ができる。
その言葉の通り19もの宝箱が存在し、強力な武器・防具が手に入る。
出現する敵は攻撃力が高いが、雷属性が弱点なのでサンダラ光の棒で攻撃していけば楽である。
最下層の隠し通路の先にある4つの宝箱にはモンスターが潜んでいるので注意が必要。
増殖モンスターイーター分裂モンスターデスクローが出現する他
ドラゴンゾンビぺリュトンは、この時点ではかなりの強敵なので万全の体制で臨もう。

  • FC版ではエンカウントする6種の内、雷属性が弱手なのは海の魔女殺人やどかりのみ。
    とは言え通常攻撃する敵しかいないので、どの道さほど苦労することはない。
  • 普段は自爆が怖い風水師がここでは大活躍できる。
    海底でも神殿内でもちけいで発動するのがうずしお固定で単純に威力の高い全体攻撃であり、
    成功率も高くまず自爆しない。
    水中における風水師は、超ローリスクでハイリターンのインチキ戦力となる。
    サロニア城大地のベル大地の衣が入手できるのは、「ここで使ってみて」ということかもしれない。

強力なアイテムも魅力的だが、モンスターからの獲得経験値もなかなかに高め。
バハムートの洞窟までの繋ぎの修行場としては優秀すぎるほど。
時の神殿で苦戦するならここで鍛えよう。


拾える武器・防具の種類が多く、そのどれもが段違いの能力を持っているので、
FC版・DS版問わずノーチラスが潜水できるようになったら速攻で来たい場所。

FC版ではレベルが足りない場合ボッコボコにされる危険性があるので注意も必要だが。


「海底洞窟」っていうより「海底宝物庫」。

  • その名前だと銀色の某機械兵が出てきちゃうでしょ…。
    • 紫色の甲冑守護戦士も一緒にね。

FF5

第二世界ではカトブレパスのいる森に、第三世界ではイストリーの滝に行くための通路の公式ガイドでの名称。
ゲーム中は名前がない(メニューの表示はかいてい)。


一本道で宝もない上記2か所に行くための抜け道といった場所だがここに出てくるアイアンドレスドルイドは入れるようになる時期はそこそこの強敵。

CCFF7

各ミッション系列にたいてい一度は出てくる場所。
薄暗く、水上に入り組んだ道が突出した感じのマップで、いわゆる洞道のほうは真っ暗で進入できない。
BGMは辺境の行軍

FFL

ブルトガング大陸の海底にある洞窟。
帝国の攻撃でルゲイエの船が沈められ、空気の水を使って海底に避難したソール達はこの洞窟に入った。
出口はブルトガング城の泉と繋がっており、再度入りたい時はここが出入り口となる。
ちなみに洞窟内には回復の壺があるが、この壺に隣接した状態でエンカウントした場合、
戦闘終了後にそこを動かず壺を調べて回復するとフリーズするというバグがあったが、
いつの間にか修正された模様。