アイテム/トラップツール

Last-modified: 2020-03-10 (火) 04:19:13

落とし穴やシビレ罠を作るために必要になるアイテム。調合素材として使用する。

概要 Edit

  • 中に使い捨ての工具が入った箱である。
    これに別の素材を組み合わせる事で誰でもすぐに罠が作れる。
    ただし若干の技術力が必要で、失敗してしまう事もある。
    因みに外装の箱もまた工具であり、箱ごと使って罠に改造する。
  • 一般人でも簡単に罠が作れてしまうため、ギルドでは一般人への販売を禁止している。
    逆にハンターには格安の値段で提供されている。
  • これを持って来たのにネットやゲネポスの麻痺牙or雷光虫などを忘れてきてしまう事もある。
    さらにMHXではさりげなくゲネポスの麻痺牙では罠が作られなくなっているまさに罠である
    おそらくMH4(G)においてゲネポスの麻痺牙から調合した麻痺毒性のシビレ罠であっても、
    雷光虫から調合した感電性のシビレ罠と同じようにジンオウガに電力吸収されていた事や、
    麻痺が有効でないモンスターでもしっかり効果を示してシビレさせていた事などが主な原因と思われる。
    ん?P2Gのゲリョス?知りませんね…
    また、こっちを忘れてネットなどだけ持ってきてしまう事も。
    事前にちゃんと揃っているか、確認してからクエストに向かおう。
    また、その罠がターゲットモンスターに効果があるか、そのフィールドで使えるかなども見落とさないように。
  • これ自体が道具一式なので、採取したりこれ自体を調合で作ることは原則不可能。
    持ち出せる数が2つまでなので、1人が1度のクエストで使える罠は支給品を除けば
    持ち込みのシビレ罠と落とし穴1つずつに加えて、これで調合できる2つ分の原則4つまでとなる。
    基本的にクエスト中に補充することができないため、捕獲クエストの際などには要注意。
    また地味に調合が難しいため、不安なら調合書も忘れずに持ち込もう。
    • 樹海など一部のフィールドでは採取可能。とはいえ確実ではないのであまり当てにできない。
    • MHWorldでは調合成功率のシステムが撤廃されて確実に罠が調合できるようになった上、
      そもそもベースキャンプでテント内のアイテムボックスからアイテムの補給ができるようになった
      そのため、拠点でアイテムボックスに買いだめすればトラップツールの補給が可能になるので、
      テントが無い闘技場クエストでもない限りトラップツールの不足を心配する必要は無くなった。
      一応、捕獲クエストでは支給用シビレ罠1個の他にトラップツールも支給品として入っているので
      罠でハメたりなど余程消耗するような戦法を取らなければ、アイテムボックスから取り出さなくても十分だが。
  • シリーズ一般では拘束用の罠の材料となっているが、
    MH2とMHFでは/大タル爆弾G爆雷針にも使用する。
  • MHSTでも登場。
    本作でも落とし穴やシビレ罠、そして新たに登場したマスイ罠の作製に用いられるが、
    なんと本作ではトラップツールは店売りされていない
    主人公が「ハンター」ではない少年少女であるため、販売規制に引っかかってしまうのだろうか?
    しかし、サブクエストの報酬やフィールド上の宝箱、
    そしてどういうわけか道端で普通に採集で入手できたりもするので、
    余程の勢いで濫用しなければあっという間に枯渇するという事も無いだろう。

関連項目 Edit

アイテム/落とし穴
アイテム/シビレ罠
アイテム/マスイ罠