Top > キホール
HTML convert time to 0.018 sec.


キホール

Last-modified: 2018-10-05 (金) 07:56:30

Cichol.jpg

概要 Edit

  1. キホール(Cichol)は黒いローブに白い翼の魔神。残虐にして狡猾な魔族(ポウォール)側の神。
  2. 日本マビノギのゲームサーバーのひとつ(キホールサーバー)。

魔神キホール Edit

  • ローブで顔や容姿がつかめない為、男神か女神のどちらかはわからない。
    ローブの袖から手が伸びているため一応「中の人」はいるようである。
    • 開発者へのインタビューからすると男神であるらしい。
    • マビノギ英雄伝ではシーズン1最終章のエピソード10に登場。ここでの描写からも男神である可能性が高い。
  • 元ネタは大洪水時代以降のフォモール族の統率者である脚無しキッホル。キコルとも。
    ケルト神話と同じくバロルより前の先代のフォモールの王である。
    • WikiPedia.en:Cichol_Gricenchos
    • 脚無しというだけあってか他の神のように歩かず、地面をゆっくりと滑るように移動する。が、作中のムービーやNEXON777での画像では黒い足があるのが確認できる。
      足元には常に黒いもやが漂っているため、足がないように見えるだけであると思われる。
      • ちなみに元ネタのキッホルは「手も足もない怪物」とされるが、マビノギでは前述のとおり手も足もしっかりある。
        マビノギ本編では白い手をしているが、英雄伝では手は黒い。
      • キホールのフライングパペットのローブの裾には白い足が見える。彼(女)の手足の色は開発の中でも統一されてないようである。
    • マビノギではモリアンがキホールを「バロルの後継者」と言っているため、世代が逆転していると勘違いする人が多いが、G1のシラのセリフやG12のラストシーンから、一度は死んだもののバロルが滅んだ後、何らかの方法で蘇り再びポウォールの王になったという経緯が伺える。
      • その証拠として、アルファベットのつづりもケルト神話のキッホルと同じく「Cichol」である。

作中のキホール Edit

  • 詠唱の中断させられやすさと狙った相手への命中率の低さに定評がある。
  • 妙なところで詰めが甘い事でも有名。
    メインストリームの佳境で度々敵対者として対峙、ラストバトルへと突入し、その詰めの甘さから作戦をことごとくプレイヤーによって阻止されるという流れがある種のお約束となっている。
    失敗したことを本人は認めるが、それでも「問題ない」と負け惜しみを吐く。
    • ただし、その後のリカバリーにも割と成功しているので、案外単なる負け惜しみ、ハッタリとも言い切れなかったりする。C3における立ち回りを見ても、その強かさが見て取れよう。腐っても魔神、転んでもただでは起きないのだ。
      • まあ、結局よく転んでるという事実は何ら変わらないのだが。
  • そのドジっぷりから「正体はドジっ子幼女」説が極々一部のユーザーで広まっている。
    • 容姿が見えないということで「中の人」を想像して描いたファンアートが投稿されることがあるが、そこでも大抵は少女(もとい幼女)として描かれることが多い。
  • G1~G15に至るまでちょくちょくメインストリームに絡んでくる重要キャラなのに、本国のサービス開始7周年記念の絵には影も形もない。
    G1ラスボスやら神々の中で一番の新参ですら堂々と写ってるのに…。
    • ついでに言うとG15現在実装されている神々の中で唯一、テーマBGMを持たない。
    • 実態はあくまで不明ということなのか、NEXON777のマビノギ台でもキホールのみCVが当てられていない。
      同じNEXON777に登場するリダイアやモリアンにはCVがあるのに…。

ストーリーへの関わり Edit

  • モリアンと対立する関係から、ほぼ同じ頻度でストーリーに登場する。
    • ストーリーの関係上悪役であるはずなのだが、一部プレイヤーからは「ある意味モリアンよりも常識的」と突っ込まれることも。
  • 詳細はネタバレに譲るが、キホールは合理的である故にリスクが伴う行動を忌避する慎重な性質であり、逆に必要とあらばどんな残酷な所業だろうと躊躇無く実行する果断さを併せ持つ。
    一方のモリアンは合理性よりも慈悲と情を優先する性格で、そして安定よりも変革を志向している。
    それゆえにリスクに見合わぬ行動に出る事も度々あり、そのあたりがキホールの不信と怒りを買っているようだ。
    • 両者の対立は単純な善悪二元論では語りきれない。ストーリーを進める際は、このことを念頭に置いておくとより深みが増す……かもしれない。

Chapter1 Edit

G1ネタバレ
G3ネタバレ

Chapter3 Edit

G9ネタバレ
G10ネタバレ
G11ネタバレ
G12ネタバレ

Chapter4 Edit

G15ネタバレ
G16ネタバレ

Chapter6 Edit

G21ネタバレ

関連項目 Edit