Top > モンスター > 【ラルヴァイーター】


モンスター/【ラルヴァイーター】

Last-modified: 2019-05-10 (金) 20:59:23

霊を喰らう者。(【larva】=霊/ラテン語)


FF12 Edit

クリスタル・グランデに出現するガーゴイルレアモンスター
このレアモンスターの最大の存在意義は、
激レアアイテムのダンジューロを所有していることである。
ダンジューロはドロップアイテムの2番目に確率が低い枠に位置しており、
また出現条件も非常にわかりづらくシビア。
(クリスタル・グランデに入ってから256体以上敵を倒すとエンゲージ可能というものだが、工夫しないと相当時間がかかる。)

  • 出現場所は死神同様に「転送装置を使わずに(徒歩で)転送装置のあるフロアを訪れると出現」。

チェインで撃破数を確認しながら出す場合は
5体沸きしているマザーグレネードは上層フロアにいる為、
安全に戦うのであれば3体沸きしているオセを相手にするのが有効。
また、ネクロフォビアの分身を倒しておくと、マップを切り替える度に撃破カウントが1増える。
少しでもダンジューロを入手しやすくするための手段として、
事前にギルヴェガンの水層都市トリマーラ~アウダに出現するバロン
ガーゴイル族のチェインをつなげておき、グランデ内部ではマザーグレネード
延々と自爆させてチェインを切らずに撃破数を稼ぐというものが存在する。


エクスカリバー入手ルートの方に
転送ゲートとネクロフォビア出現エリアと隣接している場所があり
分裂したネクロフォビアを倒したにその場所を往復することが出来る。
ただし、どちらも高レベル版のうえに死神が数体出てくることもあるので注意。


尚、条件を満たしても確実に出てくるわけではなく
出てこない、死神のみ、死神とセット、単体で出現のどちらかで現れるので注意。
(しかも、出現する確率は低確率で、3の倍数にしても、死神すら出てこない)
256体倒した挙句に全く出てこない為、ギブアップする人も多い難易度である。
ネクロフォビアの分裂を倒した場合、1フロア移動するだけで撃破数が増える為、
これで出現テーブルを変更することが可能である。

  • ラルヴァイーターを一回倒したあと、さらに敵を30~255体倒す必要がある。
    • 撃破数が256以上の時に出現ゾーンに入ると、ラルヴァイーターが出現する。
      ゾーン侵入のタイミングで撃破数が1~226の間でランダムに更新される。
      更新された数が3の倍数の場合死神も一緒に出現。
      ちなみにラルヴァイーターは下層では出ない模様。

主食?この世界にはいない。
ネクロフォビアとの奇縁は偶然ではあるまい。


どこでもあまり触れられていないが、ダンジューロ入手の為に、
死神×3を放置しながらラルヴァイーターを相手にするのはかなりキツい。
せっかく時間をかけて出現させたのにGAME OVERとなる可能性がかなり高いと思う。
まず死神を沈黙にするのはほぼ定石かと思うが、そこにラルヴァイーターがいると
サンダーストーム順番待ちを発生させて、その間死神がタコ殴りにしてくる。
かといって死神を沈黙にしないと活力無視デスが飛んでくる。
他にもラルヴァイーターの「アンチ」+死神の「無の指先」という極悪コンボもある。
ウェーブパルサードンアクもかなり危険。

幸い2体とも「スロウ」だけは効くので、必ずかけておきたい。


邪魔な死神には、気づかれる前にバニシュをかけてしまうと無力化できる。


恐らくFF12のレアモンスターの中では一番出現条件が難しいモンスターではないかと。

FF12IZJS Edit

ドロップ品がダンジューロからシカリのナガサFに変更された。
シカリをパーティーに入れている場合は狩る価値は大いにある。
出現条件などは変わっていないため、入手までの苦労は無印版と変わらないが。

FF12TZA Edit

AC時のオートセーブ機能があるので、シカリのナガサF狙いの場合は出現後は倒して落とさなかったらリセットロードの繰り返しで落とすまで粘るのがいい。
チェインを維持できないのでドロップ率は僅か5%だが、正攻法でやるよりははるかに楽だろう。