Top > 【夜夜中ワンダーラスト】田中摩美々


【夜夜中ワンダーラスト】田中摩美々

Last-modified: 2019-11-25 (月) 01:17:49

【夜夜中ワンダーラスト】田中摩美々

実装日
2019/02/28

サポートイベント Edit

イベント名VoDaViメンタルSP
220時間30分+10+10+10+10
君の門にも+10+20+10+15
テイクオフ!+10+20+10+15

ステータス Edit

LvVoDaViメンタル
155805550
60(☆0)138200138124
65(☆1)146212146132
70(☆2)155225155140
75(☆3)163237163148
80(☆4)172250172156

スキルパネル Edit

SP☆の数は解放に必要な特訓回数、E〇は〇番目のサポートイベントで解放、灰色はライブスキル
20Dance7%UP
[条件:摩美々]
[確率:10%]
[最大:1回]
30ダンスアピールⅢダンスアピールⅣ

Dance2倍アピール
 
Dance2.5倍アピール
40Dance100%UP/
注目度100%UP(☆2)
Dance7%UPDance21%UP(☆1)
[条件:メンタル49%以下]
[確率:30%]
[最大:1回]
[条件:5ターン以降]
[確率:30%]
[最大:1回]
[条件:Dance担当]
[確率:30%]
[最大:1回]
50夜夜中ワンダーラスト(☆4)Dance上限UP(E3)Dance上限UPDance上限UP(☆3)
Dance2.5倍アピール/
興味70%DOWN[1ターン]
Dance上限+25Dance上限+25Dance上限+100

所持スキル Edit

ライブスキル Edit

スキル名効果取得Lv
ダンスアピールⅣDance2.5倍アピール初期

サポートスキル Edit

スキル名スキル効果取得Lv/スキルLv
151020304050556065707580
アイドルの絆プロデュース開始時に絆+<Lv*5>234610
ダンスマスタリーMe一緒にダンスレッスンをするとメンタル+<Lv*1>2410
約束リカバー「約束」を守れなかった場合に<Lv*5>%の確率でテンションが下がらない235
おやすみブースト「休む」を選択時に<Lv*3>%の確率で体力回復量+1513
ユニットマスタリーDa行動した場所に自分以外のユニットメンバーがいると1人につきDa+<Lv*1>25

アイデア Edit

ダンス

特徴 Edit

初出となるダンスマスタリーMe・ユニットマスタリーDaの2種のサポートスキル、および強烈な効果の金バフが持ち味のDa型s-SSR。

 

まずは初出のダンスマスタリーMe。Lv70でMe+10稼げるため、ダンマスSP、ダンマス体力と合わせることでDaレッスンを回すだけで必要なステータスを賄うことも不可能ではなくなった。
ラジオ収録に触れずともMeを稼げるのは、通常攻略のみならず高ステを狙ったグレフェス用アイドル育成などで大きなメリットになりうる。
EXスキルで滞在率を調節できるようになったため、今後の研究に期待。

 

もう片方のサポートスキルはこちらも初出となるユニットマスタリーDa。行動時に摩美々と同じユニット、すなわちアンティーカのメンバーが同時に居るとその人数分Daにボーナス…というトリッキーなもの。
フル活用するなら編成の段階から意識する必要があるが、アンティーカには【メロウビート・スローダウン】三峰結華【娘・娘・謹・賀】幽谷霧子を筆頭に、グレフェスで非常に有用なライブスキルを持つ【咲耶と摩美々のぶらり旅】白瀬咲耶など優秀なDaサポートが多数存在するので発動は比較的狙いやすいだろう。

 

このようにユニークなサポートスキルを持つ本カードだが、やはり真骨頂は2凸で解放される金バフだろう。
その倍率、驚異のDa+100%。これは注目度100%アップのデメリットを差し引いてもなお空前絶後の数字。
メンタル49%以下という発動条件も一見厳しく見えるが、グレフェスでは丁度バフを掛け終わり思い出を撃つタイミングに重なることが多い。
さらにサポートスキルである事から、複数のアイドルに持たせ多重にバフを掛けることも可能。

 

これを利用して、編集現在(2019/3/14)摩美々で多重にバフを掛けた所に【秘めやかファンサービス】白瀬咲耶の思い出リンクアピールなど高倍率の全体Daアピールを撃つことで絶大なダメージを叩き出すコンボがグレフェスで猛威を振るっている。
バフが完璧に掛かった場合、属性不一致でも理論上30万超ダメージ×3way。他キャラのリンクアピールバフなどを考慮するとさらに伸びる。

追記 編集現在の(2019/11/23)グレフェス環境において、特にグレ6 7では3~4ターンで決着が付く程の高速展開になる事が多々ある為、上記の所謂ぶらり旅編成は影を潜めてしまった。
そこで、速攻環境に対応するため、3人ユニットの利点であるLinkアピールのしやすさと編成の柔軟性から【深染め、いろみぐさ】櫻木真乃【ないしょのスイーツ】大崎甘奈をセンター配置して、金バフ発動ターンに思い出LinkのDa追撃で一掃するスタイルも見られるようになった。
なお、スイーツ甘奈の場合は、メンタルを49%以下まで落とし金バフを出した上で、パッシブスキルや【マイ・ピュア・ロマンス】桑山千雪などの固有ライブスキルと思い出アピールのメンタル25%回復を併用して、追撃時にメンタルを75%まで引き上げないと火力が出ないため仕込むのはわりと面倒。
Da100%と同時に注目度も100%上昇するため【かきまぜたら*ミルク】園田智代子とも相性がいい。

 

また上記運用を行う上で有力なのが本人の4凸ライブスキル『夜夜中ワンダーラスト』。
興味70%Downデバフで進行の遅延を促し、本命である思い出アピールを打つまでの準備期間に各審査員の状況をある程度コントロールすることが出来る。
補足すると、興味70%Downというのは、他アイドルが自分と同じ審査員にアピールした時、通常の30%のアピール値しか出せないという事。つまり、自分に相対的に3.3倍の補正がかかる事とほぼ同義である。より具体的に言うと、かなり運が良ければ、2.5×3.3=8.25倍アピールの価値を持つ。殆ど無いが
他アイドルの思い出前に仕込んだり、絶対にTAを獲りたい審査員に撃つと良いだろう。
ただ、先制できるように高メンタルを維持すると2凸パッシブが活かし難いのが辛い所。

 

現状でDa100%のパッシブスキルを所持しているのは、このカードの他に限定の【きまぐれのめぐみ】田中摩美々だけ。
恒常とは言えサポートPUガシャに配置された時やどうしても必要ならはづきさんを駆使してでも特訓を進める価値がある優秀なカードと言える。

各特訓段階ごとの解説
 

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • Lv20 絆3 81/118/81/73 -- 2019-03-02 (土) 12:56:21
  • Lv30 約束3 95/138/95/86 -- 2019-03-02 (土) 12:56:52
  • LV40 絆4 109/159/109/98 -- 2019-03-02 (土) 12:57:27
  • Lv50 おやすみ3 123/179/123/111 -- 2019-03-02 (土) 12:58:19
  • Lv55 ユニDa2 130/189/130/117 -- 2019-03-02 (土) 12:58:55
  • Lv60 絆6 138/200/138/124 -- 2019-03-04 (月) 23:29:14
  • ユニットマスタリー便利だな。お仕事で発動するの強い。 -- 2019-03-28 (木) 09:24:18
  • 100%UPWINGでも結構猛威を振るってくれるな -- 2019-05-11 (土) 07:29:19
  • これ強かったんだな…サポガチャ回さず後悔モード -- 2019-09-21 (土) 12:22:05
    • 確かに強いし純粋なサポとしても汎用性高いけど、恒常なのとぶらり旅が賞味期限切れたから以前ほどの重要性は無くなってる -- 2019-09-21 (土) 14:12:38
    • ぶらりじゃくてもDa特化編成には必ずと言っていいほど入ってくるから、チャンスがあれば引いとくべきやね。アルストさえ特定のギミック使うなら必要だし。 -- 2019-09-21 (土) 17:51:50
  • LSの解説更新されてたんで、現在の使用方法やよみみの有用性記載してみました。冗長に感じる部分あったら修正お願いします~ -- 2019-11-23 (土) 18:04:27
    • 真乃ちゃんのリンクを追加しました -- 2019-11-23 (土) 19:06:30
    • 最近はこれ使った限ちょこも流行ってるよね -- 2019-11-23 (土) 20:09:13
      • 限チョコ編成だとワンダー2.5倍ライブスキルが、バフ各種盛り盛りでDaに25万以上叩き出してゲージをググッと削った後に興味↓アイコン。もうね。 -- 2019-11-24 (日) 13:37:59
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 

 
©BANDAI NAMCO Entertinment Inc. ©BXD Inc.
当Wiki上で用いるゲーム画像の著作権、及びその他知的財産権は
当該サービスの提供元に帰属します。