【ばくだんベビー】

Last-modified: 2022-01-15 (土) 06:25:49

概要

DQ5で登場したモンスター。
【とげぼうず】【スピニー】の上位種で、この系統の最上位種。
作品によっては【ばくだんいわ】の子供という設定だが、体色は親の面影のないピンクである。

DQ5

青年時代に入ってからの【サンタローズ】【アルカパ】周辺に出現。
攻守共にそこそこ高く、更にトッシンの強化攻撃で1.5倍のダメージを与えてくる。
とはいえ、攻撃手段は打撃のみでHPも低めなので、遭遇時期を考えるとさほど脅威でもない。
同時期に出る【ガスミンク】【ベビーニュート】に比べると危険度は低く、適当に殴っているだけでどうとでもなる相手。
【メガンテ】を唱えることがあるので初見では驚くだろうがMPが0なので不発に終わる。今作に出ない【ベビーサタン】の系譜。
下位種のスピニーは自爆技を持っていたがコイツはそれもできない。
頭は悪いが運はいいらしい。
 
また、最も早い時期に仲間に出来るモンスターの一種でもある。
敵のときのショボさとはうってかわって、攻守共に初期値から高い数値を維持し、武器をそろえてやれば即戦力。SFCではこの時期並ぶ者のない高ステータスで暴れまわる。
アルカパ方面では【ドラキー】とよく組んで出てくるので、倒す順番には注意が必要。
リメイク版でも強さは健在で、エビルアップルおばけきのこと共に【序盤3強】というありがたい称号を得ている。
詳しくはこちらを参照。
 
まれに【ばくだんいし】を落とすことがある。
この時期に入手できれば破格の破壊力を誇るので、仲間にするついでに狙ってみてもいいだろう。

DQMJ2P

とげぼうずを差し置いて登場。物質系Fランク。
密林の一番初めのフロアに登場するため、ゲーム開始後すぐにスカウトすることができる。
所持スキルの【ダイナマイト】で最初に覚えられる【いわなげ】は、
この段階ではかなり強力な技なので、序盤の即戦力として活躍してくれる。
しかもベタン系のコツのお陰で威力も高いし消費MPも軽減できるため連発可能。
またときどきバイキルトの特性で攻撃力を上げることもあるが、いわなげは攻撃力に関係しないので愛称はイマイチ。
強化するとときどきテンションを、最強化するとときどき冥界の霧を得る。
どうやらこいつは「ときどき」に縁があるようだ。

テリワン3D

とまどいの扉に悪天候の時のみ出現する。
ベビーを名乗り体も小さいのにスタンダードボディを持つ。
早めに仲間にできれば岩投げが強いが、DQMJ2Pの時ほどのインパクトは無いだろう。
ときどき冥界の霧が最後のあがきに差し変わった他は前作と特性は同じ。

イルルカ

野生では出現せず、位階配合でも作れない。仲間にするには【錬金カギ】に出るのをスカウトするか
【とげぼうず】×2の特殊配合で作るしかなく、若干面倒になっている。
こいつ2体で配合すれば【ばくだんいわ】になる。
 
【新生配合】で最後のあがき、メガ・ギガボディ化でAI1~2回行動、ギガボディ化でときどき冥界の霧を習得する。
また、【他国マスター】が連れていることがあるが、その際のメンバーはこいつと【どんぐりベビー】【ベビーサタン】【ベビークラウド】
ベビーばかりのパーティである。

DQR

第7弾カードパック「光と闇の異聞録」にて実装されたユニット。共通のレア。

1/1/1
死亡時:すべてのユニットに1ダメージ

原作では爆発に失敗していたが、今作で念願の爆発能力を獲得した。
ダメージそのものは低いものの味方のユニットも巻き込んでダメージを与えるので、【リトルライバーン】【デスストーカー】などの回復シナジー持ちや自傷ダメージに反応して強力な効果を発揮するユニットと相性が良い。
【アンデッドガーデン】全盛時は、序盤に死亡カウントを稼ぎつつ全体除去できるこいつが採用されており、【ブラックベジター】と一緒に出され即座に全体3ダメージをたたき出し盤面皆を巻き込んで死んでいく姿が見られた。