ロッキー

Last-modified: 2021-07-20 (火) 07:34:04

「もう大丈夫だ。これで無事に線路に戻ったぞ。」

名前ロッキー
英名Rocky
性別
製造年1945年
所属鉄道ノース・ウェスタン鉄道
運用ノース・ウェスタン鉄道で機関車達が起こした事故やトラブルの後始末を請け負っている。
・たまに建設工事を手伝う事もある。
・貨物の積み下ろし。
・CGアニメ以降はレスキューセンターのリーダーとして、フリンに火事を知らせるのが主な仕事になっている。
分類クレーン車
レスキュー・チーム
TV版初登場シーズン第10シーズンエドワードのしっぱい
※英国版では『おおきくてつよいヘンリー
TV版最終登場シーズン第24シーズンThe Inventor's Spectacular Bridge
TV版初台詞「俺はロッキーだ。」
一人称
私(丁寧語を使った自己紹介)
二人称
説明赤い車体黄色の斜線が特徴の大型クレーン車
ソドーレスキューセンターのメンバーのリーダーで*1、事件発生時には隊員達に事件のお知らせと出動の指示を出す*2
エドワードゴードンからは「役に立たない」「邪魔者」「力持ちが取り柄の邪魔者」と罵倒されたが、ゴードンが脱線した時にエドワードが彼を牽引して救助に行ってからは「優秀なクレーン」だと認められ歓迎された。
・主に彼を引くのはヘンリーゴードンマードックヒロの様な力持ち設定の機関車だが、トーマスパーシーダックロージーディーゼルが1人で彼を牽引又は推進した事がある*3
第10シーズンで一度、汽笛を鳴らしたが、その音は長編第1作の予告の最後に鳴っていた汽笛の音と同じである。
・現時点では怒り顔が見られない*4
・平車が前2両後ろ1両と多い*5
性格ゴードンに見下されたりエドワードに拒絶されたにも関わらず、喜んでゴードンを助ける等、寛大で温厚な性格。
エドワードゴードンから正式なソドー島の仲間として認められてからは様々なイベントや事件に対し積極的に取り組み、楽しんでいる様子。
・冷静な判断ができる頭脳派でもある。
レスキューセンターのリーダーの割には意外と怖がりな一面があるらしく、ヒロの森の中で怪しい音*6に驚き、トーマスパーシー共々パニックに陥った事がある。
ヘンリートレバークランキーと同様、動物が大好きな一面もあり、CGアニメでは蒸気機関車の方のオリバートードからの依頼で、陸に打ち上げられた海に還し、マガジンストーリーではトーマス動物園の飼育員と一緒にキリンのハッピーを連れ戻しに行った事がある。
ジェームスハロルド機関士機関助手パイロットと同様、女性に優しいフェミニストな面がある*7
・人助けが出来ない状況になると、激しく落ち込んで弱気になる程、人助けが大好きで、自身の生きがいとしている*8
エドワードトレバーデイジーに比べ若干控えめだが、面倒見が良いらしく*9ゴードントビークランキー同様、教育者にも適任らしい*10
エドワードビルベンアニークララベルレックストップハム・ハット卿と同様、地獄耳の持ち主でもあるらしい*11
・自分はしっかり者なクレーンだと自覚しているようで、ヘンリーパーシーが運ぶ予定だった荷物を無断で移動させようとした時にヘンリー「先に確認した方がいいんじゃないか?」と言って警告した。
・反面、パーシーウィフケビンケイトリンレベッカパクストンカーリートーマスの機関士ソドー整備工場の作業員と同様、おっちょこちょいな一面がある*12
デイジーミスター・コンダクターと同様、時と場合によって一人称を使い分けている。
操重車である事を自覚しており、周りに急かされても、常に『』で積み荷などをゆっくり慎重に時間を掛けて積み込んでいる*13
TV版の経歴第10シーズンから登場。
・人形劇時代は顔が大きめだったが、CGアニメ以降は技術の関係か若干小さめの顔になった。
第11シーズンではモリーと一緒にジェームス仕事を手伝った。また、トーマスゴードンと共に空の彼方に飛ばされたハット卿のセダンを回収した。
第12シーズンではマードックと一緒にトーマス仕事を手伝った。また、ロージーと一緒に貨車と衝突してボロボロになったエミリーを助けた。そして、このシーズン及び第21シーズン及び第23シーズンは出番があっても台詞がない*14
第13シーズンではアノファ採石場メイビス仕事を手伝った。
第14シーズンではソドーレスキューの端くれなのに、「安全第一」を知らなかった事が判明。その後、「パトロール」と称してヘンリーと一緒に遠出した。そして、その遠出が原因でパーシーに悲劇は起きた。
第15シーズンではトビーと一緒に泥沼に沈んだゴードンジェームスを助けた。
第16シーズンではトーマスの為に線路に落ちたゴミ綺麗に片付けてあげた
第17シーズンでは、ハーヴィーが再登場した為か、出番が少なく、台詞ありの登場は1回だけである。
第18シーズンでは1人の身勝手な乗客の所為で車輪にダメージを負い、ボロボロになったアニー貨車に載せてあげた。その後、エドワード彼の機関士と一緒にエミリーが起こしたトラブルの後始末を請け負った。
第19シーズンではヒロの森立ち往生したトーマスが出した煙に気づいたハロルドに呼ばれ、パーシーと一緒にトーマスを助けに行った。因みに、これまで自身が事故を起こした事はなかったが、このシーズンで初めて脱線事故を起こした。また、「脱線した機関車を持ち上げられる力持ちのクレーンは自分以外にはいない」らしい*15。また、このシーズンからテールランプが追加された。
第20シーズンではエドワードに連れられ、怪我をした重機の方のオリバー助けに行ったり、歪んだ線路を走って脱線したベル助けに行った
第21シーズンではスタンリーと共に恐竜パークに出張した。その後、ダックと一緒にジェームス失態の後始末を請け負った。
第22シーズンでは脱線事故を起こしたニアを救助した。
第23シーズンではマックスからの依頼で、落とし穴に落ちたモンティを助けに行った。また、ベルと共にマックスモンティの仕事を手伝った。
第24シーズンでは空想に夢中になっているジェームスに誤ってオイルをかけてしまった。その後、事故に遭った助ける為に奮闘するエミリーをサポートした。
長編作品での経歴長編第3作ではエドワードと共に、脱線事故を起こしたトーマスを救助した。また、グレート・ウォータートンの建設も行った。
長編第4作ではヒロと共に泥沼に沈んだスペンサーを助けた。
長編第5作以降はソドーレスキューセンターに配属され、リーダーに任命されたが、ハロルドキャプテンと同様、ボディにソドーレスキューセンターの紋章?は付いてない。
長編第7作ではブルーマウンテンの採石場で働いていた。その後はミスター・パーシバルからの依頼で、トーマスを助けた。
長編第9作ではエドワードと共にジェームスの救助に向かった。
長編第11作ではハーウィック線の建設作業のサポートを行い、ダックと一緒に落とし穴に落ちたトーマスを助け、海賊船を釣り上げた。その後、トーマスダックドナルドダグラス蒸気機関車の方のオリバートードデイジーライアンと共にハーウィック線開通式に出席した、出番が有っても台詞はない。
その他の経歴4-D作品ではエドワードハロルドと一緒に脱線事故を起こしたトーマスを助けた。
玩具プラレール/トラックマスター
カプセルプラレール
木製レールシリーズ/ウッド(発売中止)
Take Along/テイクンプレイ
英国版CVマット・ウィルキンソン長編第4作-第20シーズン第22シーズン第24シーズン
ウィリアム・ホープ第19シーズントードとクジラ』(前半))
米国版CVウィリアム・ホープ長編第4作-第20シーズン第22シーズン第24シーズン
日本版CV河本邦弘第10シーズン-第11シーズン長編第4作-第20シーズン第22シーズン第24シーズン
参照画像参照はロッキー/画像

*1 だが、ハロルドキャプテンと同様、ボディにソドーレスキューセンターの紋章?は付いてない。
*2 彼が不在の時はブッチが代理を務める。
*3 現時点では本編で彼を牽引又は推進したのはトーマスエドワードヘンリーゴードンジェームスパーシートビーダックエミリーマードックモリーロージースタンリーヒロライアンディーゼルである。尚、学習セグメントではハーヴィー、マガジンストーリーではネビルも牽引又は推進している。
*4 但し一度だけ、ハロルド注意した事とディーゼルを睨んだ事がある。
*5 本来、クレーンは前に1両。
*6 怪しい音の正体は、鹿だった。
*7 実際、エミリー事故を起こした時はロージーと一緒に助けに行き、トーマスから車輪にダメージを負ったアニー脱線事故を起こしたベルを助けて欲しいとお願いされた時は承諾しており、事故に遭ったジェームスパーシーニアレベッカ助ける為に奮闘したエミリーをサポートしている。
*8 実際、自身のうっかりが原因で横転した時に「人助けが出来ない」と思い込み、弱気になっていた。
*9 実際、トップハム・ハット卿から落とし穴に落ちたトーマスの救助を依頼された時に承知している。
*10 実際、フリントップハム・ハット卿の納屋が燃えている事を伝えた後、道路を走るように説得している。
*11 情報源は不明だが、パーシートップハム・ハット卿から責任重大な仕事を任された事を知っており、寄り道で石切場に来たパーシー「ナップフォード駅に行かなくて良いのかい?」と聞いている。
*12 実際、ジェームスの顔にオイルを掛けてしまった事がある。
*13 だが、クランキーの様に「自分には自分のペースがある。」と文句は言わなかった。
*14 但しアーサーハーヴィークランキーとは違い、CG化された顔は作中に登場している。
*15 当時、ジュディジェロームは本編未登場だった。