ゆうびんやとバン

Last-modified: 2020-01-25 (土) 22:24:58
※このページでは第4シーズンのエピソードについて説明しています。
ビデオについては『ゆうびんやとバン(ビデオ)』のページをご覧下さい。

「バンは不経済だから使わないって、局長が決めたんだ。自転車だから時間がかかる。悪いけど手伝えないよ…。」
ゆうびんやとバン

日本版タイトルゆうびんやとバン
英語版タイトルMind That Bike
脚本クリストファー・オードリー
対応原作・第27巻『Really Useful Engines
(第2話『Mind that Bike』)
日本話数第86話
第8話(シーズン内)
英国話数第104話
第26話(シーズン内)
放送日・1994年8月21日(英国)
・1996年5月27日(オーストラリア)
・1996年10月21日(米国)
・1998年2月18日(ドイツ)
・2009年8月5日(ハンガリー)
この話の主役パーシートム・ティッパー
シーズン第4シーズン
機関車紹介トーマスバーティーパーシー
登場キャラクターAトーマスパーシー
登場キャラクターBバーティー
登場キャラクターCジェームスダックオリバーアニークララベルトードバルジー
登場キャラクターD無し
登場人物Aトム・ティッパーパーシーの機関士トム・ティッパーを呼び止めた男性
登場人物B見慣れない郵便屋ジェム・コールキャラン駅長キャラン駅の駅員白いシャツと茶色のサスペンダーズボンの男性
登場人物C売店のおばさんトリレック駅長トリレック駅の駅員キャラン駅の作業員?青いオーバーオールの作業員トリレックの警察官トーマスの機関士パーシーの機関助手バーティーの運転手トリレック駅の作業員
登場人物Dトップハム・ハット卿郵便局長
登場スポット線路と道路が並んだ橋と運河
バルジーの橋
レニアス駅
レイクサイド駅
トリレック駅
キャラン駅
スカーロイ鉄道の漁村
トップハム・ハット卿のオフィス(言及のみ)
エルスブリッジ駅(未公開シーン)
あらすじパーシーと仲良しの郵便屋のトムバンで郵便を配達している、ある日、バンが使用出来なくなってしまい・・・
メモ・英米版ではこの回が第4シーズンの最終話であり、ジョージ・カーリンが米国版のナレーションを担当する最後の回でもある。
バーティーは台詞無し。
・一瞬、鶏小屋にされたバルジーが映る。
自転車郵便貨車に立て掛けるトム・ティッパー
トム・ティッパーの言う「局長」とはトップハム・ハット卿ではなく、郵便局長(postmaster)である。
あの時のトーマスゴードン続いて見切り発車をするパーシー*1
パーシーが笑顔で郵便貨車を牽引して駅に入線するシーンが有るが、本編では困った顔に差し替えられている。
パーシー郵便貨車を牽引してエルスブリッジ駅で配達するシーンがあるが、尺の都合上カットされる。
・冒頭で一瞬だが、あの時に、鶏小屋にされたバルジーが映る。
こうざん鉄道の機関車が一切登場しないエピソードで有るが、冒頭で『こうざん鉄道のテーマ』が流れる*2
・未公開シーンではトーマスパーシーエルスブリッジ駅に居るシーンが有る。
・この話のダック第3シーズンぼうけんいっぱいのクリスマス』に続いて、バルジーは初めて終始走っていない。
第20シーズンで「バートのしかえし」が映像化される迄はこの話が最後の「汽車のえほん」原作をそのまま映像化したエピソードだった。
・この回で学べる事は「一難去ってまた一難」と言う事*3
台詞ナレーター「毎朝、お客を乗せたバスのバーティーはクネクネと罷りくねった田舎道を駆け抜ける。入りベのついた橋を渡りトーマスの支線を通り過ぎていく、其れからバーティーは友達がすれ違うの見るとしさしげにクラクションを鳴らす。友達の名は郵便配達のトム・ティッパー。毎日トムは、ソドー島の中を楽しそうに走り回っている。彼は駅で停まると、トーマスパーシーが牽いて来る郵便車から手紙や小包を受け取る。其れから村の彼方此方の農場や家に郵便を配達する。線路が通っていない所でも、トム・ティッパーが居る限り大丈夫、雨の日も晴れの日もポストの手紙が集められ、そして無事に配達される。列車が郵便袋を積み込むときも彼が手を貸してくれた。」
パーシー「やあトム、いつもありがとう!」
トーマス「本当に助かるよ、君って優秀な郵便屋さんだね。」
トム・ティッパー「それはどうも。でも、あのバンが無きゃ、手も足も出ないよ。俺達は息の合ったコンビなんだ。」
ナレーター「或る日、ホームにトムの姿が見えず、見慣れない郵便屋が郵便袋をドサッと降ろすと、そのままいなくなってしまった。」
パーシートムは一体、如何したんだろう?」」
パーシーの機関士「それに、あのバンも見えないぞ。あの郵便屋が不機嫌なのも無理無いな。自転車で郵便袋を運ぶんじゃ、誰だって惨めになるよ。」
ナレーター「翌朝、トムが居るのを見て機関車達は嬉しくなった。だがトムは浮かない顔だ。」
トム・ティッパーバンは不経済だから使わないって、局長が決めたんだ。自転車だから、時間が掛かる。悪いけど手伝えないよ…。」
パーシー「何とか、トム・ティッパーを慰めなきゃ…でも如何したら良いのかな?」
ナレーターパーシーが迷っていると大きな声が聞こえた。誰かが、トムを呼び止めている。」
トム・ティッパーを呼び止めた男性「おーい!トップハム・ハット卿のオフィスに戻ってくれ!『大事な書類にサインが欲しいんだ』って!」
トム・ティッパー「やれやれ、全く嫌になっちゃうなぁ…増々配達が遅れちゃうよ…。」
ナレーターは焦って不注意になっていた。自転車郵便車に立て掛けると大急ぎで走っていった。」
パーシー「ちょっと待って!」
ナレーター「でも、トムはもう居ない。そして最悪な事に機関士自転車に気づかないで、そのまま出発してしまったのだ。」
パーシー「わー!駄目だ!止めてぇ!大変な事になるよー!!」
ナレーター「その通りになった。機関士が大急ぎで列車を止める。皆が現場に駆けつけてみるとトムの自転車がバラバラになっていた。」
パーシー「ごめんなさい、ティッパーさん…」
トム・ティッパー「良いんだよパーシー、気にすんなって。の所為じゃないんだから。こうなりゃ歩いて郵便は配達だ。まぁ、どうなる事やら…」
ナレーター「しかし、心配する事は無かった。翌日彼は嬉しそうにパーシーを待っていた。」
パーシー「お早う!あれ?かっこいいじゃない!新車?」
トム・ティッパー「そう、その通り。あの事故のお陰で良い事があったんだ。局長が配達用に新しいバンを買ってくれたんだよ。また自転車を買うよりずっと役に立つからね。これで又時間通りに配達出来るって訳だ。」
パーシー「はぁ、良かった~。僕も少しは役に立ったのかなぁ?まぁ、偶然かも知れないけどね!」
原作との相違点・原作にバーティーの出番は無い。
・原作では子供達トムの自転車を壊した事になっているが、TV版ではトムパーシーの機関士の不注意でトムの自転車が壊れてしまったシーンに変更された。
英国版CVナレーター/他:マイケル・アンジェリス
米国版CVナレーター/他:ジョージ・カーリン
日本版CVナレーター森本レオ
トーマス戸田恵子
パーシー中島千里
トム・ティッパー林延年
トム・ティッパーを呼び止めた男性遠藤武
パーシーの機関士小林俊夫
シリーズ前回ちょっとしたみもの
シリーズ次回
(英語)
クレーンのクランキー第5シーズンシリーズ次回
(日本)
ガミガミじいさん
原作前回Stop Thief!
原作次回Fish
参照画像・参照はゆうびんやとバン/画像

*1 パーシーの機関士の所為。この時、パーシーの機関士パーシーの機関助手ダックの運転室に居るのが分かる。
*2 因みに、英国ではこうざん鉄道の機関車のエピソードが先に放映されている。
*3 第2シーズンこわれたブレーキ』と今シーズンちょっとしたみもの』も同様。