【とげぼうず】

Last-modified: 2020-02-23 (日) 01:51:20

概要 Edit

DQ5などに登場する、全身にトゲの付いている緑色のモンスター。
【スピニー】【ばくだんベビー】の下位種。
5では自爆系の攻撃はないが、モンスターズの図鑑によればコイツも上位種同様火薬の塊であるらしい。

DQ5 Edit

幼年時代の【サンタローズの洞窟】にのみ出現。
攻撃は痛そうだが、実際はスライムに毛が(トゲが?)生えた程度のザコキャラ。
特殊能力も無しで、ひたすら通常攻撃を繰り返すが、余程HPが減っている場合以外、ゲーム開始直後でもさほど苦戦する事はないだろう。
主人公のレベルが2以上なら、【ひのきのぼう】でも十分に渡り合えるので、臆せずに立ち向かい、経験を積もう。
主人公のレベルが上がると逃げることも多い。
序盤のモンスターのお約束で、よく【やくそう】を落とす。
 
とまあ、これが普通の評価だが
【モンスターボックス】(DS版では【モンスターずかん】)が登場したリメイク版ではさあ大変。
青年時代になると野生では絶滅して、【すごろく場】の草原マスにのみにしか出なくなる。
とは言え、幼年時代のサンタローズの洞窟でわんさか出るので、まず間違いなく1度は出会うことになる。
999倒しのやり込みをやるとなると、【妖精の村】イベントの時期に討伐数をメモしながら、
ひたすら【ブーメラン】で狩ることになる。

DQM1、2 Edit

モンスターズでは爆弾ベビーを差し置いて何故か1と2、キャラバンハート、イルルカに登場。
物質系であり、虫系との基本配合で作れる。
上記の通り火薬の塊という設定のためか、【メガンテ】を覚える。……爆弾ベビーでよかったんじゃ。いまいち「とげぼうず」をチョイスした理由が謎である。
他は、【たかくとびあがる】【スライムたたき】
って、コイツは本編で【スライム】をいじめていたのだろうか……。
恐らく、体のトゲでスライムを突き刺して大ダメージを与えているということだろうが。
とげぼうず同士の配合で【ばくだんいわ】が出来る。【スライム】【キングスライム】のようなものだろうか。
野生では【しあわせのとびら】の終盤、【さそいのとびら】【バザー端のとびら】に出現する。
 
2では【雪と氷の世界】クリア後に酒場でお見合いを求められる。
そのとげぼうずは【イオ】【デイン】【まじんぎり】を覚えているので配合しない手はない。
爆弾岩にするか他のモンスターにするかはお好みで。

DQMCH  Edit

キャラバンハートではDランクの物質系として登場。
主にローレシア南部に登場する雑魚モンスター。
覚える特技はやはりメガンテ。それにとっこうも覚える。
また、やいばのぼうぎょも覚えるが、触ると柔らかいという設定があるので、
実際に跳ね返しが出来ているのだろうか。
 
その後のシリーズではなかなか登場させてもらえず、J2Pでは上位種の【ばくだんベビー】に枠を取られてしまった。
1のリメイクであるテリワン3Dでもばくだんベビーが続投しており、やはり再登場ならず。

イルルカ Edit

ところが、2のリメイクであるイルルカではめでたく再登場。Fランクの物質系。
野生では出てこないが、普通に位階配合で作れる。こいつ2体で配合すればばくだんベビーになり、そのばくだんベビー2体でばくだんいわになるので、結果的にGB版と同様、ばくだんいわの素材として使えるのだ。
【新生配合】【強ガードブレイク】【メガボディ】化で【AI1~3回行動】【ギガボディ】化で【スカウト%アップ】を習得。
所持スキルは「ダイナマイト」。

DQR Edit

第6弾カードパック「小さな希望のシンフォニー」にて実装。共通のノーマル。

1/1/2
絶好調 このユニットが絶好調状態なら攻撃力+2を得る

自分から攻撃するまで1/3/2。
一度攻撃すると1/1/2になるので、速攻デッキの尖兵というよりはむしろそれを迎撃するカードとして優秀。
ただし、【ファイトいっぱつ】などで絶好調状態を回復出来るならその限りでは無く、応用性もある1枚。