Top > 【ふぶき】


【ふぶき】

Last-modified: 2019-09-07 (土) 16:27:40

・吹雪系ブレス
【ふぶき】
【つめたいいき】【こおりのいき】【こごえるふぶき】【かがやくいき】【絶対零度】

概要 Edit

FC版DQ3とDQ4に登場した【吹雪系】ブレスの呼称で、威力に関わらず、「◯◯◯は ふぶきを はいた!」の表記で統一されている。
DQ4まで表記として残っていたが、DQ5で凍える吹雪に取って代わられ、完全に消滅した。

DQ3(FC版) Edit

威力は3段階ある。
9~20ダメージのものは【ベビーサタン】【スノードラゴン】などが使用。
40~59ダメージのものは【スカルゴン】などが使用。スノードラゴンはこちらのふぶきも使用するので、上記の弱いバージョンを使われて「こいつのブレスは弱い」と油断しないこと。
100~139ダメージのものはラスボスの【ゾーマ】の得意技なので馴染み深いプレイヤーも多いだろう。当時はデスピサロの輝く息と同等の威力を持っていた。
 
【ほのお】に比べてやや遅れて登場したこの攻撃だが、本作では全体的にほのおに比べて威力がワンランク高いうえ、【ドラゴンメイル】のブレス耐性を無視するので完全な上位互換となっていた。
 
リメイクの際には、DQ6に合わせて威力が低い順に【つめたいいき】【こおりのいき】【こごえるふぶき】という名称になった。

DQ4 Edit

ダメージは40~60。
DQ5の【こごえるふぶき】のポジションで、立ち位置も氷ブレスの中位。
下位(9~13)は「こおりつくいき」、上位(100~140、デスピサロ最終形態専用)は「つめたくかがやくいき」と呼称されている。
DQ4では防具のブレス耐性が炎と吹雪で同じになったが、やや威力が高いので、こちらもやはり上位互換になっている。
 
味方側ではNPC【ドラン】がこれを吐くほか、【パルプンテ】の効果の1つで変身できる【光り輝く竜】の行動パターンにも入っている。
FC版では【ドラゴラム】の激しい炎と同様に、完全耐性持ちでも確定1ダメージとなる。

DQMSL Edit

幻獣バハムート」を新生転生させた際に習得する固有特技として登場。表記は「吹雪」。
名称こそ「吹雪」だが威力は【こごえる吹雪】より高く(同作の【絶対零度】とほぼ同じ)、更に1ターン休みの追加効果もある。
FF5のバハムートは戦闘中に使用する場合がある。