【ダムド】

Last-modified: 2022-06-30 (木) 18:27:08

クロスブレイド(漫画版)

本作最大の敵であり、【超越魔王】と呼ばれる謎の男。
外見は金髪に白い肌、黒い眼で、顔には両目を縦断する入れ墨のような紋様がある。
そして青い衣に金色の具足を身に付け、胸甲の背中には短い翼のような装飾がついている。
名前の由来は地獄に落ちるべき、忌まわしい等の嫌悪を意味する「Damned」からか。
変身後は超越魔獣ダムドという名に。髪は逆立ち、超魔生物ハドラーのような姿となる。

勝手に喋ったというだけで部下も容赦なく殺害する冷酷な性格。
時空や幾多の世界を越え、邪の者を集結させた恐怖の軍団「ダムド軍」を率いて人間を殺し続け、世界を支配しようとしている。
その為に【メイロ】同様にクロブレのカードの力を操り、様々な敵を【勇気】【ダイ】に差し向ける。

第5話では【ハドラー】【超魔生物】に強化してユウキ達に差し向けるも、原作同様に武人らしさを得てユウキを認めたハドラーを「人間に心移りした」と粛清し、自らの手でダイとユウキを消し去ろうと戦いを挑む。
続く6話でその生い立ちが判明。魔族の父と人間の母の間に生まれたが、母が裏切り者として人間に殺害された事で心が壊れ、更にダムドの愛する心の化身であるメイロを何者かに引き離されて人間への怒りが増して今に至った。この設定は【ラーハルト】と似ている。
そして超越魔獣の姿となり、触れた者を他次元に飛ばす圧倒的な力でユウキとダイを追い詰めるも、生き延びたハドラーの【覇者の剣】に阻止されダイの力を借りたユウキの【アバンストラッシュ】の前に敗れ去る。
戦闘後、人間との共存を望むユウキの優しさに触れたことで自らカードと化し、自分以上に闇堕ちした「あの御方」の存在を仄めかした。

ゲーム版

【ジャンプフェスタ】2020にて原作者の【三条陸】【稲田浩司】が考案したキャラクターだと判明。
そして2弾からオリジナルストーリーに登場し、5弾では2021年7月22日から5弾終了時まで強敵ボスとして戦える。属性は暗黒。
報酬は超越魔王の頭飾りと盾。スーパークリア上限は超つよ:スマッシュ攻撃を6回以上パーフェクトで攻撃してクリア。ギガつよ:敵からのスマッシュ攻撃を6回以上パーフェクトで防御してクリア。

6弾では【ギガレア】としてカード化すると同時に超越魔獣ダムドが強敵ボスとして登場。
真1弾ではその超越魔獣の身体半分が結晶化した「超越破断魔獣ダムド」が登場し、ギガレアとしてカード化した。

真4弾では超越魔獣ダムドがギガレアとしてカード化。
真5弾では再び超越破断魔獣ダムドがギガレアとしてカード化。