Top > 武器 > 凍テツク時ヲ熾獣槍
HTML convert time to 0.007 sec.


武器/凍テツク時ヲ熾獣槍

Last-modified: 2018-07-19 (木) 18:34:57

MHF-G2で実装された、熾凍龍ディスフィロアG級ガンランス
砲が唸るとき、凍れる時が動き出す。





概要・性能 Edit

  • 氷・火・龍の3種複属性である「熾凍属性」を持つ放射型のガンランス。
  • MHF-G1・G2を通して真のG最強モンスターであるディスフィロアの武器ということで、
    その性能は驚愕というレベルを超えている。
    • 僅かLv5で斬れ味ゲージが覚醒し、デフォルト紫ゲージ斬れ味レベル+1で長い紫ゲージを獲得する。
      それだけに留まらず、Lv20ではその紫ゲージ量が大幅に増加
      デフォルトで70・斬れ味レベル+1で120もの紫ゲージが発生する。
  • 攻撃力もLv20で920、放射型砲撃Lv6となる。
    熾凍属性はLv20時は350とやや控えめだが、強化を重ねるとどんどん上昇していく。
  • 最終的なLv50では攻撃力1074、熾凍770となる。
    • 熾凍属性は火80%/氷80%/龍40%で計算されるので、
      実質的には火616/氷616/龍308 となる。
      火・氷は単体で見ても十分すぎるほどの属性値を持つ。
  • また、性能もさることながらその奇抜すぎるネーミングも特徴である。
    まるで本家のミラオス武器を意識したかのようなネーミングであり、更にこちらは武器の説明文も
    砲唸ルトキ、凍レル時、動キ出ス』といろんな意味で印象的なものとなっている。
  • 非常に長い紫ゲージを早い段階から獲得するため、斬れ味レベル+1を切った運用が可能。
    高い物理性能からヒートブレードとの相性も悪くはない。
    ちなみに斬れ味レベル+1と業物+1スキルを発動させておいてヒートブレードを発動させると、
    効果時間終了後もほぼ丸ごと白ゲージが残った状態になり、白を使い切る前に再発動するということも可能。
  • あえて難点を挙げるなら、相反するが故に火と氷が両方通るモンスターがあまり多くないことか。
    ミ・ルは前足に火、腹に氷、尾に龍が通りそれ以外の属性は通さないようになっているため
    良相性である。
    ファルノックも部位によって属性弱点がばらけているため、有効性は高い。
    また、上記にもある通り最大強化した場合は単体で見ても十分すぎるほどの属性値を持つため
    火・氷いずれかが通れば使っていっても良いだろう。
    複属性の特性上、パローネ大航祭限定航路での汎用性の高さも特徴的。
    ただし特化武器ほどの属性値はないので、嵐ノ型の属性砲は効果が薄い。
    また、氷が効くとは言え火を吸収してしまう極征紅ミラボレアスや、ディオレックスとの相性は悪い。
    G5以降ガンランスはテコ入れの一環としてか強力なものが続々登場しており、
    その点で凍テツク時ヲ熾獣槍の旗色は悪い状態が続いていた。

改凍テツク時ヲ熾獣槍 Edit

  • G8ではG級の遷悠種*1をGR800以上で狩猟した際に入手できる「遷悠骨」を用いることで、
    改凍テツク時ヲ熾獣槍」へと強化することができるようになった。
    いわゆる「改G級武器」と呼ばれる武器だが、「改」にすることで名前が変化する武器が多い中、
    こちらはただ頭に「改」が付いただけである。
    Lv50まで再度強化が可能になるが、性能は下記の通り。
    • 攻撃力1120
    • 熾凍1170と大幅強化
    • 斬れ味レベル+1で空色ゲージが発生
    • 砲撃は放射Lv6で据え置き
  • 熾凍1170まで強化されたことで、火属性936、氷属性936と非常に高い水準になった。
    また空色ゲージが付与されたことで、突きの火力面では天翔銃槍とほぼ互角にまで成長している。
    紫ゲージも相変わらず長いのでその時点でも強力だが、
    それを上回る空色ゲージをいかに維持するかが重要になる。
    どちらかと言えば、高い属性値と空色ゲージを活かした突き重視、
    もっと言えばヒートブレード運用に向いた銃槍として生まれ変わったというべきか。
    改G級武器は作成難度が極めて高いが、それに見合う価値はあると言えるだろう。
    • 実装時に斬れ味の設定ミスがあり、派生時点の紫ゲージが半分程度に減ってしまっていた。
      後のアップデートで修正され、赤~黄色ゲージを圧縮して紫の長さが維持される形となった。

余談 Edit

  • 武器名のうち、「凍テツク時ヲ」は「凍てつく時を」と思われる。
    「熾獣槍」はそのまま「しじゅうそう」と読むのは不自然なので、「熾」と「獣槍」で分けるべきか。
    「熾」は(火を)起こす、(火が)起きるという意味と読み方を持ち、
    「獣槍」は「銃槍」の読み替えであろう。
    実際に4gamerでも「イテツク トキヲ オコス ジュウソウ(凍てつく時を熾す獣槍)」と読み仮名がふってある。
  • ちなみにミラオスガンランスの愛称はカタカナの部分を取ってナルニツだが、
    この武器でそれをやるとテツクヲとなってしまう。発音し辛い。て、鉄苦を?

関連項目 Edit

モンスター/ディスフィロア
武器/ディス武器
武器/熾烈ナル修羅ニ墜ツ鎗 - MH3Gに登場するガンランス。長い紫ゲージ、ラスボスの武器、そしてそのネーミングセンスと共通点が多い。






*1 2018/4/25時点ではイビルジョー、ウラガンキン、ゴア・マガラ、セルレギオスの4種から入手可能