エスカフローネ

Last-modified: 2021-12-31 (金) 02:07:51
 

パイロット

  • バァン=ファーネル
    SP:熱血, 1, 気合, 5, 集中, 9, ひらめき, 12, 魂, 35, 愛, 48
  • 神崎ひとみ
    SP:幸運, 1, 信頼, 5, 必中, 8, 激励, 22, 愛, 31, 祈り, 45

アップグレード

エスカフローネ

エスカフローネ(血の契約)

運用

加入時点では小型のスーパー寄りグレー系といったところ。
格闘武器のみの近接型。運動性はそこまで高くないが、Sサイズなので回避率はまずまず。
HPは低いものの、装甲は高く、気力制限がある点も含めると、どちらかと言えば必殺火力のないスーパー系といった性質を持つ。

回復系に偏りがちだが、戦闘に必要なSPはひと通り揃っている。
単騎殲滅はやや不得手。とはいえ、射程3は極端に短い訳ではないため、切り込む場所さえ選べば動きやすい。

 

陸移動3で加速なしと、近接系にしてはかなりの鈍足。
変形すれば、一転飛行ユニットとして動き回れるが、他のユニット性能や火力がガタ落ちする。
宇宙適応も悪いので、できればパーツで補ってやりたい所。

 

アップグレードの条件は資金のみで、行うと、シンクロドライブ+同調率が付与され、運動性と武器攻撃力に補正がかかる。
素の運動性も5上がり、さらには20%の超回避、ステルス無効もつくと至れり尽くせり。
結果的には火力のないスーパー系寄りグレー系だったのが近接型リアル系といった形の性能になる。
だがこのアップグレードには初期状態では3つだったアイテムスロットが2つになるという落とし穴があり、タイミングを誤ると弱体化する。

例えば、3つ目のスロットにV-upユニット(U)を装備していた場合。
運動性には15の補正がかかるが、シンクロドライブで同じ数値を得る最低レベルは25以上になる。
V-upユニット(U)ならばHP400、EN60(パワーソード・斬撃2発分)、装甲150も乗るため、超回避分をあわせてもアップグレード後が有利とは言いがたい。

また、V-upユニット(W)の場合は、補正が並ぶのは最低レベル45とさらに遅い。
もちろん、運動性と同時に上げられる利点もあるのだが、高めの装甲と切り払い、ひらめきがあるため、そこまで運動性は重要というわけでもない。

レベルが上がれば上がるほど、この差は逆転していくかに見えるが、V-upユニットを残りのスロットにも装備していた場合、スロット数分の差が生まれる。
レベル60を超えた辺りから、この余剰分までをカバーできるようになってくるが、W-upユニットを持っている場合は、そちらを装備しているほうが継続戦闘能力の面で使いやすいだろう。
これらが入手しやすく、また最大レベルが限られるプラスモードではアップグレードしないという事も充分考えられる。

V-UPを考慮しないとしても、本機は地形適応に難がありそれの修正に複数のパーツを装備する必要がある。
V-UPが使いづらいオリジナルモードでも、Aアダプターを入手するまではアップグレードを行わない事も一つの手かもしれない。

パーツ

スロットは3→2。
とりあえず1枠は移動力に割きたい。ブースターを装備させるか否かで使い勝手が一気に変わる。
理想はハロだが、パイロットがリアル系、機体がグレー系ステータスなので高性能ガソリンエンジンまたはオーラコンバーターを持たせて完全なリアル系にするのも有りだろう。
感覚としては飛べない代わりにちょっと耐久がマシになったオーラバトラーみたいな性能になる。

 

2枠目に関してはアップグレード前はV-upユニット系と相性が良い。
とはいえ、底力がある訳でもないため、ユニット面を補強したいなら装甲系で固めるといのもアリ。
元々、当てるにはそう不自由しない運動性なので、耐えるほうが集中時の雑魚からの事故被弾や、殴り合いでの気力上昇面で有利。
ボスにはひらめきがあるので、そこまで困らない。

 

残る枠には空も宇宙も苦手と地形適応に難があるのでAアダプタかミノフスキークラフトは欲しい。
とはいえ空の敵にはパワーソード一本でも戦えない事はない事、宇宙マップでは出撃を控えて地上一本に絞るという事もできるので意外と優先度は高くなかったり。
Ver12.5.00で高性能バーニアに宇B化が追加されたので、Aアダプターを手に入れるまでの繋ぎに。

 

また、本家というだけあってひとみのペンダントとの相性もまずまず。
開幕気合+激励から、雑魚戦でダメージ面での優位性を確保しつつ、ボスとの対面時までに魂や幸運分を確保しやすくできる。
やはりこちらもレベルによって効率が上がるため、アップグレード後はこちらを検討しても良いか。