【ひきよせのすず】

Last-modified: 2020-05-12 (火) 01:00:49

概要

その他のアクセの一つ。

戦闘時に敵から
狙われやすくなる
やっかいな鈴
部位基礎効果
その他おしゃれさ+3、戦闘時に敵から狙われやすくなる
売値合成効果
GさいだいHP+1さいだいHP+2
レア度こうげき力+1こうげき力+2
Bおしゃれさ+1おしゃれさ+2
おしゃれさ+3おしゃれさ+4

詳細

【ちいさなメダル】15枚と交換で入手できる。
当初は存在価値が不明であったが、【壁】の役割が大きくなってきてからは、後衛がこれを装備していれば壁役がモンスターにタゲられる可能性が下がり、立ち上がりの事故が減るという通好みのアクセであることが判明した。
もちろん、壁抜けの危険は覚悟しなければならない。【まよけのすず】は正反対の効果を持つ。
 
初期のコインボス戦で若干使われたようだが、【大地の竜玉】登場後はしばらく存在を忘れられていた。
その後、【冥骸魔レギルラッゾ&獣魔ローガスト】ではプレイヤーの一部がまよけのすずと同時に起用し、蘇生後の無敵時間を利用した囮作戦が流行し再評価された。同じくゾンビ戦法が主流になっている【剛獣鬼ガルドドン】戦でも愛用しているプレイヤーは多い。
複数人が装備しているとタゲが分散してしまうため使用する際は一人だけに装備させるのが好ましい。
合成でHPが上がるがHPを下げることがセオリーとされるこの戦いでは逆効果になり得るため無合成でも問題ない。
昨今のメダルレートでは15枚程度はたいして高くもないため、装備欄圧迫が気になるなら使い終わったら捨ててまた使う時にもらうなんて贅沢な事もできる。
 
「タゲを取る」という性質からアクションゲームのDQHシリーズにも採用されている。
詳しくはこちらを参照。