【未知なるFROZEN】西城樹里

Last-modified: 2020-05-03 (日) 19:47:22

【未知なるFROZEN】西城樹里

実装日
2018/07/31

サポートイベント Edit

イベント名VoDaViメンタルSP
フローズン・ヒート!+10+10+10+10
だってあの雲は+10+20+10+15
どしゃ降り・サマーガールズ+30+10+15

ステータス Edit

LvVoDaViメンタル
170555560
60(☆0)175138138150
65(☆1)185146146159
70(☆2)196155155169
75(☆3)207163163178
80(☆4)218172172188

スキルパネル Edit

SP☆の数は解放に必要な特訓回数、E〇は〇番目のサポートイベントで解放、灰色はライブスキル
20Vocal7%UP
[条件:樹里]
[確率:10%]
[最大:1回]
30Vocal7%UPボーカルアピールIV
[条件:5ターン以降]
[確率:20%]
[最大:1回]
Vocal2.5倍アピール
40Vocal60%UP
注目度30%UP(☆2)
Vocal7%UPVocal21%UP(☆1)
[条件:3ターン以前]
[確率:30%]
[最大:1回]
[条件:5ターン以降]
[確率:30%]
[最大:1回]
[条件:Vocal担当]
[確率:30%]
[最大:1回]
50未知なるFROZEN(☆4)Vocal7%UP(E3)メンタル上限UPVocal上限UP(☆3)
Vocal3倍アピール/
Vocal20%UP[3ターン]
[条件:樹里]
[確率:40%]
[最大:2回]
メンタル上限+50Vocal上限+100

所持スキル Edit

ライブスキル Edit

スキル名効果取得Lv
ボーカルアピールⅣVocal2.5倍アピール初期

サポートスキル Edit

スキル名スキル効果取得Lv/スキルLv
151020304050556065707580
テンションマスタリーVoテンション最高時に一緒に行動すると確率でVocal+<Lv*1>2358
約束リカバー「約束」を守れなかった場合に<Lv*5>%の確率でテンションが下がらない246
アイドルの絆プロデュース開始時に絆+<Lv*5>234610
おやすみブースト「休む」を選択時に<Lv*3>%の確率で体力回復量+15125

アイデア Edit

ボーカル

特徴 Edit

西城樹里初のSSR。一言でいうと【迷走チョコロード】園田智代子のSSR版といった性能。ただしSSRゆえに特訓が難しく、☆0の状態でちょこ先輩と同じ感覚で使おうとすると首を傾げることになる。

 

☆2のパッシブスキル「Vo60%UP+注目度30%UP」がまずとにかく強い。
デメリットもあるとはいえ、3ターン以内発動という使いやすい条件に加えて恒常SSRサポートアイドルが持つパッシブスキルとしては最高値の上昇量であり、オーディション・フェス共に非常に有用。
下位版の「迷走チョコロード」やその互換スキルとの両立も可能で、オーディションでもフェスでもVoアイドル最高の味方となるだろう。
また、☆4のライブスキルは迷走チョコロードの完全上位互換なので、解放できていれば取らない理由が存在しないSSR屈指の強スキル。
サポートイベントも全てVoがアップするとても有難い仕様で、Voアイドル育成時に凸の進んだこのカードを使用しない理由は『樹里をプロデュースしているため出せない』くらいだろう。
ただし、その代償なのかサポートスキルが他のVoアイドルと比べてもかなり貧弱なのが気になるところ。
【迷走チョコロード】と違って扱い辛いテンションマスタリーVo、プレイスタイル次第では無用に近い約束リカバーがLv6まで上がり、唯一おやすみブーストがLv5とそこそこ、といった具合。
テンションマスタリーVoのみをVo育成のアテにするのは難しいため、当アイドルを☆2以上に特訓出来たとしても他のボーカル系サポートアイドルの編成は必須となるだろう。

 

【とびっきりジンジャー】西城樹里をプロデュースする際にこちらの樹里を編成出来ない点が最大の難点とも言える。

各特訓段階ごとの解説

 

☆0 ~Lv60

テンションマスタリーVoはLv5、おやすみブーストはLv2とどちらも実用に堪えない段階。
余程手持ちのボーカル型サポートが不足しているのでもなければ使う必要はない。
小バフは「5ターン以降」なので取ったところで発動する前に敵の思い出ラッシュでオーディションが終わる。
結果的にプロデュースの助けには全くならず、ほぼフェスでしか発動することはない。

 

☆1 ~Lv65

「Vocal担当時:Vo21%UP」のスキルパネルが解放され、レベル65で「約束リカバー」がLv6に。
本領はこの次。21%パッシブが欲しいのなら起用を。

 

☆2 ~Lv70

「3ターン以前:Vo60%UP+注目度30%UP」のスキルパネルが解放され、レベル70で「おやすみブースト」がLv5に。
ここからが樹里の本領発揮か。【迷走チョコロード】園田智代子の☆2パッシブが「Vo40%UP+注目度25%」であるため、それを置き換えただけでもVoアピール力が段違いに上がることを体感できるはずだ。
ただ、注目度30%UPのデバフもあることは留意しておくこと。
さすがにメンタルダメージと比べると軽いが、運が悪いと結構削られてしまう。

フェスアイドルの育成で使う場合、樹里さえ入れなければ前提の小バフにこのバフの発動を邪魔されることはないため、その点も嬉しい。
無論、最終的には他のユニットメンバーやサポートとの兼ね合いになる。

 

☆3 ~Lv75

「Vo上限+100」のスキルパネルが解放され、レベル75で「テンションマスタリーVo」がLv8に。
Voを極めるのなら引っ張りだことなろう。それでもテンションマスタリーはあまりアテにならないが。

 

☆4 ~Lv80

固有ライブスキル「未知なるFROZEN」のスキルパネルが解放され、レベル80で「アイドルの絆」がLv10に。
「未知なるFROZEN」の効果はVo3倍アピール+ Vo20%UP(3ターン)と「迷走チョコロード」の完全上位互換。
☆2パッシブのついでに取ることも容易。他のアイドルらに存分に氷菓を配ろう。

アイドルの絆は「意図的に一緒に動く理由に乏しい」樹里のサポートイベント発生の手助けになる。
可能ならここまで育てたいところ。

 

その他/小ネタ Edit

  • SSRでサポートイベントにユニット全員が出てこない初めてのアイドル。サポートイベントに登場するのは樹里、凛世、智世子の女子高生組。
 

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • LV推移65は約束リカバーLV6です -- 2018-08-05 (日) 05:11:20
  • この一枚でvoは安定する -- 2019-04-15 (月) 02:42:19
  • 使ってる人いなさそうだけど特徴欄のパッシブところがサポとしては最高値ってなってたから恒常SSRとしては、って文言を加えました。始めて編集したので詳しい人直してくれたら嬉しい。 -- 2020-05-03 (日) 19:46:55
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 

 
©BANDAI NAMCO Entertinment Inc. ©BXD Inc.
当Wiki上で用いるゲーム画像の著作権、及びその他知的財産権は
当該サービスの提供元に帰属します。