【杜野凛世の印象派】杜野凛世

Last-modified: 2021-01-18 (月) 22:04:58

実装日
2018/10/19

プロデュース

約束傾向

約束発生毎に1タップ
めやすにどうぞ!

選択肢 投票
ボーカル  351 
ダンス  226 
ビジュアル  205 
お休み  63 

アイドルイベント

アイドルイベント

 

drawing1(きみがそら)

冒頭凛世「それでは……プロデューサーさまは……
   もう……」
選択肢前P「凛世……」
選択肢VoDaViメンタルSP
……凛世のおかげで 晴れたみたいだ+20+5+10
ありがとう…… 一昨日はどうだった?+20
……ありがとう そうだ、土産がある+20
 

drawing2(まどひあか)

冒頭凛世「これは…… 凛世が、幼いゆえ……」
選択肢VoDaViメンタルSP
なし+10+10+5+10
 

drawing3(かつぷめん)

冒頭P「――うわっ……!」
選択肢前P「……じゃあ、凛世」
選択肢VoDaViメンタルSP
食べる前に、このオイルを入れるんだ+20+10+10
3分、計ろうな+20
お湯、熱いから気をつけてくれ+20
 

drawing4(かんかんかん)

冒頭凛世「プロデュー――」
選択肢前P「凛世! ……はは、おーい
 走らなくって大丈夫だぞー!」
選択肢VoDaViメンタルSP
お疲れ様+20+10+10
もしかして、さっき呼んでくれてたか?+20
今日はごめんな+20
 

たちきれぬ

True End
条件アイドルランクA達成 かつ W.I.N.G.優勝
 

プロデュースイベント

W.I.N.G.編

W.I.N.G.編

運命の出会い

  • 初回 選択肢・パラメーター変化なし

アイドル優等生

冒頭凛世「……トレーナーさま
  先ほどの、ところは……」
選択肢前凛世「はい。どのような、ことでも」
選択肢VoDaViメンタルSP
何かやってみたい仕事はないか?+20+5+10
なんで俺の誘いを受けてくれたんだ?+20
あまり無理はしすぎないようにな+20
 

見えない心

冒頭凛世「またのお運びを、お待ちしております……」
選択肢前プロデューサー「いや、そうじゃないんだが……
        そうだな…」
選択肢VoDaViメンタルSP
何かを直してほしいわけじゃない+20+5+10
自分のしたいことは何だ?+20
俺の気持ちを聞いてくれるか?+20
 

見つめる先に

冒頭プロデューサー「それじゃ最終確認。今日の仕事は握手会だ
        凛世一人でやるのは初めてだよな」
選択肢前凛世「いえ……
  ご無事で、何よりです……」
選択肢VoDaViメンタルSP
ひとりにして悪かったな+20+10+10
いい顔してるな+20
ファンは優しかったみたいだな+20
 

揺れる瞳

冒頭プロデューサー「やったぞ、凛世!
        ちょっと大きな仕事が入ったぞ!」
選択肢前プロデューサー「凛世……」
選択肢VoDaViメンタルSP
凛世は優しいな+20+10+10
俺のことは気にするな+20
もちろんだ+20
 

漕ぎいでな

  • 準決勝・決勝敗退 選択肢・パラメーター変化なし

世界

  • 優勝 選択肢・パラメーター変化なし
 

ファン感謝祭編

ファン感謝祭編

ゆめな忘れそ/お疲れ様です

  • 初回 選択肢・パラメーター変化なし

ただいま

冒頭樹里「おはようございます、西城です
   果穂さんを迎えに来ました」
選択肢前プロデューサー「おう。上手く使ってくれ」
選択肢VoDaViメンタルSP
これも協力の特訓だ+20+5+10
計画を大事にな+20
他にも何かあれば言ってくれ+20
 

おかえりなさい

冒頭プロデューサー「──あれ、凛世
        誰かに手紙出すのか?」
選択肢VoDaViメンタルSP
なし+20+5+10
 

(また明日)

冒頭智代子「ひぃっ、ふう……! きっつ~……!
    こんなことならっ……買い出しの前に来ればよかった……!」
選択肢VoDaViメンタルSP
なし+20+10+10
 

いただきます ごちそうさま

冒頭プロデューサー「えー……
        今日はお招きいただいて、どうもありがとう」
選択肢VoDaViメンタルSP
なし+20+10+10
 

──いってきます!/ゆかなこのそら

  • プロデュース終了 選択肢・パラメーター変化なし
 

G.R.A.D.編

G.R.A.D.編

ほんよみ

  • 初回 選択肢・パラメーター変化なし

she

冒頭ダンストレーナー「みーぎ、ひだり
         トトトン、パパパン!」
選択肢VoDaViメンタルSP
なし+20+5+10
 

『あ』のない少女

冒頭プロデューサー「──……」
選択肢VoDaViメンタルSP
なし+20+5+10
 

she / she

冒頭プロデューサー「──うまく踊れなくなったというか……
        歌の方も、真面目にレッスンはこなしてるんですけど……」
選択肢VoDaViメンタルSP
なし+20+10+10
 

いたかった

冒頭プロデューサー「──凛世、出ないな……」
選択肢前プロデューサー「────
        凛世…………」
選択肢VoDaViメンタルSP
わからないんだ……+20+10+10
すまない……!+20
俺、全然ダメだな……+20
 

he

  • 優勝 選択肢・パラメーター変化なし
 

Morningイベント

Morningイベント

 

・初期

Morning①
冒頭プロデューサー
「おはよう、凛世」
選択肢前プロデューサー
(凛世は一番早く来てくれて、挨拶も丁寧なんだよな……)
パーフェクト一番乗りだな
グッド姿勢が綺麗だ
ノーマルもっと気楽でいい
 
Morning②
冒頭凛世
「『夢と知りせば……覚めざらましを……』」
選択肢前プロデューサー
(夢のことを詠んだ歌、なのかな?)
パーフェクトいい夢を見たのか?
グッドどんな意味の歌なんだ?
ノーマル歌人と同じ体験ができたんだな
 
Morning③
冒頭プロデューサー
「凛世は、着物が多いよな
よく似合ってるよ」
選択肢前プロデューサー
(うーん、そうだな……)
パーフェクト洋服も似合うと思う
グッド着物が一番だ
ノーマル凛世なら何を着ても大丈夫
 
Morning④
冒頭プロデューサー
「凛世、何やってるんだ?……折り紙か?」
選択肢前プロデューサー
(きれいに折るんだな……)
パーフェクト鶴は折れるか?
グッド俺にも教えてくれ
ノーマルいろんな色があるよな
 
Morning⑤
冒頭プロデューサー
「凛世、こっちの生活にはもう慣れたか?」
選択肢前プロデューサー
(寮っていっても、一人暮らしは大変だよな……)
パーフェクト自炊はするのか?
グッド掃除も自分でやらないとな
ノーマル朝起きるのが大変だろう
 

・思い出アピールLv2で解放

Morning⑥
冒頭凛世
「プロデューサーさま……」
選択肢前プロデューサー
「と、唐突だな……
けど、まぁそうだな……」
パーフェクト俺を好きになってくれる人かな
グッド一緒にいると落ち着く人
ノーマルわからないな
 
Morning⑦
冒頭プロデューサー
「そういえば
凛世の持っている人形は、手作りなのか?」
選択肢前プロデューサー
(何か……強い思い入れがあるんだな……)
パーフェクトよく一緒にいるもんな
グッド友達みたいなものか
ノーマル心が通じるのか?
 
Morning⑧
冒頭凛世
「プロデューサーさま……
書類を……落とされました……」
選択肢前プロデューサー
「いや……凛世がしゃがむの……」
パーフェクト雅って感じだな
グッド着物だと、つらくないか?
ノーマル袖が汚れないか?
 
Morning⑨
冒頭プロデューサー
「ど、どうしたんだ凛世……
顔色が悪いぞ……」
選択肢前プロデューサー
(い、今にも泣きそうな表情をしている……!)
パーフェクト同じタイミングでかけたみたいだな
グッド少し寝坊してな
ノーマル移動中だったんだ
 
Morning⑩
冒頭凛世
「プロデューサーさま……、その恰好は……」
選択肢前プロデューサー
(たすきまでかけて、すごくやる気だ)
パーフェクト着物が汚れないか?
グッドそういう格好もいい
ノーマル座ってて大丈夫だぞ
 

・思い出アピールLv3で解放

Morning⑪
冒頭プロデューサー
「凛世、なんだか嬉しそうだな いいことでも、あったのか?」
選択肢前プロデューサー
(凛世が珍しい表情をしているな)
パーフェクトいい返事を書こう
グッド文字って不思議だ
ノーマルメールより手紙がいいな
 
Morning⑫
冒頭プロデューサー
「おはよう、凛世
大切そうに……何を持ってるんだ?」
選択肢前プロデューサー
(ああ、初めて会った時の名刺か……)
パーフェクト懐かしいな
グッド捨ててもいいぞ
ノーマル新しいのをあげようか?
 
Morning⑬
冒頭凛世
「織姫と彦星は……
天が、離れ離れに……いたしました……」
選択肢前プロデューサー
「り、凛世がいなくなるってことか……?
そうだな……」
パーフェクトきっと会いにいくよ
グッド想像もできないな
ノーマル泣いてしまいそうだ
 
Morning⑭
冒頭プロデューサー
「メモ帳、どこに置いたかな……」
選択肢前プロデューサー
(懐紙か。凛世は、いつも懐に入れているな)
パーフェクトよく気がつくな
グッド俺も持とうかな
ノーマルまだあたたかい……
 
Morning⑮
冒頭プロデューサー
「……ん?
凛世、頬杖をついているなんて珍しいな」
選択肢前プロデューサー
(へぇ……珍しいものが見れたな)
パーフェクト新鮮だった
グッドたまにはいいと思う
ノーマル可愛かったぞ
 
 

オーディション前

オーディション前

 

・思い出3未満テンション低

オーディション前①
冒頭凛世「……」
選択肢前プロデューサー「(凛世、ずっと俺の隣にいるけど……
……何か、声をかけるべきかな)」
テンションアップ不安なことがあれば話してほしい
変化なし舞台に俺はいないぞ
テンションダウン今日はキマってるな
 

・思い出3未満テンション中

オーディション前②
冒頭凛世「そろそろ……
凛世の出番でしょうか……」
選択肢前プロデューサー「(いつもより動きが硬いな……
少し緊張をほぐそう……)」
テンションアップ一緒に深呼吸しよう
変化なし結果を気にするな
テンションダウン審査員をかぼちゃと思え!
 

・思い出3未満テンション高

オーディション前③
冒頭凛世「……」
選択肢前プロデューサー「(何を感じているんだろう……
声をかけてみるか)」
テンションアップ俺も楽しみにしているぞ
変化なしいつも通りでいいんだぞ
テンションダウン思ったようにやってこい
 

・思い出3以上テンション低

オーディション前④
冒頭凛世「……」
選択肢前プロデューサー「(凛世、ずっとうつむいてるな……
励ましてあげられたらいいんだが……)」
テンションアップ今日は、何のために頑張るんだ?
変化なし一緒にがんばった成果を見せような
テンションダウントップアイドルを目指そうな
 

・思い出3以上テンション中

オーディション前⑤
冒頭凛世「プロデューサーさま……もう少しだけ……
準備をしたく思います……」
選択肢前プロデューサー「(……ちょっと汗ばんでる……
いつもよりも、熱が入っているようだな)」
テンションアップ俺も、熱くなってきた
変化なし気合は充分みたいだな
テンションダウン汗がきれいだ
 

・思い出3以上テンション高

オーディション前⑥
冒頭凛世「プロデューサーさま……
もうすぐ、凛世の……出番でございますね……」
選択肢前プロデューサー「(何か言って欲しそうだな……)」
テンションアップ信じてるぞ
変化なし客席は味方だぞ
テンションダウン悔いの残らないように
 
 

スキルパネル

SP☆の数は解放に必要な特訓回数、E〇は〇番目のアイドルイベントで解放、灰色はライブスキル
20Visual7%UP
[条件:4ターン以前]
[確率:20%]
[最大:1回]
30Dancel7%UP杜野凛世の印象派
[条件:スター9以下]
[確率:30%]
[最大:1回]
Vocal3倍アピール/
思い出ゲージ10%UP
(Link)Vocal
150%UP
[4ターン]
40思い出ゲージ20%UP/
注目度30%UP(☆2)
Visual7%UPVocal21%UP(☆1)
[条件:メンタル85%以上]
[確率:40%]
[最大:2回]
[条件:3位]
[確率:40%]
[最大:1回]
[条件:メンタル74%以下]
[確率:40%]
[最大:1回]
50杜野凛世の印象派+(☆4)Visual7%UP(E4)Visual上限UPVocal上限UP(☆3)
Visual4倍アピール/
思い出ゲージ30%UP
(Link)Visual
150%UP
[4ターン]
[条件:観客3以上]
[確率:50%]
[最大:2回]
Visual上限+100Vocal上限+200

思い出アピール

スキル名効果リンクアピール
朱、朱、きりもなや思い出アピール[Lv1]Vocal75%UP[5ターン]
朱、朱、きりもなや+思い出アピール[Lv2]
朱、朱、きりもなや++思い出アピール[Lv3]/
Visual0.25倍アピール/思い出ゲージ7%UP
Vocal150%UP[5ターン]
朱、朱、きりもなや+++思い出アピール[Lv4]/
Visual0.5倍アピール/思い出ゲージ15%UP
[幻]朱、朱、きりもなや思い出アピール[Lv5]/
Visual1倍アピール/思い出ゲージ30%UP

特徴

2018/10/19 きみは恋、われは秋嵐ガシャによって追加されたアイドル。
全体的にpSR【凛凛、凛世】杜野凛世の強化版に近い様相を呈しており、pSSRらしく強力。
また本アイドルを採用する場合は思い出ゲージの上昇が目的となることが多いため、特徴について理解を深めるにあたってpSR【ふらここのうた】杜野凛世との比較も大事になってくるだろう。

 

まずアピール倍率が『杜野凛世の印象派』はVocal3倍、『杜野凛世の印象派+』はVisual4倍と高打点でアピールを行いながら思い出ゲージを上昇させる事が可能。これにより他の凛世と比較した場合リーダー枠を超えた採用方針も強力となってくる。

 

思い出アピールの効果はVisual1倍アピール/思い出ゲージ30%UPと、Visual1倍のおかげである程度の打点を出せる。また、思い出ゲージ上昇効果が功を奏し、思い出が2回撃てるかもしれない。

 

一番の魅力である思い出ゲージ上昇パッシブスキルの効果は以下の通り。
思い出ゲージ20%UP/注目度30%UP/メンタル85%以上/40%/2回
【凛凛、凛世】杜野凛世と比較した場合、まず初めに強みについて目を引くのは2回発動が可能である点である。この効果によりテンションが低い場合でも早期思い出アピールや、自前のライブスキルを駆使することで2回目の思い出アピールも現実的な狙いになる。

 

その反面、発動条件に弱みも確認出来る。メンタルが15%以上削られてしまった時点でパッシブスキルの発動そのものが無くなってしまう。発動すると注目度が30%UPしてしまう点もあり2回目の発動が少々難しく設定されていることが伺える。

 

このデメリットを克服するにはメンタルを高めに育成したアイドルをリーダーに配置し被弾しても85%以上になる状態を増やす、他アイドルのパッシブスキルで被弾ダメージを減らす/回復するなどがある。
なお発動確率40%と高めなので1回目の発動率自体は高い。運がいい場合は2回発動するという気持ちで構えると気が楽になるかもしれない。

 

また別の強みとして自身のライブスキルのリンクアピール効果が属性150%バフであるという点が挙げられる。放課後クライマックスガールズの中でリンクアピールでバフが付与できるアイドルは他におらず貴重な存在。リンクアピールが成功した際には思い出ゲージを上昇させつつ高い倍率のバフを行うので強力な思い出アピールの布石となる。補足として同様の動きはpSR【凛凛、凛世】杜野凛世でも可能。
追記)リンクアピールが前提なら【十二月短篇】杜野凛世でも似たような事が出来るようになりました。

 

他の思い出ゲージ上昇パッシブ持ちアイドルと比較した強みを包括すると、高打点で積極的にアピールを狙う事が出来る点とパッシブが2回発動するチャンスがある2点の大きな強みがあることが分かる。
弱点もあるが是非とも最大限に強さを引き出してあげたいアイドルだ。

各特訓段階ごとの解説

 

☆0

この時点では『杜野凛世の印象派』の強さに頼ることになる。
思い出ゲージ10%UPはあまり高い数値ではないがVocal3倍打点はそこそこ強力であるため強みが無いわけではない。

 

☆1

『Vocal21%UP』のパッシブスキルが解放
発動条件はメンタル75%以下/40%。

 

☆2

『思い出ゲージ20%UP』のパッシブスキルが解放。
ただでさえ強力なパッシブスキルが2回発動が狙える点が魅力。
詳細については特徴項目を参照。

 

ここまで解放が完了するとアイドルとしての性能が際立つ。
2凸以上の【凛凛、凛世】杜野凛世と選択になる段階。

 

☆3

『Vocal上限+200』が解放。
元から解放されている『Visual上限+100』と目的に応じて使い分けたい。

 

☆4

『杜野凛世の印象派+』のライブスキルが解放。
効果はVisual4倍/思い出ゲージ30%UP、とどちらをとっても強力なライブスキル。

打点を取りながら思い出ゲージを上昇させる事が出来るのは非常に強力でフェスでの安定感が向上する。

 

その他/小ネタ

イベントガシャのタイトル「きみは恋、われは秋嵐」とアイドルイベントの「drawing-」のあとの言葉をつなげて詠むと、
「秋嵐」を季語にした俳句になる。

思い出アピール時になんと凛世が肌身離さず抱いている藁人形が自立し歩いている姿を目撃することが出来る。
一体全体どういった作用で動いているのかは謎。

 

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ガシャのタイトルの続きが凜世のtrueタイトルになってるの個人的に好き -- 2019-04-26 (金) 20:00:49
  • SR以上確定が仕事して、念願叶ってTrue見てこれた…すごくいいし、(以下ネタバレ)元になった落語「たちぎれ線香」が元々好きな噺だったから悶絶した -- 2019-09-04 (水) 23:12:53
  • 今でも単純に強い -- 2019-11-03 (日) 16:48:12
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 

 
©BANDAI NAMCO Entertinment Inc. ©BXD Inc.
当Wiki上で用いるゲーム画像の著作権、及びその他知的財産権は
当該サービスの提供元に帰属します。