Top > ストーリー > 【エアリスの死】


ストーリー/【エアリスの死】

Last-modified: 2019-07-26 (金) 19:32:07

FF7 Edit

FF7、DISC1の大詰めで起こる衝撃的かつ悲劇的なイベント。
 
エアリスを追い忘らるる都へ向かったクラウドたちは、祈りを捧げるエアリスを見つけ彼女のもとへと駆け寄る。
この時クラウドは操られエアリスに剣を向けてしまうが、仲間の声で我を取り戻す。
だがエアリスが振り向いた時、祭壇の天井から飛び降りてきたセフィロス正宗で彼女の胸を貫き、
そのままエアリスは絶命してしまう。
ジェノバ・LIFEを倒したあとクラウドは泉に彼女の亡骸を葬る……

  • 唐突に起こるイベントであり、別れの言葉一つないまま、あまりにもあっさりと殺されてしまうため、
    初めて見るプレイヤーを衝撃と混乱に陥れる。
  • なお、エアリスを殺したのはセフィロスではなく、セフィロスに擬態したジェノバ・LIFEである。
  • セフィロスが正宗を引き抜くと、刺された衝撃のためかエアリスのリボンはほどけてしまい、下ろした髪型になる。
  • その残酷な描写ゆえに下手するとLP0で死亡した時よりトラウマは大きい。しかもエアリスの死はゲーム上の仕様なので回避できない。
    「エアリス、嘘だろ」とクラウドが言っている時のシーンではリボンはそのまま残っていた。
    • 刺されて、リボンはほどけるものだろうか。
  • 白マテリアを持つエアリスが、ホーリーを発動させるため、あの場所にいた。
  • エアリスが振り向いた時、祭壇の天井から飛び降りてきたセフィロスが
    エアリスは、振り向いてはいない。
  • 祈りを中断させないために、エアリスはクラウドやセフィロスから逃げなかったのだろうか。それとも、クラウドのときは目を閉じていたから、セフィロスのときは死角からだったから気づかなかったのだろうか。
  • ↑エアリスにとって予期してた覚悟の死なのか、
    不意に訪れた予期せぬ死なのか気になる…

ちなみに、急降下してエアリスを突き刺すまでのセフィロスは手袋をしていないが、そのあとのセフィロスは手袋をしている。
さらに、祭壇でクラウドがエアリスを持ち上げた際、エアリスの頭はクラウドの右腕側にあるが、何故か水葬のシーンでは頭が左腕側に来ている。途中で持ち替えたのか?


今までにも仲間などの死の描写は存在したが、従来のドット絵や文章効果音の組み合わせでの表現とは違い、
シリーズ初の3DCGを用いた表現であるために、衝撃度と悲壮感も増している。
そして、蘇生ネタも蔓延した。

  • 刀による刺殺シーンという余りにも直接的な残酷描写がCEROに引っかかるのか、ネタバレ回避のためかは定かでないが、PS4版ではムービーが放送不可区間にされている。
  • 「蘇生のためには水中呼吸マテリア没アイテム)が必要」などの様々な噂が流れた。もちろん全部デマ。
    その後、サガフロを使って彼女を生かしたまま無理矢理連れ回せるバグ技まで発見された。
    厳密に言えばこちらは蘇生ではないが。
    • それで生かしたエアリスを本来いるはずのないアイシクルロッジのスノボーのミニゲームの後とヒュージマテリア作戦時のコンドルフォートに連れて行けばセリフを言う。あとユフィとヴィンセントを仲間にしていなかった場合も連れて行けばDISC2・3でもイベントで喋ってくれるのでちょっとは生きてる感じがする。
  • 蘇生を提案したスタッフもいたようだが命の重みを重視する坂口氏の意向により却下された、
    この後実際にエアリスの死は無駄ではなかったという流れで物語は進んでいくし
    これまでのFFシリーズや火事による母親の死などを体験した坂口氏には思うところがあったのだろうか。

この時セフィロスが重要な事を言ってるが、正直プレイヤーはクラウド以上にパニックで頭に入らないだろう。
悲壮感に満ちた曲が流れ続けているせいで、もう何をすればいいか分からなくなってくる。
しかもこの曲のまま強敵ジェノバ・LIFEと戦闘をしなければならないなんて本当に残酷である。

当然負ければゲームオーバー、先へ進むにはまた指先がチリチリ(ryにならなくてはいけない。

エアリスへの感情は人それぞれ、大泣きする者もいれば悲しいがクラウドに任せ退く者もいる。
中には優しく頬を撫でる者鎮魂の遠吠えを上げる者も…

  • みんな、彼女が絶命した事で深く傷ついているんだよね…。勿論クラウド自身も傷ついているに違いない。
    • また、クラウドに至っては彼女を救えなかったことを深く後悔している様子もうかがえる。
    • ケット・シーを連れてゆくと去り際に占いをする素振りだけ見せるが、途中で止めてしまう。前回の結果を見た直後でのシーンなだけに余計に悲しくなるし、本人の足取りもかなり重くなっている。
  • 事前知識無く初回プレイでエアリスをメインで使っていた人にとっては二重の意味で悲しかったりする。
    • 乗りたがっていた飛空艇。会いたがっていた本当のクラウド。皮肉にもいずれもエアリスの死後にストーリー上実現されるものだった。もしこの時エアリスが生きていたら、何を思い何を言ったか。それを考えると本当に切なく名残惜しい。
    • ↑しかもその次に行く場所がエアリスの故郷アイシクルロッジ。何とも言えない。エアリスのビデオ(声だけだが)がすごくつらい…。
  • ジェノバの攻撃は全て水属性攻撃なので、忘らるる都直前のサンゴの谷で手に入る水の指輪を装備させれば完封可能。敵の攻撃による全滅は100%なくなるので、イベント繰り返したくない人にはおススメ。もしかしたらこのために水の指輪が置いてあるのかもしれない。でもあえて全滅して、エアリスと一緒に皆でライフストリームに…っていう脳内ストーリーもありかも。
  • ちなみにセフィロスが言う「重要なこと」とは、たった今息絶えたエアリスもいずれ星をめぐるエネルギー(ライフストリーム)となり、セフィロス自身はそれを吸収して神になることを目的としている、ということ。
    • 「お前に感情があるとでも言うのか?」「何故なら、クラウド。お前は……人形だ」など、クラウドの過去とセフィロス・コピーを示唆した言及もある。ただここらはエアリスの死によるプレイヤーの混乱を差し引いても、初見で理解するのは無理なところだが。2周目以降に「ああ、なるほど」と気づく伏線の類。
      • 2周目はともかく1周目はセフィロスの台詞なんぞ欠片も見ちゃいなかった。「だからなんだセフィロス!ごちゃごちゃうるせーんだよ!」とマジギレして全力で攻撃してたわ。

古代種の神殿の終盤で、ケット・シーが占いでクラウドとエアリスがぴったりだと言っている。
2周目以降で事前にここでエアリスが死ぬとわかっていて、かつエアリスとデートしている周回だと、
その占いが非常に悲しく思えてくる。

  • 占いのほんとの結果はケットシーしか知らないんだよな、これ
  • この後の展開を知らない初プレイ時だとデートも神殿終盤の占いも夢も何気ないラブイベントにしか見えないものだけど、2周目以降はBGMといいエアリスの一言一言が重く感じ悲しみと切なさを感じずにはいられない。

発売から数年後、某ガンダムで何やら似たようなシーンがあり、多くのFFファンから突っ込まれていた。

  • ↑初代ガンダム、Ζガンダム、伝説の勇者ダ・ガーン等サンライズ作品では、昔からでもやってる、無知も甚だしい。
    • ↑「水葬」まで被るとなるとその辺は種死だけだろう。言葉が強すぎるぞ。
    • ↑その時代のガンダムとか知らない人だっているんです。
    • このくらいの被りを取り上げるならFF7のエンディングはガンダムの似たようなシーンに丸被りしちゃってんだよなぁ。
    • ガンダムの方は本放送時にちょうどネットが広まりつつありファン同士の交流が盛んでFF7も当時記憶に新しく、どちらも人気作。こうなるのはまあ仕方なかった。
  • そしてザックス役の鈴村健一は奇しくも双方の作品で、その女性たちと深い関わりを持つ役を演じた。
    • さらにエアリス役の坂本真綾氏はそのガンダムにも出演している(というか、最終的に鈴村氏の役とくっついた)。
      • 更に言うとなると、最終的には中の同人同士がくっついてしまった。詳細はそれぞれのページで。

絵的には綺麗だが、水に沈められたエアリスの骸のこの後の変貌を想像するとちょっと……
ちゃんと荼毘にふすか埋葬してあげましょう。

  • 古代種の都市である忘らるる都の水だから肉体は魂ごとライフストリームに還ったと思われ
    • なんか飲みすぎたら中毒になりそうな水だな
    • 実際そんな感じでエアリスが沈んだ先にはライフストリームっぽいのが見えてる。
      だから上記の某ガンダムはそういうのがないから余計突っ込まれてる。
    • なにもしなければ人の体は水に浮くものだが、忘らるる都の水には浮力がないのだろうか。
    • ↑某ステルスアクションゲーの生物反応槽のように、水の比重がやたらと軽くなっているとか。
      …尤も、この理屈が正しいのかどうかもわからない以上、なんらかの特殊な力が働いていると考えるのが自然なんだろうね。
    • もしかすると、あそこが忘らるる都に暮らしていた古代種の墓所なのかも(遺体がライフストリームへ直接還れるからといった理由で)。墓所であることを示す遺物が周囲に残っていたとかで、ここが古代種の墓所だとわかったから、クラウド達はあそこにエアリスを弔ったとか。
    • 湖ではなく墓所なら、下記の「沈める場所まで斜面」ってのも結構納得できるな。自然にあったものをある程度加工した感じで。

エアリスはかなり沈むのにクラウドがなぜ立っているのか謎。
急に深くなっているのか?

  • 今は亡きゲーム雑誌『ザ・プレイステーション2』のイラストコーナーにて
    「クラウドは必死に足をバタつかせている」という説の断面図が投稿されていた。
  • 沈める場所まで斜面になっていて、クラウドはその斜面の終わりギリギリに立っていた、と思っている。
  • 足を滑らせそうだ

このムービーははいつでも見る事が可能。
DISC2で起動して、「はじめから」が表示されたら、DISC1を入れて、「はじめから」を選択すると、エアリスを沈めるシーンから流れ始める。
その後のムービーも順番がハチャメチャになる。

時間短縮に使われることもある


書籍on the way to a smileでは、セフィロスを倒してメテオを止めた後に、皆で忘らるる都に来てエアリスを悼むシーンがある
(個人的には、エアリスとの思い出はクラウドだけのものにしておいて欲しかったのだが…)。

  • (プレイヤー次第でいないキャラもいるが)あの場に他にもいたんだからクラウドだけのものじゃないだろ、最初から。
  • (主人公含め)誰か一人だけが辛く悲しい訳ではないし、一番悲しい訳でもない。(by岡ひろみ)
    家族・親友・恋人のように元から故人に近しい人ならば、勿論嘆き悲しんで思い出に浸ってくれて構わない。しかしクラウド達一行は旅を供にする仲間であり、あくまでも「戦友」であることを忘れないでくれ。
    いつまでもメソメソしている訳にいかないし、それは「仲間」のすることではないよな。
    遺志を継いでまだまだ頑張らなきゃいけないんだから。
    危険を承知で旅をしてきた以上、命の危険だって各々理解していただろう。
    (覚悟ができていてもそれを乗り越えるのは容易じゃないけどね)
    そもそもエアリスとの思い出は彼女自身のものだと思うが…。
  • だからこそ旅が終わった後に、「仲間」として改めて皆、追悼に来たのだと思うが。(人によってはクラウドから見れば恋人だろうか)
    そして思い出は、同じ時を共有した皆のものだろう。

大抵のRPGないしアニメやありとあらゆる娯楽作品でこういったシーンがあると
高確率で死に際のセリフを言うものだが
このイベントではそういったのが全くないので、そういったものもあって最初エアリスが本当に死んだのが分からなかったプレイヤーも数多くいたと思う。

  • 直前のクラウドの夢の中での「すべて終わったら、また、ね」という希望と再会を約束した言葉がエアリスが残した最後の言葉だった。以後一切セリフはなく回想やちょっとした幻でしか出ないために、それがあまりの唐突さと衝撃をより強調したものとなったと思う。
  • 初プレイ時、小学生ながらデートイベントの時点で嫌な予感はしてたんだよ、何か妙に物悲しいというか切ない雰囲気だったし。
    で、↑の夢の中の言葉で「エアリス死ぬ!絶対死ぬ!」と確信した。でもその時点ではまだ助けられると思ってたんだよ。
    まさか強制イベントだなんて思ってなかった。イベントを見た後は好きだったお姉さんが死んでしまったような感覚に陥ったわ・・・。

エアリスがタイニーブロンコを使わずに、どうやって忘らるる都にたどり着いたのか不明。


セフィロスがホーリーの発動を妨害したいならクラウドの到着を待たずにエアリスを殺害するべきだっただろう。
…が、事が起こる直前のクラウドの行動(ジェノバに操られて剣を振り下ろそうとする)から察するに、セフィロスはあの瞬間までエアリスの居場所を探し当てられなかった可能性が非常に高い。つまり、水の祭壇へセフィロスを案内したのはクラウド自身だったという解釈が出来る。
もしそうだとするとプレイヤーにとってはかなり残酷に感じるかもしれないが、構成として非常に上手く出来てはいる。

  • 十中八九そうだと思う。エアリスが詳しいことを告げずに単独行動した理由がそれなのだろう。
    しかし、そうなるとクラウドの言動はセフィロスにすべて監視されているということになるが・・・。
    • セフィロスはライフストリームで星の知識を収集しつくしてるんだから水の祭壇がどこにあるのかは知っててもおかしくないし、ホーリーは詠唱できたが発動をセフィロスが押さえ込んでた事実がある以上ホーリーの妨害が狙いでエアリスを殺害したってのはちょっと無理があるんじゃないか?
      • 永遠に抑え込み続けるの?自分の目的を阻害しようとする意志と能力がある奴を殺害しない理由こそない。
      • いや永遠に押さえ込む必要はないよ。メテオが星にぶつかるまで抑えてこむだけで十分
      • 別のゲームとかやってて思ったんだが、セフィロスが「自分が主人公達の切り札を押さえ込むだけの力を持っていることをわかっているから、あえて主人公達に切り札を使うように仕向けて、それがまったく効果を発揮しないせいで主人公達を絶望させて戦意喪失させる、もしくはそれをきっかけに仲間割れさせる」っていう感じの手を使う性格だったら、エアリスは死ななかったんだよな…とか思ったりした。
    • セフィロスは水の祭壇の場所は知っていたが、あの時までたどり着けなかったとかだろうか。

【視聴覚室】
やはり何周してもこのシーンは通りたくない…


FF7以外のキャラクターについてはExtra/【エアリスに対するみんなの感情】からどうぞ。

FF7AC&ACC Edit

エアリスが祈りを捧げているシーンや水葬のシーンが断片的に再現された。


冒頭部でエアリス水葬は再現されたが7本編と比べカメラが遠すぎた感もする。

DFF Edit

セフィロスの勝利時セリフで「悲しむふりなどよせ」がある。
ここでしゃべった「悲しむふりはやめろ」のオマージュか。

DDFF Edit

DLCでエアリスをアシストキャラとして使える上に、空中HP攻撃がホーリーなので、
セフィロスのこれと組み合わせれば擬似的に再現が可能である。
……尤も、再現したところでゲーム的に何の意味もないが。

DFFAC Edit

自分でセフィロスを使用した際の登場シーンの1つが、刀を真下に構えたセフィロスが刀を垂直落下してきて地面に突き刺す、というもの。
またストーリー上ではティナに向けて同じような攻撃を放ったがかわされた。


セフィロスのC.Lv13で開放されるシンボルチャット
この場面でセフィロスが語った「クックック……悲しむふりはやめろ」という台詞が採用されている。


後半部分は使う場面もあまりないが、前半部分の笑い声はチャットの組み合わせに使いやすい。
とりあえず前置きとしてクックックと笑ってから話せばセフィロスっぽくなる。

  • クラウドとスコールが揃えば、
    セフィロス「クックックッ…クックックッ…」
    クラウド「クックックッ…クックックッ…」
    スコール「クックックックックックッ…」
    と四天王の最初の奴がやられた際の残り3人になりきることも可能。
    • アップデートによりカムラナートもクックック勢に加わっている。