Top > 避禍予見の鏡影

避禍予見の鏡影

Last-modified: 2017-04-20 (木) 15:04:20

ユニット Edit

ステータス Edit

アイコンクラス初期HP攻撃力防御力魔法
耐性

コストボーナススキルアビリティ
名称上限初期下限スキル覚醒
避禍予見の鏡影
避禍予見の鏡影
(風水導士)
トークンLv1100001000-10---(復活)
避禍予見の鏡影
避禍予見の鏡影
(風水仙人)
トークンLv1100001000-10---(復活)
避禍予見の鏡影
避禍予見の鏡影
(八門風水導士)
トークンLv1100001000-10---(復活)

編集

変更点履歴 Edit

2016/05/26のメンテナンスで実装された、刻詠の風水士リンネ(覚醒後)を出撃させることで配置可能になるトークン。
ゲーム内のヘルプにもトークンについての項目が追加されているので一読を。

避禍予見の鏡影の仕様 Edit

  • リンネ配置後に『避禍予見の鏡影』を配置可能になる
  • 『避禍予見の鏡影』は遠距離型ユニットで、レベルは1固定
  • リンネ1人につき1ミッションで『避禍予見の鏡影』を1体まで配置可能
  • 出撃可能数に含まれない
  • 倒されても戦績の☆の数(味方ユニット死亡数0)には影響しない
  • 撤退させてもコストは回復しない
  • 使役するリンネが撤退・撃破されると『避禍予見の鏡影』も消える
  • 『避禍予見の鏡影』は味方からのHP回復を受けられない
  • 『避禍予見の鏡影』には出撃前に掛かるステータス補正(出撃メンバーにいるだけで効果のあるアビリティによる補正)は適用されない
    出撃中に掛かるステータス補正(「士気高揚」など)は適用される

身代わり効果 Edit

  • いずれかの味方ユニットのHPが0になった瞬間、配置中の『避禍予見の鏡影』トークンが消える。
    • そのユニットは死亡グラフィックでHPが0のままその場に残り、およそ1~1.5秒後に全回復してその場で復活する。
    • 近接型ユニットの場合、死亡中はブロックが解除される。足が遅い敵ならば、復活して再度ブロックできる。
      • ブロック数減少のバグ修正に伴い、ブロック数が余った状態で死亡すれば、ブロック解除されず敵がその場に留まるようになった。
      • 例1:1ブロックのユニットでゴーレムを1体ブロックして、死んで身代わり発動したら死んでいる間はブロック解除され歩き出す。
      • 例2:3ブロックのユニットでゴーレムを1~2体ブロックしている場合、死んでいる間もブロック解除されずその場に留まる。
  • 非スキル中の場合、再動時間を死ぬ前から引き継ぐ。
  • スキル発動中の場合、そのスキルは終了し、次回のスキルへの再動カウントが始まる。
    • 段階型スキルの途中のスキル持続を終了させ、次へと促進させるのに使える場合がある。
  • ☆の数(味方ユニット死亡数0)には影響しない。
  • 復活する場合、鬼神姫ラクシャーサメルヴィナの死亡時アビリティは発動しない。
  • 同様に復活する場合、大地の妖精ドロシードワーフ戦士グスタフのスキルも発動しない。
  • クラス:魔神系、クラス:くぐつ使い系(天才機甲士ウェンディを除く)、クラス:ヴァンパイアロード系(吸血鬼ラキュアを除く)や純白の花嫁カルマ黒衣の花嫁カルマのような回復不可のユニットも復活する。
  • 自力で復活するアビリティを持つ吸血鬼ラキュア(覚醒後)や天才機甲士ウェンディには効果がない。
    • 自分のアビリティでその場に留まり、『避禍予見の鏡影』も消えない。
  • トークンユニットも復活する。(『避禍予見の鏡影』が復活するかは未検証)
    • トークンユニットが死んでも、復活効果は発動しない。発動しないため、配置中の『避禍予見の鏡影』トークンもそのまま残っている。(16/07/01確認)
  • 『避禍予見の鏡影』トークンと味方1人が爆風で同時に死んでも、『避禍予見の鏡影』は仕事を遂行し復活効果は発動する。(16/07/14確認)
  • 『避禍予見の鏡影』効果により復活したユニットは新たに配置したと見なされ、敵の遠距離攻撃の(その時点での)優先ターゲットとなる。

バグ Edit

ブロック数減少バグ(発見:本スレ5862年133番 16/05/28) Edit

  • 発生条件:敵ユニット(X)をブロックしている近接ユニット(A)が死亡して約1秒後、身代わり効果で復活した時に、他の近接(B)によって敵(X)がブロックされていると発生。
    • (B)のブロック数が、(A)のブロック数と同じだけ減少する。これはそのミッションで(B)が配置されている限り続く。
    • これにより(B)のブロック数が0以下となって、敵(X)がブロックから外れて流れてしまっても、(B)はブロックしているかのように敵(X)に攻撃し続ける。
    • この(B)の攻撃に(A)(B)のブロック範囲や射程は一切関係なく、敵(X)がマップのどこにいても届く。一方的である。
    • 16/06/16~06/19頃に修正済み