【シルバーフェザー】

Last-modified: 2020-10-18 (日) 01:02:40

ダイの大冒険

漫画【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場したオリジナルアイテムの一つ。
【アバン】【破邪の洞窟】内で作成したもので、外見は文字通り銀色の羽根。軸の根元側に、魔法力を蓄積する「聖石」の宝玉が嵌め込まれている。
この「聖石」はかつてアバンが【マァム】に授けた【魔弾銃】の弾丸の先端にも使われていたもので、その応用版とも言える。
魔弾銃は銃口から魔法の効果が直接飛び出し戦闘中のリロードも可能だが、銃本体が壊れてしまうと弾があっても撃てなくなるのに対して、シルバーフェザーは対象に突き刺さらないと効果が出ない反面、手裏剣のように手投げで飛ばせる他、使い捨て故に破損のリスクが少ない。
射程や速度の差は出るが、メンテナンスや故障の恐れといった面での信頼性は勝るだろう。
 
同じくアバン謹製の攻撃&魔力増幅アイテム【ゴールドフェザー】と対をなし、シルバーフェザーは回復用。刺さった相手に蓄積された魔法力を与え、MPを補充できる。
並みの魔法使い2,3人ならこれ一本で満タンにできる力を持っているのだが、【ポップ】は一本では全回復できないほどの魔法力を持っていることが分かり、アバンも驚いている。
単行本30巻の時点でポップのMP量は325を記録していたので、フェザー1本のMP回復力は凡そ250~300前後と考えられる。本編ゲームのMP回復アイテムに比べ、規格外の回復量であることが伺える。
後に【ゴールドフェザー】と共に【レオナ】に半分譲られたが、それでも十数本はあった。これを携帯していたこととアバンが【ジャッジ】によって異空間に引き込まれたことから、バーンパレスの【魔力炉】はレオナを最も莫大な魔力の持ち主だと感じ取り襲いかかっている。
【バーン】との戦闘では、魔力が切れるタイミングに合わせてフェザーを投げ、間を置かず回復して【ドルオーラ】を連発させるというファインプレーを見せた。
 
羽の先端は鋭く尖っている為、刺して使うと結構痛みが伴うようだ。
聖石が魔弾銃の弾頭と同じ物なら、同様に呪文を込めて投げつける事もできる可能性はあるが、作中ではそのような使い方はされる事はなかった。
シンプルなMP回復アイテムではあるが、消費の激しい大技を多く使う最終決戦の中ではパーティの大きな助けとなった。逆に言うとダイ達はMP回復アイテムの類を持参せず決戦に臨んでいことになるが、作中に【いのりのゆびわ】のようなMP回復装備は登場しておらず、序盤で登場していた【まほうのせいすい】は回復量が少なく、そもそも貴重品なので大呪文の連発を補えるほどの数は揃わなかったようだ。

余談

魔王軍側である【ガルダンディー】も形状の似た2種類の羽根を飛ばして攻撃する技を持っているが、突き刺さった際の効果は赤い羽根で体力を奪い、白い羽根で魔法力を奪うというもの。
 
DQ7では【フライングデビル(職業)】のランク4の称号が「シルバーフェザー」である。
意識して被せたのか、偶然被っただけなのかは不明。