【晴れ、よかばい~!】月岡恋鐘

Last-modified: 2021-08-15 (日) 04:25:42

アイドル月岡恋鐘
入手方法期間限定ガシャ
アイデアアピール
ひらめきMe.
楽曲熟練度団結力
実装日2020/04/30
 

サポートイベント

イベント名VoDaViメンタルSP
はぁ~…+20+10+10
ひぃ~…+30+10+10
んふふ~♡+30+10+20

ステータス

LvVoDaViメンタル
180404080
60(☆0)200100100100
65(☆1)212106106212
70(☆2)225112112225
75(☆3)237118118237
80(☆4)250125125250

スキルパネル

SP☆の数は解放に必要な特訓回数、E〇は〇番目のサポートイベントで解放、灰色はライブスキル
20Vocal上限UP
Vocal
上限+15
30Vocal上限UPボーカルアピールⅣ
Vocal
上限+15
Vocal2.5倍
アピール
40Vocal100%UP/
注目度20%DOWN(☆2)
Vocal上限UPVocal40%UP(☆1)
[条件:メンタル49%以下]
[確率:30%]
[最大:1回]
Vocal上限+15[条件:4ターン以降]
[確率:20%]
[最大:2回]
50晴れ、よかばい~!(☆4)Vocal30%UP(E3)Vocal上限UPVocal上限UP(☆3)
Vocal4倍アピール/
自身のメンタルを30%減らす
[条件:恋鐘]
[確率:20%]
[最大:2回]
Vocal上限+25Vocal上限+100

所持スキル

ライブスキル

スキル名効果取得Lv
ボーカルアピールⅤVocal3倍アピール初期
ボーカルアピールⅤ+Vocal3.1倍アピール60
ボーカルアピールⅤ++Vocal3.2倍アピール65
ボーカルアピールⅤ+++Vocal3.3倍アピール70
ボーカルアピールⅤ++++Vocal3.4倍アピール75
ボーカルアピールⅤ+++++Vocal3.5倍アピール80

サポートスキル

スキル名スキル効果取得Lv/スキルLv
151020304050556065707580
アイドルの絆プロデュース開始時に絆+<Lv*5>234610
ボーカルマスタリーSP一緒にボーカルレッスンをするとSP+<Lv*1>24812
約束リカバー「約束」を守れなかった場合に<Lv*5>%の確率でテンションが下がらない2
おやすみブースト「休む」を選択時に<Lv*3>%の確率で体力回復量+151
ユニットマスタリーSP行動した場所に自分以外のユニットメンバーがいると1人につきSP+<Lv*1>136
ボーカルマスタリー体力一緒にボーカルレッスンをすると体力<Lv*3>回復3
ラジオマスタリー体力一緒にラジオへ出演すると体力<Lv*3>回復3

特徴

期間限定 絶対感覚S咲耶・恋鐘スタンプガシャPlusで登場した限定sSSR。
ぱっと見のスキルパネルの構成は限定SRの【と~りゃんせ!】月岡恋鐘を彷彿とさせるが、こちらはSSRならではの強力さが随所にみられる。

 

最も大きな特徴として、このカードの採用理由に直結するほどパッシブスキルのバフが強力であり、3つともが従来ならば金枠に相当するような高い値となっている。
2凸で解放されるものはもちろんそうだが、それ以外のパッシブも所謂駅むんや花めのそれに匹敵すると言えばその強さが分かるだろう。
2凸で解放される金バフは100%上昇と、【きまぐれのめぐみ】田中摩美々及び【プレゼントなら両手いっぱい】三峰結華のVocal版と呼べるものでありそれらと同じように、Vo1極や3極であれば体力を減らしてはいけないアルスト以外あらゆる編成に入りうる。
性能は十分には引き出せないがマスタリー体力系と金以外のパッシブを目当てに敢えてアルストに採用するという考え方も十分アリ。
メンタルは長期戦になれば必然的に消耗するし、固有アピールで意図的に減らすこともできるが、その火力を余すことなく発揮できるのはやはりフェスの中盤から。その分思い出アピールにバフを乗せやすいとも言える。

 

サポートスキルに関しては、上記摩美々や結華と同じユニットマスタリーSPに加え2種類の体力マスタリ―を習得可能。
体力消費を抑えつつSP供給源として、WINGと感謝祭ともに活躍が見込める。
ユニットマスタリーを活かしにくくはなるが、上記パッシブのこともありアンティーカ以外の育成でも起用する価値は高い。

 

限定故に手間はかかるが、2凸で金バフが解放されLv70でユニットマスタリーが最大に、そして3凸のLv75にて各体力マスタリーが発現する仕様のため、ここまで育てることが一つの目標となるだろう。

 

コメント

 

 
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
当Wiki上で用いるゲーム画像の著作権、及びその他知的財産権は
当該サービスの提供元に帰属します。