Top > 【タイガーランス】


【タイガーランス】

Last-modified: 2019-06-22 (土) 17:35:22

概要 Edit

DQ9で初登場したモンスターで、名前に武器の名前を冠するモンスターの1体。
上半身が虎、下半身が馬の身体を持った合成獣で、要するに人型の部分が虎になったケンタウロスである。よく見ると尻尾は虎のそれ。
上半身の背中にはコウモリの羽が生えているが、元々飛べないのか敢えて飛ばないのか、飛行した場面は出てこない。
ちなみにケンタウロス体型なのは「戦場を誰よりも早く走るために自分の馬と合体した」からだと9の図鑑に書かれているが、羽があるのはなぜなのか……。
普通に考えれば虎の方に羽が生えていたからだと思われるが、逆に馬の方に羽があった可能性もある。
どっちにしろ「虎に翼」(鬼に金棒と同じ意味)もかかっているのだろう。
ちなみにテリワン3DのチャレンジャーズGP魔獣系限定戦ではその言葉を元にしたと思われるトラにツバサという名のチームを公式が使用している。
チーム構成はこいつと【ウイングタイガー】
 
色違いに【ホワイトランサー】【キマライガー】がおり系統最下位。
だがモンスターズでは系統代表に選出された。

DQ9 Edit

主にサンマロウ地方に出現するが、宝の地図の洞窟(遺跡タイプ)のJランクにも出てくる。
攻撃力がそこそこ高く、手に持った槍でなぎ払ったりルカニを唱えたりするが、
むしろこの前に行く事になるであろうビタリ山に出現する、ストーンマンやメイジキメラ、ビッグモアイの方が厄介。
そいつらを相手にした後のプレイヤーであれば苦労はそれほどしないはず。
混乱、麻痺、即死が効きにくい以外はどれも有効なので、眠らせるなりして対処すればいいだろう。
特に氷属性が有効で、魔法使いのヒャドは効果大。
ドロップアイテムは【まじゅうの皮】【ホーリーランス】
 
余談になるが、2010年元旦にWi-Fiショッピングに接続した際「謹賀新年」の壁紙としてこいつと鏡餅カラーのスライムタワー2匹が書かれた一枚絵が登場した。2010年が寅年であったからだろう。
だが、さすがに2014年の午年にはDQ9そのものが廃れていたので登場しなかった。

DQMJ2P Edit

ジョーカー2までは欠場したが、プロフェッショナル版から参戦。魔獣系のCランクで、特性はルカニブレイク、自動HP回復、時々マホトーンとなかなか優秀。
最強化するとAI1~2回行動になるが、能力値限界は下がる。
野生では出現しないが、断崖に出現するリカントに適当な低ランクモンスターを配合すれば生み出せるので入手は楽。
弱くはないのだが、ぶっ壊れ性能の【プリンス】を所持するため、大抵は生み出されてすぐ配合される運命にある。まるでプリンス引換券である。

テリワン3D Edit

魔獣系のDランクになった。
【おおぞらのとびら】に野生の個体が出現する。
特性は前作の自動HP回復に加え、ルカニブレイクがパラメータブレイクに、+25でタメキテボディが、+50で亡者の執念が追加される。
相変わらずプリンス持ちで入手が楽なため、スキルの為に溶かされることもある。
しかしプリンスが前作ほどチート性能ではなくなったため、幸か不幸かテリワン3Dに多くいる地味なモンスターの1体となった。とはいえこのスキルはなかなかおいしいので、スキル供給源としては割と重宝するモンスターだったり。……それならずっと前に解禁されるやすらぎの扉の【ジャンバラヤン】で足りるのだが。
低ランクゆえに能力は物足りなくなりがちだが、自動HP回復のおかげでなかなかタフなため序盤のうちはかなり輝いて見える。パラメータブレイクが活きるスキル構成にしてやろう。【レッドファイター】【かぶとわり】辺りがお手頃か。
【みずげい】【エコロジー】あたりで自動MP回復を体得させておけばなお良い。
両刀こなせるがスキル枠が狭いので、ガチで使おうと思ったらジャックや闘神レオソード、暗黒皇帝ガナサダイ、エルギオスといった複合型スキルが良いだろう。
ただ1回行動なので色々マルチにこなせてもあまり恩恵はない。
対応できる範囲が広いメリットそのものは大きいが、1枠を活かしてパーティで分担すればいくらでも融通が聞くからだ。

イルルカ Edit

野生では出現しなくなった。
【トドマン】×【エビルアングラー】などで生まれる。
【新生配合】【ツッコミ】【メガボディ】化で【AI1~3回行動】【ギガボディ】化で【いきなりバイキルト】を習得。
ライブラリによれば、華麗なヤリさばきで相手にトラウマを与えるそうな。虎馬だけに。