Top > 【とうぞくのかぎ】


【とうぞくのかぎ】

Last-modified: 2019-06-29 (土) 21:53:27

概要 Edit

DQ3以降、DQ5とDQ11を除く全作品に登場する鍵。
【まほうのかぎ】【さいごのかぎ】と並ぶ、ドラクエ三大鍵のひとつ。
簡単な作りの鍵穴(黄色or赤系の扉)ならばこれで解錠出来る様になる。
DQ3では【盗賊】【バコタ】が作った鍵なので「盗賊の鍵」と呼ばれており、以降の作品でも「名うての盗賊が作った」「盗賊が愛用している手製の鍵」といった扱いになっている。
 
DQ6以降は市販されたり錬金術で作れる様になり、貴重品としての扱いは廃れている。
……【ろうやのカギ】といいこれといい、こんな代物を簡単に市販していいのだろうか?
以降クリアに必須ですらなくなり、宝物庫に侵入したり宝箱を開けたりと「勇者行為」専用道具になりつつある。
 
デザインは「可動式の三本の棒がくっついた鍵」というもの。魔法仕掛けの「まほう」「さいご」と違い、純粋に鍵の先端の形を任意に変えて解錠する仕組み。
しかし、この仕組みだと素人にはとても使いこなせそうにない。歴代主人公はやはりその方面の才能があるのだろうか?
たかだか三本動かすだけで大体の鍵に対応できる辺り、ドラクエ世界の解錠技術に対しての施錠技術の進歩は大分遅れているようである。
DQ7ではあまり治安の良くない町で販売されており、ならず者たちの間では比較的ポピュラーな道具の模様。

DQ3 Edit

【ナジミの塔】の最上階にいる【老人】から貰える。【レーベ】の爺さんに【まほうのたま】を貰うのに必要。物凄く頑張ってレベルを上げれば【アバカム】の呪文で代用できるので、スルーしてエンディングまで到達可能。
 
リメイク版でこれをやると、爺さんが【なんと! カギあけの呪文とな?】と専用のセリフを発する。なかなか芸が細かいが、特におまけのアイテムがもらえたりはしない。

DQ4 Edit

二章で偽姫様の【メイ】を誘拐犯から助けると貰える。【さえずりの塔】に入るのに必要。また五章になってからも【コーミズ西の洞窟】で魔法のカギを手に入れる為に必要になる。故に、【アリーナ】一行を仲間にせずに先に魔法のカギを入手する事は出来ない。(FC版でなら【透明気球】の裏技を用いて 【さいごのかぎ】を入手すればスルーする事が出来るが)
二章終了時に【ブライ】にこれを持たせていても、五章加入時にはアリーナの持ち物に入っている為、【クリフト】の病気を治さないと手に入らない。
 
また、【バトランド】の宝物庫は何故かこのカギで開けられる。中に【バリアー】が張ってあるとはいえ少々不用心な気がするが、屈強な戦士たちの国なので人力で守るという事だろうか?

リメイク版 Edit

【パデキアの洞窟】の入り口に扉が設置され、このカギがないと入れなくなった。
…のだが、このカギを持っているアリーナは扉を蹴破る為、結局カギは使わない。
パーティーメンバーの中には「姫は確か鍵を持っているのになんで蹴破る?」的な反応をする者もいる。

当然の事ではあるが、この後彼女を帯同させてもこんな力技を披露してくれる機会はない。
 
なお、このイベントは【ミントス】でブライを加入させた後でないと発生しない為、FC時代には出来た「供の者を助けてくだされ」→「え?もう薬を持ってる?」といった先回りは出来なくなったが、正直なところ必要性の有る措置とも思えない。

DQ5 Edit

登場しないが、とうぞくのカギに当たる存在として【カギの技法】が登場する。
アイテムとして入手するのではなく主人公が覚える技術という違いだけで、開けられる扉などはほぼ同じようなもの。

ちなみに「とうぞくのカギ」というアイテムそのものは没データとして存在しており、
何らかの手段を用いて実際に入手して使うと技法が対応している扉が同様に開くらしい。

DQ6 Edit

シリーズ史上初めて店売りで入手可能に。表記は「とうぞくのカギ」。SFC版では【シエーナ】のバザー南東端の店で470Gで購入可。実はシリーズで初めて売却も可能で352Gで売れるが、気づかなかったプレイヤーも多いだろう。
FC版等でDQ1をプレイ済みの古参プレイヤーの中には使い捨てと勘違いして何個も購入してしまった者もいたとか……。最序盤にそんな何個も買えるほど資金が豊富なプレースタイルは相当稀だろうが。
 
この店の主人はバザーの準備に出遅れてしまい、辺鄙な町はずれにしか店の場所を確保できなかったらしい。分かり辛い場所にいる為、気付かなかった人も多いのではないだろうか。【むらのみんげいひん】【ドガ】に高値で売れば確実に手が届くようになっている。
この時点では一見高い買い物に見えるが、これを使って街中を荒らしまわると250Gや【うろこのたて】 等が手に入るのですぐに元が取れる。民芸品をうっかり安値で売ってしまって手が届かなかったとしても、【トルッカ】で少し稼いで来る事で簡単に買えるだろう。
 
他にも【ムドーの城】【ほのおのツメ】を取る為にもこのカギが必要。ムドー戦では炎の爪があるのと無いのとでは難易度が段違いなのでそれまでには入手しておきたい。
 
バザーは一定期間を過ぎると終了してしまうが、代わりに現実世界の【レイドック】でも購入可能(期間限定でレイドック城潜入イベント後)。【ロンガデセオ】でも一つ入手出来るが、この時点では既に上位互換の魔法の鍵(人によっては最後の鍵も)を入手済みなので特に意味はない。無法の町・ロンガデセオらしさを出す為の演出アイテム兼、買い逃してしまったアイテムコレクターの為の救済措置だろう。

リメイク版 Edit

SFC版のシエーナに相当する【マルシェ】で同じ様に売られている。
システム変更によりアイテムの【せかいちず】が削除された為、せかいちずを売っていた店が鍵屋に変更されている。
なお、SFCで鍵を売っていた隅っこの道具屋は相変わらず存在しているが、単純に売り物から鍵が無くなっただけ。
辺鄙な場所しか取れなかった上に何の目玉商品もない可哀想な店となった…。
 
SFC版の地図同様に値切り交渉が可能で、限界まで値切れば200Gで購入可能。
のちに店売りされている価格も200Gなので、これが正規の価格である。それに伴い、売却額も150Gになった。
これを買えば宿屋の地下室にある250Gが盗れるので、即座に元を取れるし50Gの利益がでる。
うろこの盾がモンスター図鑑に置き換わっている点を考慮しても、リメイク版の方がプラス収支。
民芸品を売却したお金は遠慮無く装備品につぎ込んでやろう。
 
また【ムドーの城】のほのおのツメがある場所の扉がカギ無しでも扉が開く様になった。
レイドック(下)で【どくがのナイフ】を手に入れたらそれ以降は出番がないので、
アイテムコンプに興味が無いなら売ってしまっていいだろう。

DQ7 Edit

【ふきだまりの町】の道具屋から470Gで購入出来る。DQ6からお値段据え置きで登場。店で幾つでも買えるが今作では売却不可。一個あれば十分なので間違えて複数買わない様に。
 
今作から盗賊の鍵の役割が変更になり、扉ではなく鍵の掛かった宝箱を開ける物になった。盗賊の名に相応しく、主人公達を本当に盗賊にする物になった訳である。長い期間に渡って鍵付きの宝箱があるので是非買っておこう。
なお鍵付きの宝箱に石版が入っている事は無いので、買わずに進める、という事も可能。

DQ8 Edit

【トラペッタ】の防具屋が秘密裏に販売していたらしいアイテム。トラペッタ到着直後にカウンターの内側から話しかけると「600Gで売ろう」と持ちかけられる。この時点ではかなり高額な値段。というかトラペッタ到着~トロデ騒動の僅かな間に600Gを貯める術が無いので、購入する事は不可能である。
【トロデ】の侵入騒動が終了すると「売り切れた」として、代わりに製法の記された【とうぞくのメモ】の所在が聞く事ができる。「購入した」と語る者が世界中のどこにもいない為、やたらあちこちに錬金レシピを隠す主人の性格を踏まえると、元々販売などしておらず、単に自分の隠したメモを発見させる為の演出の可能性も……。
因みにスマホ版では初めから持っている金額が500Gなので、主人公の装備品等を売れば所持金を600G以上にでき、初期の所持金が50Gになった3DS版でも配信プレゼントを売り払えば余裕で金が集まる。
しかし600G持っていても店主の台詞は変わらないので、やはりメモを見つけさせる為の口実に過ぎなかった様だ。
 
店頭に並べるほど大っぴらに売っていた訳では無いが、そこそこ知られた情報だった様で、到着直後に入り口にいるお姉さんに話しかけると「あなたもカギがほしくてきたの?」等と聞かれる。この問いに「はい」と答えると【ヤンガス】を指して「いかにもな顔だもんね」等と言われる。実際、つい先日まで山賊稼業に勤しんでいたのだから正しいといえば正しいのだが、ヤンガスの心境や如何に。
 
結果として入手手段は錬金のみ。材料は【鉄のクギ】+【ブロンズナイフ】。最速なら【船着き場】に到着した時点で作成可能。本作でも鍵の掛かった宝箱を荒らせるのでなるべく早く持っておきたい物なのだが、生憎材料となる鉄のクギがこの時点では一品ものであり、尚且つ同時期に錬金可能で戦闘で便利な【ハイブーメラン】と被る為、どちらかしか作れない。
ただ、ほんの少しストーリーを進めれば【旧修道院跡地】で二つ目のクギを手に入れられるのでそこまで真剣に考える必要はないかもしれない。
船着き場で盗賊の鍵を使うと開業する道具屋では、錬金術に便利な【バンダナ】を販売している為、早く錬金術で金を貯めて装備を整えたいなら盗賊の鍵を先に作ろう。
逆に錬金術は【上やくそう】で充分、ハイブーメランが先に欲しいと言うのであれば、ハイブーメランを作っても良いだろう。
【とんがりぼうし】なんぞを作ってしまうとどちらかがお預けになってしまう。
 
魔法のカギ入手後は開錠アイテムとしては全く用を成さなくなるのはお約束だが、【バトルアックス】と錬金する事で【さんぞくのオノ】が作成可能なので、不要になった後も一仕事残っている。

DQ9 Edit

預けた【ちいさなメダル】が計4枚になるとキャプテン・メダルから貰える。その用途は計5ヶ所の宝箱を開けられるだけ。今作ではかなり影が薄い。

DQ10 Edit

特定のクエスト報酬として登場。黒い宝箱を開けられる。Ver.2.1からは上位版の【大とうぞくのカギ】もある。詳しくはこちらを参照。

DQ11 Edit

DQ5ぶりの未登場。DQ11がDQ3よりも過去の世界であることを考えると、DQ3の時代にバコタが作ったという設定のとうぞくのかぎが存在しないのは至極当然ではある。

DQH2 Edit

何気に外伝初登場。盗賊でのみ挑めるクエスト報酬として登場し、黒い宝箱や閉ざされた門を開けられる。クエスト報酬かつ貴重品扱いなので、周回するとまた取り直しになる。二度目ならあの高難易度クエストもクリアは簡単だろう。

その他 Edit

2006年にスクウェア・エニックスから「DRAGON QUESTシリーズ キーホルダー<とうぞくのカギ>」がまほう・さいごのカギと共に発売された。