スーパーきかんしゃジェームス

Last-modified: 2022-12-28 (水) 14:04:57

『タッダダダ~!恐怖よサラバ!レールロケット!華麗に参上!』
スーパーきかんしゃジェームス

日本版タイトルスーパーきかんしゃジェームス
英米版タイトルJames the Super Engine
脚本デヴィッド・ストーテン
監督・ディアンナ・バッソ
放送日・2020年6月28日(ギリシャ)
・2020年6月30日(オーストラリア)
・2020年9月1日(米国)
・2020年9月16日(英国)
・2020年11月9日(ポーランド)
・2020年11月22日(カナダ)
・2020年12月10日 (メキシコ)
・2021年11月28日 (日本)
日本話数第569話
第11話(シーズン内)
英国話数第566話
第8話(シーズン内)
この話の主役ジェームス
シーズン第24シーズン
登場キャラクターAジェームスパーシーニアレベッカソルティーロッキー
(ナレーターと振り返りセグメントのみ:トーマス
(振り返りセグメントのみ:アニークララベル
登場キャラクターBエミリーケイトリン (振り返り映像のみ)
登場キャラクターCトーマスゴードンロージーコナークランキーカーリービッグ・ミッキー
登場キャラクターD無し
登場人物Aマロン駅の作業員スティーブン・ハットブリジット・ハット緑色の服の少年眼鏡をかけた学生服の女の子学生服を着た黒人の男の子ピンク色の服の女の子
登場人物B
登場人物Cウィリーアルバートの奥様先生双眼鏡の男性灰色のスーツの男性黄土色の服の女性茶色いハンチング帽の男性山高帽を被った黒人男性ジェームスの機関士ジェームスの機関助手パーシーの機関士パーシーの機関助手レベッカの機関士?ヴィカーズタウン駅長ヴィカーズタウン駅の作業員マロン駅長洗車場の作業員ティッドマス機関庫の転車台の操縦士
(振り返り映像のみ:エミリーの機関士
登場人物D警察官消防士 (日本版のみ:マロン駅の作業員)
(振り返りセグメントの言及のみ)
登場スポットソドー島
ナップフォード駅
ヴィカーズタウン駅
ソドー吊り橋ジェームスの空想のみ)
マロン駅
沼地の線路橋
石炭ホッパー
洗車場
ティッドマス機関庫
ゴードンの丘(導入のみ)
ドライオー駅(振り返り映像のみ)
ウルフステッド城(振り返り映像のみ)
あらすじ・ある日、ヴィカーズタウン駅子供達がヒーロー漫画を読んでいるのを見かけたジェームスは、スーパーヒーローになった自分を妄想しながら走っていると、ロッキーのミスで顔がオイルで汚れてしまう。
・その後、洗車場に行く途中で水面に映った自分の目元がヒーローのマスクに見えたジェームスは、『レールロケット』を名乗って救助に向かう事にしたが、活躍の場がなくて落ち込む。
メモジェームス第22シーズンカラフルなきかんしゃたち』以来の単独主役回。
ロッキー第22シーズンニアとすうじ』以来、久々に喋る。
コナーケイトリンは登場するが、ケイトリンは振り返りエピソードのみの登場。
コナーが出発する際に、何故か汽笛を鳴らしていない。
ロッキーのミスにより、オイルを被ってしまうジェームス*1
・何故か、アメコミがあるソドー島*2*3
ソドー吊り橋が壊れるのは3回となる*4
スティーブンブリジットが登場して、トップハム・ハット卿が登場しない最初の話。
・自分より大きなレベッカを持ち上げるジェームス
救世主がすぐ近くにいるのに、ヒーローが現れた事を皆に語るパーシー*5
台詞トーマス「皆は今までにマンガのヒーローにあったことはある?ある日、ソドー島にヒーローが現れたんだけど、誰もその正体を知らなかったんだ。さあ、大冒険に出発進行!!」
ナレーター「『スーパーきかんしゃジェームス』と言うお話。」
スティーブン・ハット「最高!」
緑色の服の少年「本当カッコイイ!」
ブリジット・ハット「凄い~!」
ジェームス「アハハハハッ!オッハハハハ!おや、ありがとう、ありがとう、もうそのぐらいでいいよ。他の機関車が羨ましがるからね。」
レベッカ「勘違いみたいなのです、ジェームス。子供達は漫画の話をしているんですよ。」
スティーブン・ハット「『レッドシャドー』だよ!超音速で飛べて、スーパーパワーがあって、赤いマントを着たスーパーヒーローさ!」
ジェームス「へぇ~、そうなんだ!」
ブリジット・ハット「誰もその正体を知らないの。この駅にも変装したヒーローが隠れているかもしれないわね。」
ジェームス「ふ~む、僕にレッドシャドーみたいなスーパーパワーがあるかな?」
レベッカ「そうですねジェームス。あるかもしれないです。」
ジェームス「最高…だろうな。もしも僕が世界で初めての機関車だったとしたら。」
レベッカ「そんな…誰か!助けてです~!!」
ジェームス「タッダダダ~!恐怖よサラバ!レール・ロケット!華麗に参上!此れは此れは大変だぞ!あの機関車が困ってる!僕があの子を助けないと!」
レベッカ「うわぁぁ~!助けてです~!うわぁ~!!」
ジェームス「ダッダダダ~!!ダダダダダダダッダダダ~ン!!」
レベッカ「ああ~!あら!私のヒーローです!はっ!」
ロッキー「危ない~!」
ジェームス「えっ?…あ。あぁ~あ~あ!!」
ロッキー「うわぁ~!」
ジェームス「おっ!あ~!あ~…うぅ…。」
ロッキー「おっととと…!こりゃあ悪かったな。」
ジェームス「悪かった!?一寸、僕のこのボディーをよく見て汚れちゃったよ。これじゃ駄目だ。洗車場に行ってきれいにしてもらわないと。はぁ~もう!本当酷い姿だな。待てよ…いいことを思いついた!そっくりだぞレールロケットにね。そうだ!もう間違いない。きっと僕ってスーパー機関車なんだ。だったら鉄道をパトロールしなくちゃっね。恐怖よさらば!レールロケット華麗に参上!」
ナレーター「その頃ブレンダムの港では…。」
ソルティー「よお!元気か?パーシー、アハハハハッ!その石炭の貨車随分重そうだぞ。お前さんだけで大丈夫か?」
パーシー「もちろん大丈夫だよ。う~ん!この2倍貨車があっても僕には全然問題なし。うぅ~!!うぅ~!!」
ソルティー「あぁ…。」
ジェームス「外はポカポカ陽気でソドー島は平和に見えた。だが、誰も気付いていない。闇の中に隠された危険が潜んでいることに。幸いな事にレールロケットが近くにいるいつでもみんなを助けに行けるように…」
緑色の服の少年「助けて~!」
ジェームス「今のはなんだ?なんだか叫び声のようなものが聞こえたぞ。」
緑色の服の少年「助けて~!」
ジェームス「助けを呼ぶ声だ!誰かが何処かで困っている。ダッダダダダ~ン!恐怖よサラバ!レールロケット華麗に参上!何があった?嵐が来たのか?列車が暴走したか?それとも橋が壊れたか?」
緑色の服の少年「新しい凧が木に引っかかっちゃったんだ。」
ジェームス「凧だって?木に引っかかった?あ~…もう大丈夫だ。幸いな事に僕にはスーパー煙突がついているからね。はぁ~!!」
緑色の服の少年「わ~い!」
ピンク色の服の女の子「やった~!」
ジェームス「それじゃあもう行かないとソドー島の呼ぶ声がする。ダッダダダ~ン!」
緑色の服の少年「わ~!」
ピンク色の服の女の子「わ~!」
緑色の服の少年「わ~!」
ジェームス「レールロケットは問題を解決するだけじゃないぞ!問題が起こるのは先に…防ぐこともできるのだ!」
ジェームス「不安そうなベルだ!誰かがどこかで困っている~!よし!助けに行かなくては今すぐにだ!」
ジェームス「ダッダダダダ~ン!恐怖よサラバ!レールロケット華麗に参上!ヤギのべルだったの?もう何だよ~!ソドー島に危機なんてないんだ。必要なときに限って問題は起こらない。もうスーパー機関車なんて終わりだあ~あ…ボディーを綺麗に洗ってもらって何時も通りの生活に戻ろうっと。あ~あ。」
パーシー「助けて~!」
レベッカ「あっ!」
パーシー「石炭の貨車が重い~!!止まれなくなっちゃった~!うぅ~!」
レベッカパーシー!」
パーシー「うわぁ~!!おっ!わわわっ!」
レベッカ「あっ!大変です。」
ジェームス「誰も僕の助けなんていらないならヒーローになる意味が無い…。」
レベッカ「助けてです~!」
ジェームス「そういう事。誰も助けなんて…待てよ今のは叫び声じゃないか?」
レベッカ「誰か~!」
ジェームス「あれはレベッカの声だ!問題が起きたんだ!本物問題だ!ダッダダダダ~ン!!」
レベッカ「助けてです~!」
ジェームス「恐怖よサラバ!レールロケット華麗に参上!この!それ!」
レベッカ「あわわわわ~!!」
ジェームス「ふん!よっと!う~!!ハハハハハハッ!!」
ジェームス「レールロケットが君を助けに来たぞ。それじゃあそろそろ失礼するよ。もう行かないと。ソドー島の呼ぶ声がする。」
パーシー「うわぁ~レールロケットだ!それでそれから石炭を弾き飛ばしてレベッカを安全なところに避難させたんだ。」
ジェームス「何の話をしているんだい?」
パーシー「うわぁ~ジェームス。ソドー島にスーパー機関車がいたんだよ。こう名乗ってた。『レールロケット』って。」
ジェームス「へぇ!なんだか随分とすごい機関車みたいだね。」
ニア「正体が全然分からないの。」
レベッカ「そうなのです。誰にでもその可能性がありますね。」
ジェームス「ダッダダダダ~ン…」

振り返りセグメント
トーマス「皆は誰かを助けたことある?ある時、ウルフステッド城から戻る途中ケイトリンのブレーキが故障した。幸いにもその場にいたエミリーが助けてヒーローになったんだ。ジェームスは漫画のヒーローのようになりたかった。実際は特別な力は持っていないけどジェームスが普段持っている力で困っている機関車のことを助けたんだ。それは『思いやり』っていう力だ。例えば消防士や警察官さん救急隊員さんは僕達が困った事になったら助けてくれる身近なヒーローだよね。覚えておいて思いやりの気持ちがあれば誰だってヒーローに慣れるんだよ。」
クララベル「行きましょうトーマス!!」
アニー「出発の時間よ!」
トーマス「それじゃあまたね!!」
英国版CVトーマス/ナレータージョン・ハスラー
ジェームスロブ・ラックストロー
パーシーナイジェル・ピルキントン
ニアイヴォンヌ・グランディ
レベッカレイチェル・ミラー
ソルティー/マロン駅の作業員キース・ウィッカム
アニークララベル/スティーブン・ハット/ブリジット・ハットテレサ・ギャラガー
ロッキーマット・ウィルキンソン
米国版CVトーマス/ナレータージョセフ・メイ
ジェームスロブ・ラックストロー
パーシークリストファー・ラグランド
ニアイヴォンヌ・グランディ
レベッカレイチェル・ミラー
ソルティー/マロン駅の作業員キース・ウィッカム
アニークララベル/スティーブン・ハット/ブリジット・ハットテレサ・ギャラガー
ロッキーウィリアム・ホープ
日本版CVトーマス/ナレーター比嘉久美子
ジェームス江原正士
パーシー神代知衣
ニア青山吉能
レベッカ内山茉莉
ソルティー石野竜三
アニークララベル/ブリジット・ハット*6吉岡さくら
ロッキー河本邦弘
スティーブン・ハット/眼鏡をかけた学生服の女の子/ピンク色の服の女の子織江珠生*7
緑色の服の少年/学生服を着た黒人の男の子/白と水色のストライプ服の少年竹内恵美子
シリーズ前回
(英語)
(日本)
ニアとあたらしいゾウさん
シリーズ次回
(英語)
うんがわるいトーマスシリーズ次回
(日本)
はつめいかのルースさん
振り返ったエピソード第19シーズンエミリーとケイトリン

*1 第23シーズンSteam Team to the Rescue』に続いて、ボディが汚れたまま仕事を続けた。
*2 因みに、漫画が初めて登場するエピソードである。
*3 恐らく、輸入したと思われる。
*4 但し、今回はジェームスの妄想内のみ。また、落雷で壊れるのは2回目。そして、あの時と同様、片側車線だけ崩壊した。
*5 因みに、の近くに居て実際に助けてもらったレベッカと、から話を聞いたニアは誰の事か知らなかった模様。
*6 ノンクレジット。
*7 スティーブン・ハット以外ノンクレジット。