ミセリコール

Last-modified: 2022-03-26 (土) 09:54:52

ダン・ミセリ(元巨人)のあまりの惨状から、その登板を望んだ他球団ファンからのコールのこと。

概要

ミセリはメジャーで華々しいキャリアを残し、2004年にそのキャリアを終える予定だった。だがクローザーの固定が長年の課題だった読売ジャイアンツ側の強い要望で引退を撤回し、2005年に巨人に入団した。
しかし入団後は前評判とは真逆のひどすぎる投球内容を連発。

かつてのホアン・アイケルバーガー*2(元ヤクルト)を思わせるミセリの惨状に味をしめた横浜ファンから上がったのが、4月6日、巨人1点リード時の「ミセリコール」である*3
4試合・0勝2敗0セーブ・防御率23.63・WHIP4.12と散々な成績の上に態度も不真面目そのもの、加えて同意なしには二軍に落とせない契約もあって4月19日に球団史上最速で解雇。さらに帰国直前にふてぶてしくも浅草・仲見世で家族旅行をしていたことも巨人ファンの怒りに油を注ぎ、チームメイトのブライアン・シコースキー*4タフィ・ローズからも苦言を呈された他、漫画家のやくみつるからは「浅草観光のオプションツアーとして読売ジャイアンツ体験入団があった」と皮肉られた。

成績面はもちろんのこと、素行面も論ずるに値しないダメ外国人であり未だにNPB史上最低最悪の助っ人の1人として槍玉に挙げられている。

そうして退団から10年以上経った2018年頃、新生俺達誕生の流れで生まれた○達ネタにおいて、ミセリは巨人時代のあまりの惨状を掘り返されて兎達終身名誉総帥に認定されることとなった。

ミセリ賞

のち、その年に入団した新外国人選手の中で最もクソだった外国人助っ人を競う「クソ外人・オブ・ザ・イヤー」という賞が誕生したがミセリのあまりな惨状やネタぶりから「ミセリ賞」の別名が付いた。

代表的な例として

らがいる。

ちなみに2016年はジェイミー・ロマックマイク・ブロードウェイが、2020年はテイラー・スコットアデルリン・ロドリゲスらもいるなどネタ外人の宝庫だったため激戦になった模様。

動画

余談

なお2005年の巨人はミセリが脚を引っ張っただけではなく、主力の不振やタフィ・ローズ■■高橋由伸の故障離脱もあり開幕から低迷。さらに緩慢守備を指摘され激昂したローズによる「ジャイアンツ大嫌い」発言■■のハイタッチ拒否事件等、醜聞も相次いだ
最終的に最下位こそ免れたものの、球団史上最多となる80敗の5位でシーズンを終え、オフには堀内恒夫監督が辞任した。
だが懸案のクローザーはリリーフに転向した林昌範が2勝2敗18セーブ(防御率1.61)と好成績を残し、ひとまずは解決した。

一方のミセリは帰国後即引退かと思われたが、なんとすぐにコロラド・ロッキーズとマイナー契約を結び、6月にはメジャー復帰。
さすがに加齢による衰えは隠せず防御率5.89と全盛期には程遠い成績に終わるも、それでも翌2006年にはタンパベイ・デビルレイズ(現:レイズ)との契約を勝ち取り、同年の第一回WBCにもイタリア代表として出場。対ベネズエラ戦にて7番手として登板し、ビハインドの場面ではあったものの8回を無失点で切り抜け役割を果たした。
その後はオープン戦で炎上して自由契約となり、2008年にボストン・レッドソックスとマイナー契約を結ぶが、春季キャンプで結果を残せず3月1日に現役引退を表明した。
ところが、2009年には米国独立リーグのロングアイランド・ダックスで現役復帰。しかしこれも5月に退団し、今度こそようやく引退した。

……と、NPB退団後もなんだかんだで息長く現役を続けており、「元々引退するつもりだったが巨人側の強い要望で撤回した」という証言を信じていたNPBファンは完全に騙された格好になった。

関連項目



Tag: 巨人 絶許


*1 前田はアキレス腱の怪我の影響で全力疾走ができなかった
*2 1989年在籍。平成初期を代表する炎上神。初登板の巨人戦で1死も取れず暴投でサヨナラ負けするなど炎上を繰り返し5月に球団史上最速でクビになった。通算投球回7.2回で防御率7.04という絶望的な数字を叩き出した。
*3 流石にこの時は当時の堀内恒夫監督も起用せず、8回を投げた久保裕也を続投させている。
*4 シコースキーは「他人の悪口を言っているのを聞いたことがない」と言われているほど良い人柄であったため、ミセリの態度は相当悪かったと言える。